Team埼玉 ブログ

自閉症教育と授業改善についての学習会

研究授業:朝の会

2017年06月16日 00時31分53秒 | 日記

日常生活の指導、朝の会。

初任研の研究授業があり、授業を見させていただき、研究協議会にも参加させていただきました。

教育課程編成において、いわゆる「領域・教科を合わせた指導形態」(学校教育法施行規則130条だったかな?)で成り立っている知的障害教育独自の授業。

授業の指導目標に対する評価が難しいと感じました。

構成している主たる教科は知的障害の教科「生活」で、領域は「自立活動」になるのかな。

生活の指導内容の根拠としては、「日課・予定」に関することになるのかな?

自立活動においては、心理的な安定、人間関係の形成、環境の把握、身体の動き、コミュニケーションの各項目に照らし合わせて、指導目標と指導の手立て、指導計画の評価規準、本時の評価基準という構成での学習指導案(Plan)になり、実際の授業(Do)評価の観点(See)になるとよいのかなぁと考えてしまいました。

研究協議では、このことには触れず、MTの声の大きさとか、名前カードのひらがな文字についてなど、指導技術の詳細について意見交換がなされました。

研究協議後、個人的に授業者には自分が思ったことをお伝えさせていただきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視覚支援の有効性 | トップ | 本日の研究授業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む