Team埼玉 ブログ

自閉症教育と授業改善についての学習会

教材教具学習会

2018年02月17日 01時24分00秒 | 日記

ほっとひと息の金曜日ですね。

今週もお疲れ様でした。

いよいよ明日は教材教具作成の学習会です。

参加される先生方には、たくさんのお土産資料を用意しています。

こちらの準備不足で、現物提供できるもの(CD-ROMや紙媒体など)を確実に手渡せるような用意はできていませんが(数に限りがあります)、USB等記録媒体をご持参いただければ、データを提供できるようにはしておきますので、ご承知おきください。

プリンターとラミネーター、やはり、準備することとなりました。

当日、ご活用ください。

本日の夕練、明日の午前のプレゼンの練習をしようと思っておりましたが、準備不足で、まとめきれず、日常生活における言葉の指導内容の系統性や分かって動ける授業づくりinこれまでの所沢おおぞらの実践紹介、オーストラリアの special schoolの現場の話(現在の東京都の現状に絡めて)となりました。

とりとめのない話で終わってしまいましたが、参加された先生方からはいろいろな話が聞けて面白かったとの評価をいただきました。  (畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄道博物館

2018年02月15日 21時30分14秒 | 日記

みなさんこんにちは。

ペンリレー、3人目の荒井です。 

よろしくお願いします。


寒い日が続いたと思えば、急に暖かくなったり、また寒くなったり、、、

みなさんは体調を崩されてはいませんか? 

「教員は体が資本!」と、お世話になった先生によく言われたものです。

皆さんも、ご自愛くださいね。

 

さてさて、先日(といってもけっこう前ですが)、息子と一緒に鉄道博物館へ行ってきました!!

電車が大好きな息子は大興奮!! 

「パンタグラフを上げ下げできる」という、若干マニアックな展示にくぎ付けでした。

あまりにも楽しそうだったので、年間パスポート(Teppa倶楽部というそうです)を購入しようか本気で悩み中です。

 

大人が見ても楽しい展示ばかりでしたが、ふと目にとまったのは、工具の紛失を防止するためのアイデアの展示。

昔は、工具を片付ける場所に工夫がされていて、それぞれの工具を、型はめのように片付けることで、紛失を予防していたそうです。

「目で見てわかりやすく」は、特別支援教育だけの方法論ではないんだなぁと改めて感じました。

それと同時に、子ども達のとの関わりの中で活かせそうなアイデアは、色々なところにあるんだなぁなんて思いました。

 

様々な人や物からアイデアをもらい、その知識をミックスさせ、形にし、新しい知識を生み出していく。そんな、知識のコラボレーションが起こっていくと、子どもたちへのアプローチも、多様で素敵なものになっていきそうですね。

(ナレッジマネジメントの世界では、「SECIモデル」と言われているそうです。)

 

次回のチーム埼玉学習会は、教材作りがテーマです。

 

会場の岩槻駅東口コミュニティーセンターの近くには100均もあるので、見て、聞いて、感じて得たアイデアを、実際に形にすることができます!!

 

様々な知識をミックスさせれば、きっとすてきな教材のアイデアが浮かぶこと間違いなし!

 

ぜひ、みなさんご参加くださいね。


申し込みはコチラからどうぞ!

 

次のペンリレーは、吉田さん、よろしくお願いします!!


荒井

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回学習会のスケジュール

2018年02月14日 23時48分58秒 | 日記

午前中は実践報告というか、情報提供を主旨とした講義を行います。

一つは畠山による個別学習の指導技術に関する話です。

もう一つは宮前先生による自立課題の教材教具に関する話を予定しています。

午後は、実際に教材教具を作成する時間を設けます。使いたい放題の材料(ファイルケースや板目用紙、ブックカバーフィルムや両面テープ、ボンド、教材の素材集として紙媒体として提供する素材データ等)を用意しております。思う存分、使い切っちゃってください。午後の会の後半では、作成した教材教具のプチ発表会を予定しています。たくさんの情報交換ができればと思います。

当日は、日頃作ろうと思っていて、作れていない作りかけの教材教具をご持参ください。一緒に教材教具を作りましょう!

参加のご検討、宜しくお願いします。

              (畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスマネージメント

2018年02月10日 00時08分04秒 | 日記

本校高等部A課程(企業就労を目指す生徒への「職業」の授業)で、「ストレスとの付き合い方」という授業を1時間担当しました。

パワーポイントで資料を作成し、ワークシートで自分の意見を記述し(自分がしているストレス解消方法、一日の中で一番幸せだなぁと感じる瞬間、困ったときに相談できる人等々)、その後、グループ討議で、司会、記録、発表係を決めて、ワークシートに記述した自分の意見を発表したり、友達の意見を聞いたりする場面を設定しました(アクティブラーニングを心掛けてみました・・・)。その後、グループごとに話し合った内容を全体に発表してもらいました。

授業のまとめとして、授業の進行で示したパワーポイントの紙資料を配布した後、電子黒板で同じパワポでポイントとなる箇所を空欄にした資料を問題として出題しました。

生徒たちは、手元の紙資料に正解があることにすぐに気づき、挙手をして回答しようとしてくれました。受け身で話を聞いて終わるのではなく、最後に、本時で学んだことを自ら情報収集して発信する学習機会を設定し、生徒が主体的に学んだという実感を得てほしいと願い、このような仕掛けをしました。指してほしくて、ほとんどの生徒がすべての問いに挙手をしてくれたことが嬉しかったです。一人につき1回は回答できるように指名しました。

本日の夕練では、個別学習の指導映像を見ながら、指導技術に関して意見交換をしました。60分で一回会を閉めてから、さらに質疑応答で30分、延長してしまいました。先生方の熱意に熱いものを感じつつ、自分自身の考えをまとめるよい機会となりました。

(畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節の変わり目

2018年02月07日 17時25分26秒 | 日記

寒い日が続きますね。

豆まきはしましたか?

季節の変わり目って、なんとなく切なくなるのは、私だけでしょうか?

あっという間に2月。年明けからもう1ヶ月。あーあーあー。

早すぎるわー。と悲しんでいても、どうにもならないのが時間ですよね。

ときどき、一日が48時間あったらどうなるかなー?とか、睡眠時間が3時間で過ごしてる人と比べたら、私は何時間無駄にしてるんだろうーとか、考えてしまうけど、寝るのは気持ちいいし。ま、いっかーとか、。

子どもの頃の一年と大人になってからの一年て同じ長さのはずなのにどうしてこんなに違う長さに感じるのかなー。子どもの頃は色んなことが新鮮で輝いていて、その刺激が凝縮されてるから一日が長く感じたり?

そんなことを考えてると、毎日目を輝かせて私たちのアプローチをまっててくれる子どもたちと学べるこの仕事はステキだなー。と思います。逆に、もっともっと!と期待してくれてる生徒達の目の輝やきを失わせる指導をしてないかなーと不安になったりも。

そんなことを季節の変わり目に考えてしまいました。

さて、教員として…

今日はどんなことを教えてくれるのかな?次は何が出てくるかなー?

ワクワクー!ってのや、やってみたら出来ちゃったっ!ってのを感じさせる目を輝かせる子どもたちをイメージしながら子どもたちのために教材研究していきたいですね。

というのとで、2月17日、みんなでおしゃべりしながら、教材づくりをしませんかー?

 

ペンリレー次は、荒井さんよろしく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個別学習

2018年02月06日 00時08分15秒 | 日記

自立活動としての個別学習をどのように指導したらよいのか。

このことについて、大学で学んできた現職の先生方は少ないのではないかと思います。

本邦の教員養成の大学において、各教科における免許状の履修は大学の教育課程上、整っていますが、知的障害を伴う児童生徒に対する個別学習に関しては、授業として設定している大学はあまりないのではないでしょうか?

だから、現場の特別支援学校に勤務して、いきなり教育課程上に個別学習が位置付けられ、授業を担当することになったときに、何を、どうすればよいのか分からずに、どんな教材教具を作成して、何をしたらよいのか???という先生方が多く、路頭に迷ってしまうことになっているのでしょうね。

結果として、迷いに迷って迷走している授業が多発していることと思います・・・。

個別学習に関しては、OJTとして現場で自ら学んでいくしかないのではないかと考えています。

自立活動の指導として、障害があるが故に生活上及び学習上の困難に対し、個別学習を通して学んだことが、日常生活を豊かにしていくことにつながる、そういった学びを積み重ねていくこと。そのためには、児童生徒の障害特性を理解し(学び方を学ぶ)、発達上の実情を把握し、適切な課題設定をして、指導技術を駆使して個別学習を行っていくこと。

次回2月17日の学習会では、そのための教材教具について学ぶ学習機会となります。

次々回の5月12日の学習会では、そのための指導技術について学ぶ機会となる予定です。

個別学習について学ぶ必要性を感じている先生は、是非この学習機会をご活用ください。

(畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この学習会のはじまりは・・・

2018年01月27日 10時57分40秒 | 日記

畠山さんからの指令により、ペンリレー、スタート!!

 

ということで・・・ 今回は、宮前です。

今回は、この学習会の発足をお話しましょう。

 

思い起こせば、もう、8年くらい前なのかな?

私が某研修会に行った際、懇親会(飲み会)で近くのテーブルにいた若手たちと知り合いました。

しばらくした後、その若手たちとは、偶然にも駅の改札でばったり会ったり、別の研修会で会ったり…。

次第に、食事に行ったり飲みに行ったりするようになりました。

その若手たちは、熱心に勉強をしているのに、決して鼻が高くなく、謙虚。

その一方、自分をもっと高めたい、周りも一緒に高めあいたい、という気持ちが滲み出ていました。

私も同じような気持ちを持ちつつも、こんなに勉強していないなぁとハッとし、この人たちにものすごく刺激を受けたのを覚えています。

そして、顔を合わせるたびに話は仕事の話になり、そして、せっかくだから、なんか面白いことをやろうって話になり、、、私の同期採用の友達に、“なんかすごい人”がいるってことで、その人を連れてきて、意気投合!この会を立ち上げることになりました。

その若手たち(今はすっかり中堅になりましたね!)が、岡田さん、吉田さん、荒井くん。

そして、その“なんかすごい人”が、畠山さんです。

畠山さんについては、知識、経歴、等々、いろいろ紹介したいことがありますが、長くなるので、またおいおい…ということで。

そして、後に、私の直属の後輩・植村くんにも入ってもらい、今に至る、というわけです。

順調な活動を続ける中、我々幹部はというと、歳を重ねて公私ともども忙しくなってきました。

そこで、このたび、常連のお客さんから、更なる若手である古山さん、村浦くんにも、幹部として入っていただきました。

 

ということで、元をたどれば、この会は「飲み会」からスタートしたわけです。

なので、毎回、研修会の後の懇親会をとても大事にしているのです。

人と人との出会いって、何が起こるかわからないもの。

だからこそ、この学習会は、受身的に研修するだけでなく、横のつながり、人と人とのつながりを大切にしているわけです。

 

さて、次回の研修会は、教材作成。

この会は、とっても気軽に参加でき、他の研修会以上に、いろいろな人と知り合いになれます。

よく考えられた教材に触れたり、道具や材料の豆知識を得たりしながら、日ごろの悩み相談をしたり、趣味の話で盛り上がったりできます。

そして、作った教材は、明日から即使えます。

さらに、終了後は、恒例の懇親会!

 

今回の会場:岩槻は、大宮から数分、意外と近いんですよ。

ぜひ、足を運んでみてください!

新体制になった幹部一同、お待ちしております!!

 

今回のペンリレーでは、幹部が一同に登場しました。

これから、みんなのリレーが始まります。

そして、次のペンリレーは、岡田さん!

今回は、いっぱい書いちゃってハードルを上げてしまったので、軌道修正お願いしま~す。

 

(みやまえ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月17日の学習会参加申し込みを始めました。

2018年01月24日 00時03分10秒 | 日記

ホームページの方で、次回学習会の参加申し込み手続きを始めました。

広報のチラシもダウンロードすることができます。

今回は教材教具作りの会です。

日ごろ作りたいと思っているけど作れないでいる教材を作る機会として是非ご活用ください。

話が飛びますが、長期研修や短期研修、JICA等の経験から、この埼玉の特別支援教育をもっとよくしていこうと考えている先生方にも、是非このチーム埼玉学習会を活用していただいて、情報交換しながら刺激しあっていきたいと考えています。忌憚なく意見をぶつけ合うことで未来へ向かって進展していければと思います。

本日本校は休校でした。

駐車場の雪かきをしていて雪焼けしました・・・。

(畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペンリレー

2018年01月14日 23時40分04秒 | 日記

昨日、チーム埼玉学習会の企画会議が熊谷でありました(とは言っても飲み会ですが・・・)。

今回の目玉はなんといっても次世代新規メンバー加入の新歓コンパ(死語かな?)でした。「チョコレートドーナツ」の映画談義もできて良かったです。

100匹目のサルの話をはじめ、自閉症教育と授業改善を考え、少しでも教師としての専門性向上を目指していく「チーム埼玉スピリッツ」が受け継がれていくことを願うばかりです。

次回、2月の教材教具の会を具体的にどのような内容・進行にしていくのか、という話をしたかしなかったか記憶にないのですが(歳のせいか、途中で寝てしまいました・・・)。近々、皆さまのお手元に広報のチラシが届くかと思います。

その中で、本ブログをペンリレー方式にして、この学習会に関わる先生方の思っていること、感じたこと、考えていること、体験したこと、おいしかったラーメン情報等々気軽に書き込んでいくブログにしていこう!ということになりました。

ということで、これからペンリレー方式のブログ、スタートです。

次にタスキをつなぐのは、この学習会を立ち上げた発起人、宮前先生、よろしくです!

                                   畠山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1.12

2018年01月13日 01時43分27秒 | 日記

本日、外部非常勤講師連携研修でした。

本校では、言語療法士との連携を開校から8年間行っています。

「開かれた学校づくり」において、医療、教育、福祉の連携事業は重要な課題です。

1年間の取り組みを振り返り、外部講師としてのSTはあくまでもスーパーヴァイザーであり、コンサルティーとしての教員が日々、指導を積み重ねていくことが重要で、言語療法の専門性から学び、教育のフィルターを通して児童生徒への指導を毎日のように取り組むことで、結果を残していくことができるということを実感することができました。有効な連携の在り方を実践し、大いに学ばせていただいております。

本日の夕練は、昨年亡くなられた佐々木正美先生出演のDVDを見ながら、構造化の基礎・基本について語り合いました。

物理的構造化、視覚的構造化、ワークシステム、スケジュールはアナログの方が良いのか、デジタルの方が良いのか等、いろいろな質問が出ました。このことに関して、今の自分が考えていることをお伝えしました。

改めて、新鮮な質問を受けるたびに、自分の考えを整理することができるので、自分にとっても大いに学べる時間だなぁと嬉しく思いました。

                         畠山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加