Team埼玉 ブログ

自閉症教育と授業改善についての学習会

新年度を迎え,今思うこと。

2017年04月20日 00時23分45秒 | 日記

初めての特別支援教育。

学生から新社会人としてのスタートを切った先生方。

小学校,中学校,高校での教員経験があるものの,異動して特別支援教育の世界へ足を踏み入れた先生方。

ケースバイケースで,今,困惑しながらも児童生徒の目の前に教師として立っていることと思います。

この先生方に対して,どのような働きかけが,子どもたちの利益のために必要なのか?これまでこの現場で経験している教員として,OJT(On the Job Training)として,何をどのように伝えていけるのか?

答えがなく,100人いれば100通りの指導目標と指導方法がある特別支援教育。たくさんの先生方がアドバイスをくれるものの,どれも異なっていて,何を信じて選択すればよいのかも分からなくなることと思います。

私見ですが,大事なことは,チームティーチングを組んでいる同僚との共通理解なのかなと思います。児童生徒のことを話し合い,指導目標を確認して指導方法を統一するということ。

教育課程の根拠は学校教育目標であり,学部目標であると思います。これらの目標を達成するために必要な領域・教科の選択及び時数の決定,その教育計画(日課表&行事等)が,教育課程です。

これ等のことを踏まえて,自分たちは日々の実践に取り組み,授業づくりをしています。同僚性を保ちつつ,専門性を高めるための第一歩として必要不可欠なことは,「障害特性の理解」,「行動の意味を読み解く力」なのかなと思います。

次回5月13日のチーム埼玉学習会は,大分大学の衛藤裕司(えとうひろし)先生をお迎えして,この「障害特性の理解」及び「行動の意味を読み解く力」について講義&演習をしていただきます。初めての特別支援教育という先生方も,中堅&ベテランの先生方にとっても,必ず有意義な学びとなることと思います。是非,学習会を活用していただければと思います。

(畠山)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度スタート!

2017年04月15日 00時44分16秒 | 日記

先日,全校研修会でプランA,Bの話をさせていただきました。児童生徒の実態把握の視点,指導方針のたて方,指導方法の選択,評価の観点等,事例に基づいて,映像を活用させていただきながら限られた時間の中でお伝えしたつもりです。補えない部分は,配布資料であとは読んでください的な研修会でした。

本日,8年目を迎えた第1回夕練もスタートしました。初めての特別支援教育なのでもっと学びたい!という先生方の熱量を感じることができて,自分自身,共に学びたいとやる気スイッチが入りました。

今年度,自立活動専任として肢体不自由部にも関わることができ,摂食指導の奥深さにも学ばせていただいております。専門性の高い先生方と共に児童生徒と時間を過ごすことで,根拠ある指導と子どもたちの成長の可能性を目の当たりにしています。

日々の実践,夕練,チーム埼玉学習会等,学ぶことが本当に多くてワクワクする,楽しいと実感している今日この頃です。

只今,チーム埼玉学習会HPにて,参加申し込みを開始しましたので,HPから是非参加申し込みのお手続きをしていただければと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。(畠山)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日入学式。

2017年04月10日 23時47分46秒 | 日記

長い春休みを終え,埼玉県では本日始業式。そしていよいよ明日,入学式を迎えますね。

これから真剣勝負の怒涛の日々が始まります。

障害種を問わず,新小学部1年生,新中学部1年生,ようこそ新高等部1年生。

ご入学おめでとうございます!!

これから共に同じ時間を過ごし,日々の授業から今の・これからの人生,よりよく生きていくための知識・技能,思考力・判断力・表現力,学びに向かう力・人間性を日本における特別支援教育を通して身に付けていきましょう!

自分は今年度,担外で自立活動部専任となりました。全校の児童生徒に関わっていくつもりです。どうぞ宜しくお願いします!

さて,チーム埼玉学習会は今年度,8年目に突入です。年をとっても続けていけるだけ続けていこうと思っています。これからも教師としての専門性向上を目指し,いろいろと興味深く面白い企画をしていくつもりです。「君のやる気スイッチを押したい。」参加される先生方にとってそんな学習会になればと思っています。

今週中には,次回学習会のチラシをHPで公開したいと考えています。

一人でも多くの先生方の参加を期待しています。

共に学び合いましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度を迎えるにあたって

2017年04月02日 00時16分15秒 | 日記

新しい環境で,どれだけ自分ができるのか,不安と期待が入り交ざっていることと思います。

また,異動して勤務校が変わり,教育課程の違いに戸惑うこともあることと思います。

公教育なのに,特別支援学校は,学校によって文化が異なるというか,学校運営方針によってここまで異なってしまうのか,という現実を目の当たりにするかもしれません。

教科書の無い,知的障害の学習指導要領の解釈の違いなのだと思います(厳密に言うと,文科省著作の☆本や,学校教育法附則第9条の規定による図書がありますが,ここでは,小学校や中学校,高等学校のように,いわゆる「教科書で教える」という意味でこの語を使用しました…)。

時数や計画通りに学習計画が実施されているか,教員配当はどのようになされているのか等々,各学校間でその辺の情報公開をしながら,本当にあるべき基準みたいなものを考えていければと思っています。

教育課程について,初任者も中堅も,ベテランも,もう一度学び直していく必要性を感じています。

足りない自分を受け止めながら,使命感をもって向上していくためにも。

次回,5月13日(土)の学習会では,そんなことも話題にしながら学び合えればと思っています。

5月13日(土)10:00~17:00,浦和コミュニティーセンター9階,第15集会室(定員132名)で,開催します。参加申し込みはHPで行います。是非,多くの先生方が参加してくださることを願っております。                               

(畠山)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

教師の指導技術

2017年03月26日 01時42分09秒 | 日記

次回5月13日(土)のチーム埼玉学習会のメインテーマです。

児童生徒の実態をどのように把握し,行動を読み取るのか。

教師として主体的に研修を積み重ね,子どもたちから学び,経験を積みながら向上させていくものだと考えます(頭でっかちでもだめで,失敗経験からの反省を生かしながら)。

真摯に教師として身に付けなければならない知識・技能・態度ではないかと思います。

自ら学ぶことの必要性や理由,意義を理解している先生方は,是非,学習会への参加をご検討ください。

新年度を迎え,新たな子どもたちと出会い,年間を通じて指導計画を立てていく上でも,タイムリーな研修内容ではないかと思います。

今回の講師として,大分大学の衛藤裕司(えとうひろし)先生をお迎えいたします。

衛藤先生には数年前にも本学習会で講師をしていただき,前回の研修を受けた先生方から,現場の指導にすぐに役立つ大変有意義な研修だったと大好評でした。それ以降アンケート等で続いている要望にお応えしての今回の企画となりました。

乞うご期待です。

是非,同僚の先生方に今回の学習会のことを宣伝していただきたいと思います。それほど多くの先生方に知っていただきたい内容です。

生きていればこそ,子どもたちのためにも,一所懸命,共に学び合いましょう!

(畠山)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次期学習指導要領!

2017年03月18日 01時42分41秒 | 日記

昨日,17日,パブリックコメントとして,次期学習指導要領が提示されました!

知的障害のある児童生徒の教科は,知識・技能,思考・判断・表現,学びに向かう力・人間性(態度),という観点で整理されました。

また,自立活動については,健康の保持の項目「障害の特性の理解と生活環境の調整に関すること」が増えて,6区分26項目から,6区分27項目になりましたね。それと,環境の把握の(2)感覚や認知の特性についての理解と対応に関すること,(4)感覚を総合的に活用した周囲の状況の把握と状況に応じた行動に関すること,の文章が改訂されました。

自立活動の「第3 指導計画作成と内容の取り使い」も,文章が改訂された箇所が多くあり,(3)「具体的な指導内容を設定する際には,以下の点を考慮すること」では,「オ 個々の児童又は生徒に対し,自己選択・自己決定する機会を設けることによって,思考・判断・表現する力を高めることができるような指導内容を取り上げること」「カ 個々の児童又は生徒が,自立活動における学習の意味を将来の自立や社会参加に必要な資質・能力との関係において理解し取り組めるような指導内容を取り上げること」が新規に設けられました。

詳細はこちらから。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業

2017年03月11日 23時47分38秒 | 日記

今月17日(金)に6年生が小学部を卒業します。

1年生の時から一緒に過ごしてきた学年です。

6年間ずっと担任をしてきた児童はいませんが,17名とめぐり逢い,共に生き,一緒に成長してきたという実感はあります。

キャリア教育を,一人一人の実践と共に学ばせてもらった子どもたちです。

小学部卒業後も,中学部の卒業,高等部の卒業と,ずっと見届けていきたいと願っています。

今,これまでを振り返りつつ,保護者のお気持ちと共に,子どもたちの「生きる力」の力強さ,内面の育ち・発達のエネルギー,そして子どもたちのひたむきな努力に,改めてその尊さを感じております。

「おめでとう」「ありがとう」「がんばれ」

教師として,6年間の宝物。そんな気持ちが入り混じった感じです・・・。

(畠山)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改めて,100匹目のサルの話。

2017年03月01日 01時06分13秒 | 日記

2013年に宮前先生が書いたブログ。

本質は変わらない。正しいことは正しい。自分を信じて突き進んでほしい。きっと答えはそこにある。

改めて読み,励まされました。

チーム埼玉学習会の初心。

(畠山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回,5月13日(土)浦和!

2017年02月20日 00時17分39秒 | 日記

教材教具作成の学習会in岩槻,無事終了しました!

とても学びの多い,充実した時間を過ごせたとのこと。参加された先生方から報告を受け,本当に良かった!と思っています。

次回チーム埼玉学習会は,5月13日(土),浦和コミュニティーセンター第15集会室(定員130名)で実施します。

内容については,応用行動分析,発達,アセスメント等を検討しています(子どもたちの行動の意味を客観的な視点から読み取る技術を学びたいと思っています!)。

乞うご期待!!

今週パブリックコメントが出された小学校及び中学校の学習指導要領改定案は,見方・考え方という新たな視点,量も現行の1.5倍の内容になった,戦後最大の大改訂という教育学の専門家のコメントがニュースで流れるほど,大きな変革がありました。

知的障害のある児童生徒のための教育に関しては,今現在,その末端に立って教育実践を行いつつ,更に,これまでの歴史を鑑みても,その独自性を確保しなければいけないのではないかと思う次第であります。変わるべきものと,変わってはいけないものの見極めが必要かと・・・。

(畠山)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ今週の土曜日です。

2017年02月15日 00時10分34秒 | 日記

チーム埼玉学習会,今回の企画は「教材教具作り」。

複数の先生方による教材の実践報告も聞けて,なおかつ,実際に自分が作りたい教材教具を作成する時間が設定されているという,他に類をみない,チーム埼玉学習会ならではの企画です。

今回,自分は急遽,別の仕事が入ってしまい,初の欠席をさせていただきますが(とても残念!),今回の学習会も,「参加された先生方はきっと多くの学びと充実した時間を過ごせること間違い無し!」と思っております。

随時,HPの方で参加申し込みをしておりますので,どうぞ宜しくお願いいたします。

 畠山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加