チームかまいし通信

在宅医療連携拠点チームかまいしのブログ

地域包括ケア講演会参加&視察対応!

2016-12-07 | ブログ

皆さんこんにちは。今年も残り20日とちょっと、浮き足立ち気味の釜石です。
お天気はいいですが、晴れた日は放射冷却でかえって寒くなることが多いようです。暖かくして過ごしましょう

10月のあれこれシリーズ(?)が一息ついたかと思いきや、11月の事業紹介をしないまま月が変わってしまいました
少しずつ先月のことを振り返ってみたいと思います。

 11月11日 講演会「誰のための、何のための、地域づくり?-住み慣れた街で暮らし続けるための仕組みと仕掛け

この日は、釜石市地域包括ケア推進本部が主催する講演会が開かれました。
チームかまいしでは運営等に協力しました。

講師は山梨学院大学法学部の竹端寛先生

一般の方を含めた多数の方が参加しました。

講演では、自助・互助・共助・公助の4つの視点からみる地域包括ケアの基本的な考えについて説明したのち、参加者に様々な質問を投げかけながら、事例紹介などを交えて地域の実情に即した地域包括ケアとはどのようなものか考えていきました。

街づくり・村おこしの「ないものねだり」から、「あるものさがし」へ…。
住民一人ひとりが主役になって(竹端先生いわく「他人事的義務感からワクワクする自分ごとへ」)、地域の宝や魅力を探しながら地域包括ケアを可能とする地域づくりに邁進していきたいと思った講演会でした。

 11月17日 一戸町からの視察に対応

この日は、特定非営利活動法人カシオペア権利擁護支援センターおよび一戸町福祉部健康福祉課の職員の皆さんが来釜されました。
チームかまいしでは、釜石市地域包括ケア推進本部とともに、釜石市の地域包括ケアや在宅医療・介護連携などについて説明しました。

皆さんはただ視察に来られたのではなく、成年後見制度に関する講演会の講師としていらっしゃったものでしたので、お互いに学びあう良い機会になったかと思います

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「在宅医療・介護連携推進事... | トップ | 「かいごの日」記念イベント! »