チームかまいし通信

在宅医療連携拠点チームかまいしのブログ

【視察対応】名張市議会の議員さんが来釜されました

2017-04-21 | ブログ

4月12日、三重県名張市より、川合滋議員と足立淑絵議員が来釜し、釜石保健医療圏のICT=OKはまゆりネットについて視察されました。


川合議員と足立議員

当日は、岩手県立釜石病院を会場に、県立釜石病院、釜石保健所、釜石医師会、チームかまいしの各担当者が集まってOKネットについて説明し、医療・介護連携に関することや地域の実情等について情報交換を行いました。

当地域の事例が参考になれば嬉しいです


それにしても、釜石の医療・介護連携についてお話しするたびに、つくづく医師会が協力的な地域だなあと実感します。

在宅医療・介護連携推進事業は、どの資料をみても「医師会と協力して進めること」という一文が目に入ります。
それだけ医療・介護連携において医師の存在は大きく、医師の協力なしに連携を進めるのは難しいことなのだと感じます。

医療職・介護職の皆さんは、普段の業務上の関係から、医師に苦手意識を持ってしまう方も多いようですが、私たち行政は、「地域を良くする」という目的を常に忘れず、その目的を医師ら多職種の皆さんと共有し、その目的のもと対等にお話しできるようにありたいですし、その感覚を多職種にも波及させていきたいと思います。

連携事業6年目の春、まだまだやること・できることは多いなあと思うこのごろです

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引越し後のチームかまいしの... | トップ | 薬科1次連携2連発! »