チームかまいし通信

在宅医療連携拠点チームかまいしのブログ

地域連携だより「Face to Face」第20号が完成!

2016-07-22 | お知らせ
皆さんこんにちは。
なかなか梅雨が終わらない釜石です。

今日は天気が良いですが、このところずっと曇り・曇り・ときどき雨…。
気温は日中でも20度前半のことが多く、過ごしやすいけどちょっと寂しい感じがします

さて、曇り空を吹き飛ばす元気な話題が満載の(?)地域連携だより最新号が完成しました!



夏っぽい雰囲気を出したい…と思い、いろいろ試した結果、タイトルにうなぎがあしらわれることになりました
(ちなみに、今年の夏の土用は7月19日から8月6日、丑の日は7月30日だそうです)

会議やセミナーの報告あり、イベントレポートあり、多職種主催の事業の案内ありといろいろな話題が掲載できました。
藤井クリニックへの取材の模様も詳しく紹介しています。
ぜひご一読ください

連携だよりはチームかまいしのホームページでも読むことができますので、併せてご利用ください

この記事をはてなブックマークに追加

雫石町の皆さんが来釜されました

2016-06-28 | ブログ
皆さんこんにちは。
本格的な梅雨シーズンに突入し、雨、雨、雨…の釜石です。
それでも、暑くもなく寒くもない気温と弱い雨のおかげか、まだ過ごしやすく感じられるのが救いです。



先週22日は雫石町からお客様がいらっしゃいました!
「地域包括ケアシステムに係る先進地調査」ということで、釜石地域に白羽の矢が立ったものです

同じ岩手県内といっても、雫石町と釜石市はほぼ対角線上にあり、往復で5~6時間はかかるのではないでしょうか。
その距離をものともせず、9名の行政担当者の方が来釜されました。

当日は、チームかまいしと釜石市高齢介護福祉課、それと釜石保健所さんにご協力いただき、釜石医療圏の在宅医療・介護連携の手法や、情報連携のポイントとなるICTに関することなどを説明しました。


チームかまいしの小田島係長


釜石保健所 川村主査の説明


真剣に聴講されていました

説明終了後は質疑応答が活発に行われ、各地で試行錯誤しながら事業に取り組んでいる様子がうかがわれました。
釜石医療圏の事例が参考となれば嬉しいです

この記事をはてなブックマークに追加

取材@藤井クリニック!

2016-06-15 | ブログ
おはようございます。
入梅で小雨の続く釜石です。

我が家のバラは雨に打たれてみんな下を向いてしまいました
はやく気持ちのいい季節になるといいですね。

さて、先週9日は、藤井クリニックさんへ取材に行ってきました!



藤井クリニックは、心療内科及び精神神経科を標榜してこの5月に新規開院しました。
院内は新しくてとても綺麗!
来るのが楽しみになるようなクリニックです。





若くして院長になられた藤井先生。



釜石医療圏に新風を吹き込んでくれそうです

この取材の模様は、今夏発行予定の地域連携だより「Face to Face」第20号で紹介いたします。
どうぞお楽しみに

院長先生をはじめ藤井クリニックの皆様、ご協力ありがとうございました!

この記事をはてなブックマークに追加

「在宅医療連携拠点事業推進協議会」開催しました

2016-06-10 | ブログ
いきなり漢字ばかりのタイトルですみません

今月8日、市保健福祉センターを会場に、「平成28年度釜石市在宅医療連携拠点事業推進協議会」を開催しました。
この(長い名前の)協議会は、チームかまいしの平成27年度の成果等を報告し、また平成28年度の実施計画や活動方針を提案し、協議員の皆様にさまざまなご意見を頂きながら、地域医療・介護連携の現状を共通認識として皆で共有した上で、チームかまいしの活動方針や活動内容を定める、きわめて重要な会議となります。


小泉釜石医師会長が協議会の会長を務めます


各病院からもご出席いただいています


釜石歯科医師会など職能団体もご参加いただいています。
今年度からは岩手県栄養士会沿岸地区会からも協議員として参加していただくことになりました。

大槌町や釜石保健所、岩手県保健福祉部などの行政の皆さんもはるばるご参加くださいました。


小田島係長による平成27年度の事業実施報告


チームかまいしアドバイザーの寺田医師による事業実施計画と活動方針提案

協議員の皆さんにはさまざまなご意見やご質問を頂戴しました。
それを踏まえ、28年度事業についてもおおむね提案どおりに進め、より連携を深めていければと思います。
あらためまして、今年度もよろしくお願いいたします

この記事をはてなブックマークに追加

岩手県薬剤師会「タウンミーティングinかまいし」取材しました!

2016-06-06 | ブログ
皆さんこんにちは。
暑すぎず寒すぎず湿気も目立たず、過ごしやすい気候が続く釜石です。

そんな好日の6月4日土曜日、釜石情報交流センター(ミッフィーカフェかまいし2階)において「タウンミーティングin釜石」が開催されました。



このイベントは、岩手県薬剤師会と釜石薬剤師会の共催により、地域包括ケアにおける各職種の役割を知ることや、住民とサービス提供側の顔の見える関係を構築すること、多職種連携における住民のニーズを把握すること、住民に薬剤師の役割を知ってもらうこと等を目的として開催されたものです。

チームかまいしも多職種や住民への周知等で協力したこのイベントを、満を持して取材してきました
いつもより写真多めでご紹介していきます!


血圧や血糖値の無料計測コーナー。ブログ担当の血糖値は標準でした(安堵)






岩手医科大学薬学部の学生さんに教わりながら子どもたちが楽しく実験をしていました


お薬管理カレンダーなど役立つ製品紹介も

講演、お薬相談会、進路相談会、タウンミーティング(グループワーク)、子どもたち向けの「おもしろ科学実験室」と盛り沢山の内容で、フロアが少し窮屈に感じられるほどの人が参加していました。


講演「体の中に薬をつくる。」 ポジティブシンキングのパワーを再認識!


お薬相談会「本当は怖いアレルギー」 自分や家族のアレルギーを把握することがまずは大切です

タウンミーティングでは、薬剤師や薬学部生のほか、ケアマネジャーやリハビリ職、栄養士、保健師、行政職員などさまざまな人が参加し、健康で楽しく暮らせるまちづくりについて、グループワークの手法を用いて語り合いました。







とても盛り上がり、建設的な意見や適切な課題が出されたタウンミーティングとなりました!

このようなイベントは、岩手県薬剤師会が音頭を取り、今後県内の各所で開催していく展望があるそうです。
皆さんの町で開催される際にはぜひご参加ください
そして再び釜石で開催されるときには、またたくさんの方と楽しくお話しできたらと思います。


皆さんお疲れ様でした!

この記事をはてなブックマークに追加