チームかまいし通信

在宅医療連携拠点チームかまいしのブログ

病院連携室連携を進めています!

2016-08-25 | ブログ

みなさんこんにちは。
お盆も終わり、静けさの戻った釜石です。

梅雨明けからお盆直後の台風まで強烈な暑さが釜石でも続きましたが、今は暑いながら秋の気配が感じられ、早朝や夜は少し冷えるほどです。

体が楽になった途端に気が緩み、夏の疲れが出たのか、少し体調を崩してしまいました
季節の変わり目は充分な注意が必要だと身にしみて感じました。
皆さんもお気をつけください!

さて、いろいろあった8月のチームかまいし事業について、少しずつご紹介していきたいと思います

まずは8月8日月曜日。
この日、岩手県立釜石病院会議室を会場に、退院調整等に関する情報交換会が開催されました。

これは、5月に行った県立釜石病院 地域医療福祉連携室との1次連携の際に、慢性期病院の連携室等との連携を図りたいという意見が出され、それを元に企画した2次連携となります。

当日は、釜石保健医療圏の6病院(県立釜石、県立大槌、のぞみ病院、せいてつ記念病院、釜石厚生病院、国立釜石病院)から、連携室所属のMSWや看護師など退院調整にかかわる方のほか、師長やドクターなどが参加し、退院調整に関することを中心に、患者の受け入れや病院の状況、困りごとなどさまざまなことを話し合いました。

これを機会に連携室同士の交流を深め、実際に現場で有効となる連携に繋げていきたいと思います


チームかまいしでは集合写真の際にピースサインをお願いしています


情報交換会終了後は、県立釜石病院のご厚意で、懇親会を開催していただきました。

皆さん和気藹々と楽しまれていました

所属や職種が分け隔てなく、ストレスなくやりとりできるような、そんな連携が望ましいですね


この記事をはてなブックマークに追加

日本在宅医学会・日本在宅ケア学会の合同大会に参加しました!

2016-08-02 | ブログ

少し前のことになりますが、7月16日土曜日から17日日曜日にかけて開催された第18回日本在宅医学会大会・第21回日本在宅ケア学会学術集会 合同大会に参加してきました!

このころの釜石は毎日涼しく(今はとっても暑いです)、東京は暑いに違いない、キツイかなぁ…という不安とともに上京しましたが、着いてみると暑さはそれほどでもなく、遅い梅雨明けに感謝しました

会場は東京ビッグサイト内にあるTFTビルという建物で、山手線主要駅からは少し距離がありますが、そこに至るまでの景色が海あり飛行機ありフジテレビあり観覧車ありの楽しいもので、電車自体がテーマパークの乗り物かのようにワクワクしてしまいました

会場入口

講演中の写真撮影等は禁止されていましたので、講演前のお写真をちらっと。

今回の大会では、テーマが「在宅医療とケアの原点」とあるように、在宅医療とは何か、地域包括ケアとは、といった基本をいま一度確認し立ち返ろう、捉えなおそうという講演が散見されたように思います。
また、看取りや緩和ケアに関すること、認知症に関すること、食や栄養に関することなどが例年より多かったように感じました。

その他、発表者が行政との取り組みを紹介したり、行政への希望や意見が出されたりと、医療・介護側から行政への働きかけが多く見られ、気が引き締まる思いがしました。
その一方で、地方自治体からの参加者からも積極的に質問が出されるなど、意欲ある行政関係者も増えているように感じられました。

全国で行われている様々な取り組み、それは誰のために、どのような気持ちでなされるべきなのか?
手法や手段を学ぶのはもちろん、そういった行動の源になるもの、理念や理想といったものを問われるような、今回の大会となりました。

今月は釜石医療圏の病院で退院調整や連携の業務を行っている人たちでの意見交換会や、薬剤師とリハ士の合同研修会など、連携に関する事業がいろいろと控えていますが、大会で感じたあらたな心持ちで参加したいと思います


この記事をはてなブックマークに追加

8月12日に研修会が開催されます

2016-07-27 | お知らせ
釜石薬剤師会と釜石リハビリテーション療法士会が主催し、チームかまいしが共催として協力する研修会が、8月12日金曜日に開催されますのでご案内します。

==============================================

 日時 2016年8月12日(金)19:00~21:00
 会場 釜石市青葉ビル 研修室1・2
 対象 薬剤師、リハビリ職のほか、医療・介護・福祉等に関係する多職種の方
 会費 無料
 内容 チームかまいしアドバイザーの寺田尚弘医師を座長とした講演

   あなたの患者さんは本当に吸入できていますか?
  講師 : 加藤 淳 氏
(山形県天童東村山地区薬剤師会理事、吸入療法アカデミーやまがた幹事)

   呼吸リハビリテーションと吸入薬
  講師 : 菅原 章 氏
(釜石リハビリテーション療法士会 呼吸療法認定士・作業療法士)

==============================================

今回の研修会は、高齢者の喘息治療等で主流となっている「吸入療法」について、より効果的な手法を学べる機会です。
薬科とリハビリという異なる視点で病気を捉え、より適切なケアを目指す研修会に、どうぞご参加ください

参加を希望する方は、FAXでチームかまいしまでお申し込みください。
申込書はチームかまいしホームページ「事業案内・各種資料」から入手できます。

この記事をはてなブックマークに追加

地域連携だより「Face to Face」第20号が完成!

2016-07-22 | お知らせ
皆さんこんにちは。
なかなか梅雨が終わらない釜石です。

今日は天気が良いですが、このところずっと曇り・曇り・ときどき雨…。
気温は日中でも20度前半のことが多く、過ごしやすいけどちょっと寂しい感じがします

さて、曇り空を吹き飛ばす元気な話題が満載の(?)地域連携だより最新号が完成しました!



夏っぽい雰囲気を出したい…と思い、いろいろ試した結果、タイトルにうなぎがあしらわれることになりました
(ちなみに、今年の夏の土用は7月19日から8月6日、丑の日は7月30日だそうです)

会議やセミナーの報告あり、イベントレポートあり、多職種主催の事業の案内ありといろいろな話題が掲載できました。
藤井クリニックへの取材の模様も詳しく紹介しています。
ぜひご一読ください

連携だよりはチームかまいしのホームページでも読むことができますので、併せてご利用ください

この記事をはてなブックマークに追加

雫石町の皆さんが来釜されました

2016-06-28 | ブログ
皆さんこんにちは。
本格的な梅雨シーズンに突入し、雨、雨、雨…の釜石です。
それでも、暑くもなく寒くもない気温と弱い雨のおかげか、まだ過ごしやすく感じられるのが救いです。



先週22日は雫石町からお客様がいらっしゃいました!
「地域包括ケアシステムに係る先進地調査」ということで、釜石地域に白羽の矢が立ったものです

同じ岩手県内といっても、雫石町と釜石市はほぼ対角線上にあり、往復で5~6時間はかかるのではないでしょうか。
その距離をものともせず、9名の行政担当者の方が来釜されました。

当日は、チームかまいしと釜石市高齢介護福祉課、それと釜石保健所さんにご協力いただき、釜石医療圏の在宅医療・介護連携の手法や、情報連携のポイントとなるICTに関することなどを説明しました。


チームかまいしの小田島係長


釜石保健所 川村主査の説明


真剣に聴講されていました

説明終了後は質疑応答が活発に行われ、各地で試行錯誤しながら事業に取り組んでいる様子がうかがわれました。
釜石医療圏の事例が参考となれば嬉しいです

この記事をはてなブックマークに追加