F1Symphony248-blog

F1ファン!ミハエルシューマッハは永遠のマイヒーロー!!

F1開幕戦オーストラリアGPは大波乱!!

2008年03月16日 | グランプリレース
いやぁ~~大波乱でしたね!!
メルボルンは毎年荒れるのだけど、今年は過去最高だったのでは!?

なんとっ完走7台ですよ!!(全22台)
アルバートパーク・サーキットは公園内公道と一部サーキットを合わせた、いわばストリートサーキット。
なので路面のグリップが低いのだけど、そのうえトラクションコントロール禁止になったのが大きかったね。
スピンするマシンもあり、クラッシュや接触もかなり多かった。
さらには各チームともマシンの信頼性不足が目立ったし。
F1ドライバーの腕をもってもこの完走7台という結果は、荒れに荒れた結果。
過去最高の気温の高さで、気温37度、路面温度51度という条件が、今回のレースには大きく影響したと思う。

トップはマクラーレンのハミルトン!
まるで去年のライコネンのような感じで、他のバトルなしのポールからのトップゴール。
それにしても、マクラーレンは信頼性も高いし、マシンも速いしで、言う事なしだったねえ。

そして、2位以下は荒れに荒れた結果だった。
はっきり言って完走7台だから、完走しただけでポイント入賞という状況なのだけど、
でもやっぱりこういう荒れたレースで最後まで走りきるドライバーは、本来の強さがあるね。
F1は速いだけでは勝てないスポーツ。運、マシンの信頼姓、精神力などトータル的要素が必要だから。

2位は、BMWのハイドフェルド。なかなかの素晴らしい結果。
3位は、ウィリアムズのニコ・ロズベルク。おめでとう~!!だよ。3年目にして初の表彰台だ!!
実力があると言われながらも、ウィリアムズのマシンのポテンシャル不足に苦しんできたけど、
今年は信頼性も高そうだし、マシンの速さも上がってきてる。
4位、なんと~~ルノーのアロンソ。まさかここまで上がってくるとは!!
予選結果12位で、今年のルノーは遅すぎる感じなのに、腕だけでこの結果をもぎ取ったね。
さすが2度のワールドチャンピオンだ!!こういう荒れたレースでこういう結果を出せるのは最強の証。
5位は、マクラーレンのコバライネン。ん~~もうちょい上でゴールできたと思う結果だ。
6位は、なんと~~!!ウィリアムズの中嶋一貴。素晴らしすぎる!
2~3度は接触したと思うけど、その度にウィング交換しながら、なんとか最後まで走りきった結果。
拍手ですね~!
ただ、終盤にBMWのクビサに追突して、クビサがリタイヤに。クビサはもったいなかった。
この中嶋一貴の追突が審議対象となりペナルティに。次戦の予選グリッド10番降格。
これはまあ仕方ない。まだ新人ってのもあるから。
(本来7位ゴールだったが、HONDAのバリチェロが失格になったので繰り上がりで6位)
そしてそのHONDAのバリチェロは、もうなんとも自爆って感じ。
HONDAとしてはありえないくらい素晴らしい走りをしてて、今年はやれるぞ~~!って感じだったのに
セーフティーカー中にピットインして給油してしまい、さらには給油ホースが抜けてない状態で発進してしまった。
ロリポップマンのミスだったけど、本人の確認ミスもあるよね。HONDAのピットはガソリンがあふれてたねえ。
それで、ペナルティでピット10秒停止をくらう。
さらにはその時にピットレーンから出る時、赤信号だったのにコースに出てしまい、ブラックフラッグ(失格)。
これは完全にHONDAのチームミス。

7位は、トロロッソのボーデ!!残り3周でエンジントラブルだったけど、完走扱い。
スゴいね、F1デビューレースでスゴく頑張った。さすがは経験豊富だ。


8位は、ライコネン。。。
バリチェロの失格による繰り上がりの結果だけど、まぁ~~今日のライコネンは悲惨だった。
予選のマシントラブルで16位スタート、前半は凄まじく追い上げたが、
大きなミスを2回もしてしまった。
3コーナーでミスってスピン~!!
さらに数周後、また3コーナーでコバライネンを抜く時、止まりきれずコースアウト。
相当アセってるのが見えたねえ。なんなんだろう、あの焦りは。
攻めた結果かもしれないけど、こんなライコネンは珍しいよねえ。。
ワールドチャンピオンらしからぬ状況だった。
まさにトラコン禁止、エンジンブレーキ禁止になった今年の規定の餌食って感じ。
そして最後、残り2周でエンジントラブルでリタイヤ。。。。でなんとか8位入賞ですわ~。

フェラーリ、ヤバいよ~~!!!
マジで相当今日は落ち込んだよ~!!!
マッサも今日は散々だったし、かなり焦りが見えたし。
スタート直後の1コーナーでスピンして、ウィング壊してしまい、交換して後方から追い上げ。
でもクルサードと無理なオーバーテイクして、接触!!クルサードは浮き上がってマシン壊れてリタイヤ。
あのオーバーテイクはちょっと無謀だったのでは。
そして最後にはエンジントラブルでリタイヤ。
フェラーリは二人ともエンジントラブル。トップチームでこんなトラブルはあり得ないよー。

今日のフェラーリ、ライコネンの1ポイントのみ。。
ライバルのマクラーレンは14ポイントも獲得。
ライコネン、マッサとも二人とも完走できなかったっていうのは、マジでヤバい。
信頼性の低さがあからさまに出てしまってる。
なんとか来週のマレーシアでは巻き返しを願う~~~~~~~!!!

日本勢については、
TOYOTA、HONDA、SUPER AGURIともに全滅リタイヤ。
でもSUPER AGURIはよく頑張った。佐藤琢磨はよく頑張ったよ~!
テスト走行もろくにできず、ぶっつけ本番だったにも関わらず20位スタートで結果11位だから。
TOYOTA、HONDAともにマシンのポテンシャルは去年よりかなり高くなってるんだけど、
やっぱレースは生き物。信頼性不足だったり、チームミスだったり、ドライバーのミスだったり。。
そんな中、さっきも書いたけど、中嶋一貴の6位入賞は素晴らしかった。

さて、次回は1週間後、マレーシアGPです!
ここも灼熱のレースになるので、フェラーリの信頼性に不安があるけど、
なんとか巻き返してもらいたい。そして、好調な日本勢にも期待!

<決勝レース結果>
http://www.formula1.com/results/season/2008/787/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2008 F1開幕戦メルボルン、公... | トップ | 更新再開します! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
2008F1 開幕戦 オーストラリアGP/メルボルン 決勝編 (はびのすブログ ~ブサイクな日々~)
ねっ、ネタバレがあるんだから!!ということで開幕戦のレポ。
F1グランプリ 第2戦 マレーシアGP公式予選結果! (F1グランプリについて)
マクラーレンの2台が進路妨害で5グリッド降格!やったー!フェラーリのワンツー!この調子で決勝もがんばってほしいです。今回はトラブルがなかったようだし、良かった、良かった。マクラーレンも降格がなければ、3、4番手でしたから調子は良いのでしょう。決勝は混戦が...