庄田あきひとブログ
瑞穂市議会議員 庄田あきひとのブログです。
瑞穂の活気あるまちづくりをめざして、
みんなの笑顔のためにがんばります!




瑞穂市駅伝競走大会が良い天気の中で開催されました。
1000人以上の参加者がある大会で、市内を駆け抜けて
おりました。小学生から一般まで6人のチームにてタスキ
リレーをする駅伝です。
普段の運動が大切だと感じました。本当に今、走ることが
出来るのだろうか。全力で走れるのだろうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




産業建設委員会、協議会が開催されました。
昨年の21号台風にて洪水被害となった対策や
流水管理していくため県と協議がされました。
報告により、安全安心のまちであるように、県や
下流の安八町との協議をさらに前進しなければ
なりません。
水の流れを、もう一度確認して流下状況など
現場も調査しなければと感じました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




篠田県議と共に県有施設を視察いたしました。
岐阜清流特別支援学校
防災交流センター
岐阜県庁議会棟
岐阜市民病院
岐阜バイオマスパワー
の五か所を、視察
特別支援学校の施設は、新しく充実しておりました。
体験学習にて、喫茶コーナーにて接客体験が行われて
おり、一生懸命に取り組んでいる姿がありました。
防災交流センターは、瑞穂市から近い施設でした。
穂積大橋の岐阜市側の下奈良でしたが、災害時の
県庁が被災し、通信、災害本部機能が麻痺した場合の
バックアップ施設であり、もしもの時の大切な施設で
あることが確認できました。
瑞穂市役所ともテレビ画像通信にて、会議室にて
職員の方とも話すことができました。
県議会棟の議長室や副議長室などを視察
市民病院にて認知症について講義を受け、施設を視察
岐阜バイオマスパワーについて紹介ビデオと岐阜県に
おける森林の状況と今後のエネルギーとしての木材
と会社の役割についてを確認できました。
瑞穂市の会社ですが、どのような状況なのかを普段は
見ることが出来ない施設です。
各施設、貴重であり係る関係者の皆さんが快く説明を
頂けたことに感謝申し上げます。



岐阜市民病院内写真

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




第8回 意見交換会が2月4日に行われます。
今年度は、はじめての取り組みとして、「ワークショップ
方式」による意見交換会を開催いたします。
この試みのために、ワークショップについて研修いたしました。
講師は、日本ファシリテーション協会の杉原先生です。
ワークショップにより、皆さんよりたくさんの意見が出て、
それをうまくまとめることが出来たらとの思いであります。
大きな紙に文字を書き、それぞれから出る意見は、ポストイット
書き込み、貼り付けながら、集団の英知を引き出す。
賑やかな研修で楽しく体験できましたが、まだまだ研究が
必要で、議員全体にて理解していかなければなりませんが、
これからの議会での意見交換会の形が出来上がってくるとよい
と感じた研修でありました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




書道展の作品締め切りのため落ち着いて書く日に決めました。
午前中は、自治会役員会で30年度の役員の役職を決定いたし
ました。皆さんのご理解により会長も決定できました。
自治会の役員も数年毎に回ってきますが、簡単ではありません。
30年度の役員さん、よろしくお願いいたします。
午後から、作品を書く準備をして午後1時より、21時まで
書きましたが、楽しくなり乾かす時間も考えずにいました。
これ以上書くと明日が大変になるので、終了。
頑張りました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




研修内容は、昨年の台風21号被害状況および防災に
係る治水の取り組みについてでありました。
21号台風では、瑞穂市内にて浸水家屋の被害があった。
状況は、1時間雨量37ミリ(約2年に1回発生)
24時間雨量233ミリ(約30年に1回発生)
24時間での雨量が30年に1回の発生確率の1回
であった。このために浸水被害となってしまった。
そのために、市役所の役割や市民はどうするべきか
の研修でありました。
研修後、木曽川上流河川事務所 流水管理センターの見学
いたしました。
木曽川・長良川・揖斐川の河川の様子がこの事務所で
映像や水位など一度に把握できるようになっておりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日は、書新書道会の書初め審査の日であり、弟子の
皆さんや書新書道会役員の先生にも審査員としてお手伝い
を頂きました。
1500点以上の作品を審査にかけるのは大変なことです。
一年に一度の審査ですので、最初は何から進めるのかと
昨年の資料を読みながらでありました。
午後には、大賞となる作品が選出され、審査員すべてが
審査し決定をいたしました。
各学年の1位を決定するのは、ベテランの先生も悩むほど
でした。
私は、パソコン入力や審査などとても目が疲れました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本田八幡神社にて左義長が行われ、雨でありましたが
多くの方が、しめ縄などを手に来ていただけました。
早朝より総代の皆様にはお疲れさまでした。



午後からは、文化協会主催新春書初め大会の審査が
行われました。
学校の先生・協会の書道の先生14名の審査で、
巣南公民館に子ども達の作品が一杯に広げられ
慎重に審査されていました。
中学1年の課題「温故知新」で、とてもうまく
書かれていた作品は、普段の練習の成果や永年
しっかりと取り組んでいたものと想像した、秀作
がありました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




巣南庁舎前にて、瑞穂市消防出初式が行われました。
例年より暖かい感じの出初式でありました。



午後より総合センターにて成人式が行われ、よさこい
富有楽猩チームの豪快なおどりから始まり、各校区の
写真紹介があり賑やかな感じもありながらも、凛とした
成人式でありました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




社会福祉法人 誠心寮にて餅つきが行われました。
各務ヶ原有志の皆さんが、子どもたちに餅つきを
体験してほしい。との思いを込めてすべてを準備
していただきました。
餅米も蒸しあがりこね始めたころには、子ども達も
近くに寄ってきましたが、最初は警戒感があったよ
うですが、一人の子が突き始めたらみんなが杵を
持つようになり、重い杵をリズムに合わせてうまく
突いていました。
突いた餅を袋の中に入れ、のしもちの体験でした。
沢山の子どもたちが餅をちぎり、きな粉やあんこ
などの具の中に入れ、いろいろな味もできました。
トン汁を頂きながら、子どもたちがお餅を口の中を
いっぱいにして食べていました。
各務原の水野さんをはじめ有志の皆さん本当に
ありがとうございました。
私もお手伝いをさせて頂きましたが、よい経験を
させて頂きました。ありがとうございました。
感謝

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ