Let's growing a favorite perennial plant!

Copyright (C) 2006-2015 tea_rose_fan All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エアルームトマト

2016-08-07 | 完全無農薬・有機栽培の野菜
ご無沙汰しております。
最近、喉が異様に乾く…
口内炎も繰り返すし、関節痛もあり、あちこちに不調が出ていたので
意を決して数年ぶりに病院で血液検査をしてきました。
そうしたら、まさかのバセドウ病が再発していました…でも痩せない(笑)
ここ4年ほどは再発していませんでした。2012年と2013年にはバセドウ病の検査をしましたが
TSHも0.4と落ち着いていましたが、先日の検査では測定範囲以下で0.01以下でした…
TRAbという抗体も8.1(数年前は40ありましたが)
喉が異様に乾くのも、どうもバセドウ病のせいみたいです。
他の血液検査には異常が見当たりませんでした。
ヘモグロビン15もありました。中性脂肪等も問題なし。
前回記事にも書きましたが、糖尿病になってしまったのではないかと尿糖検査を自分で行いましたが
血液検査ではHba1cは5.1と異常なし。
今は関節痛や口内炎はおちつています。強いて言えば動悸(脈拍がが早め)があります。
私は本来脈拍が60台が普通でしたが、バセドウ病が再発すると安静時で80台
ちょっと動くと110くらいにある場合があります。
これから暑くなるので困ったなぁ~


さて、今年の夏は天候不順で雨がちな日が多いです。
そのためもあって、トマトの様子がイマイチです。
例年と比べ味もおいしくない。というか甘みが足りないです
これから挽回して欲しいですね。





大玉はアロイトマトです。まだ食べていません。









































































ナスやトウガラシ、ピーマン類は種をいただいたものです。
今季はエアルーム種のみ栽培しています。







収穫したトマトとジャガイモでトマトスープ。

キドニービーンズやひよこ豆、玉ねぎ、天然塩、黒コショウ、ニンニク、オレガノ等で味付け。



これから暑い日々が続きます。
どうぞみなさまも熱中症にはお気を付けくださいね。




この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ収穫~

2016-06-19 | 完全無農薬・有機栽培の野菜
植え付けて2か月半程度、中晩成のジャガイモ・マチルダですが、トマトを早く植えつけないといけないので
葉も青々としていましたが収穫してしまいました。
当地は暖地ですが3月までは霜が降りたり零下の日もあるので、一般的な暖地のように
2月などに植え付けることはできません。

因みに去年はこの時期とっくにトマトの植え付けが終わって実ができていました。
今年は種まきが遅くなってしまい、3月下旬~4月上旬に発芽しました(去年は2月下旬)
遅れてしまっても一昨年のように12月まで実をつけますので、収穫はできます。





ジャガイモ・マチルダ収穫







茎は倒れていましたが、まだ葉が青々としていたため心配でしたが豊作でした。
因みに、地上部が大きくて1.2mはありました。
26株分の収穫です。





次男に少し手伝ってもらいました(昨日12歳になりました。手のひらは私と同じ大きさです)





なかなか大きいです









地植え分です(プランターはまだ未収穫)
かなりの豊作です








マチルダは小型のジャガイモですが、メークインより大きい芋もあります








一番上が種イモです。見比べてみると大きさは倍以上の差がありますね。
暖地だと大きくなるようですね。

ジャガイモって無農薬でもじゅうぶん育ちますね。
ここ3年ほどプランターなどで栽培していますが、ちゃんと収穫できます。
芽かき、土寄せ、あと重要なのは水ですね。
水不足だとジャガイモはあまり育たたないと思います。
肥料も少ないと芋が小さいですね。
日当たりがよくないですが、何とか育ってくれました。
このマチルダを何とか秋まで保存して、秋じゃがにもチャレンジしようと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

カミキリムシ警報

2016-06-18 | Rose(バラ)
30℃のうだる暑さの中、庭へ出たら目の前にカミキリムシがいた。
ゴマダラカミキリだ。ウィズレーを食害していた。





食害されて折れたウィズレーの枝。
見た時、正に食害の最中。






こりゃバラが危険だと思い、他のバラを見ていたら…






ベンジャミンブリテンの枝に2匹のゴマダラが交尾中

更に…






ビバリーの枝が4本も犠牲に…




これだけでは終わらなかった…










クロッカスローズも犠牲に…
ここでも交尾中。


アブラハムダービーもやられてました。
今年もテッポウムシ被害に遭いそうです、トホホ…
大株が次々に被害に遭う、さすがにちょっと落ち込みますね。








先日の記事に書いた、カミキリムシ被害に遭い、冬の強風で台木が折れたジュードジオブスキュア





次々太い枝が枯れていくと思ったらテッポウムシが複数いたらしい…






台木。スプレー缶と比較して






退治されたテッポウムシの幼虫






この記事をはてなブックマークに追加

5月に咲いたバラの続きなど

2016-06-17 | Rose(バラ)
前回続きを掲載しようと思っていたのですが体調不良が酷くなり気づいたら2番花の時期に…
体調不良というのは、滅多に風邪をひかない私ですが風邪というのは珍しい。
因みに前回ひいた風邪(上気道感染症ですかね)は2013年10月のことです。
今年は2月に次男がインフルエンザA型で39.6℃の高熱が出ましたが私は平気でした(他の家族も)

4月頭くらいから酷い上咽頭炎&副鼻腔炎になっていました。
病院不信なので全く行っていません(苦笑)恐らく病院へ行っても治らないでしょうが。
まず喉の扁桃腺にですね、白いぽつっとしたものが1個でき痛みがありました。
風邪?と思っていたら2日後に喉と鼻の奥の境目(上咽頭)が溶連菌の時くらい痛み出しました。
実はこの症状になる1か月前ほどから、血の塊が出たり痰に血が混じっていました。
その翌日には顔面が痛くなり頭痛も出てきて悪寒、全身痛、目も玉ねぎを切った時みたいに沁みて
更に体が痒い。発疹もできていないが痒いのです。そして手首が痛い。
流石にこれは酷いなぁ、と思いながらもやり過ごしてきました。熱は全く出ませんでした。
そのうち気管支も腫れた状態になり痰が沢山出はじめました。全身痛や顔面痛はこのころには治まりました。

相変わらず鼻の奥がヒリヒリと痛み、鼻は透明な鼻水しか出ません。鼻をかむと少量の鼻血が飛び散ります。
これは鼻の奥に炎症を起こしたなと思い、ホビー用の注射器に塩水を人間の体内と同じ浸透圧にしてから洗浄してみましたところ
鼻の奥から黄鼻と血が出てきました。鼻を普通にかんでも透明の鼻水しか出ないのに、奥では黄鼻。
それとアデノイド付近の炎症は上咽頭炎。ということで、早速鼻うがいの器具を取り寄せまして試したところ
副鼻腔炎等の症状は治まりました。しかし相変わらず上咽頭がヒリヒリするのです。
そして前後するように右の奥歯の下、舌の付け根が腫れて口を開けると痛い。顎下腺でしょうか。
それは5日ほどで痛みは治まりましたがまだ肥大したままです。
これが5月上旬のことです。

それから5月中旬になって症状が再発。精神的にもかなり辛かったですね。
こんなにしつこい症状は初めてです。恐らく上咽頭炎が治っていなかったのでしょう。
しかも今回は耳の中まで痛い。考えあぐね、とことん調べ今度はミスト吸入器を取り寄せました。
それでなにも症状が出なくなって今やっと一週間目というところです。
それから異様に喉が渇きましたね。糖尿病になってしまったのかと焦ったくらい口腔内が乾燥しました。
流石に怖くなって尿検査だけしました。尿検査だけでは糖尿病は判断できないそうですが
生死にかかわる以外は病院へは行くつもりもないので、できる限り自分でということで
ブドウ糖負荷検査よろしく、100gほど糖質を摂取しビタミンCサプリも3日控え検査しましたが
尿糖は検出されませんでした(30分、1時間、2時間、3時間で検査。時間を置いても色は全く変化せず)
元々、糖尿病だとか血糖値はひっかかったことはありませんでしたが、流石に口の乾燥が酷くて異常を感じたため検査。
以前は1年に3回はバセドウ病の検査ついでに受けていました。確か血糖値85、ヘモグロビンA1cは4.8~5.2だったかな、2~3年前ですが。
(でもこの血糖値は実はジュース飲んだ後w全く飲まないで検査した時は80だったかな、だいぶ前だけど)
そういえば昔職場での健康診断は昼食後だったので、空腹時の検査をしたことがその頃はなかったですね。
食後一時間少しで採血して、血糖値120で引っかかったことがあります(笑)
だって基準が空腹時血糖値なんですから、そりゃ引っかかるよね~。
あの時はがっつり食べたから(牛丼並盛と紅茶花伝)

それにしても、副鼻腔炎や上咽頭炎で痒みや関節痛が出るんですね、驚きました。
実はまだ少し痛みますがだいぶよくなりました。
これって自己免疫疾患の一種なんでしょうかね。どうも上咽頭炎になると、このような症状が起こる場合があるそうです。
病院へ行ったらステロイドとか処方されちゃうのでしょうか(怖い怖い)
勿論私は医師ではありませんので診断も自己診断です、悪しからず。


余談が長引いてしまいましたが、そんなこんなで例年と比べ写真を撮影していませんが…






なんちゃって花束
自宅の庭で全て揃うので助かります










ギスレーヌ・ド・フェリコンド








夢香

このあとベーサル2本出て、今蕾がついています








アレゴリー

赤バラ?ラベルの色とは違った




アレゴリーとムンステッドウッド
ほぼ変わらない感じ。左ムンステッドウッド、右アレゴリー




左アレゴリー、右ムンステッドウッド








エブタイド










ヴィ二ヤードソング







結愛










ウィズレー

真横へ枝が…







ビショップズ・キャッスル

このイングリッシュローズはアメリカ限定なのですが、日本でも販売して欲しいですね。
直立性で巨大化せず耐病性よく花つきよく、棘もあまりなく、完全四季咲、花持ちもよく、強香。
欠点が見当たらないです。香りは本格的なオールドローズのダマスク香、これも珍しい。
香りですがこれ、ノワゼットブルボン系の香りが混じってますね。








エリザベススチュワート

蕾が沢山上がってもバラゾウムシに殆どやられる







ボウベルズ








ラローズドゥモリナール








ワイフオブバス











アランティッチマーシュ










クラウンプリンセスマルガリータ

これも相当数の蕾や新芽がバラゾウムシ被害に遭った。






他にも撮りだめたけど…
またの機会に。
そうそう、残念なことに大株になったブルーフォー・ユーとジュードジオブスキュアはカミキリムシ被害でバキッと台木から太い枝が折れて
ジュードはお亡くなりになりました。ブルーフォー・ユーは自根が出ていたのでまだ生きています。
悔しいので執念でジュードに関してはテッポウムシの幼虫を引きずり出した画像があったと思うので
また記事にします(苦笑)
同じく大株でテッポウムシ被害に遭ったサレは生きのびています。
アランティッチマーシュもやられましたが今のところ生き延びています。
地植え株は軒並みやられてますね。








西側の庭
実は冬に無農薬無化学肥料のジャガイモを取り寄せ食べきれずに芽が出てきて皺も寄ってきたので
片っ端から植えたら、庭がジャガイモ畑になってしまいました…
植えたのが4月中旬と遅く(3月は霜もあり零下の日もあり植えられません)一般的な暖地よりも植え付けが遅くなってしまいました。
先週土寄せをしたら、ジャガイモが取れてしまいました。
奥のクロッカスローズもテッポウムシ被害に遭いましたが除去。
シュート5本犠牲、現在8本。






届いたときのジャガイモより既に大きいです。
小型のジャガイモでスウェーデンの品種、マチルダです。
私も勿論、完全無農薬無化学肥料栽培です。
でも病気になりませんよ。
ヨーロッパで食べられているジャガイモは日本のものとは違うようです。
確かに中が黄色っぽくて甘みがあって粘度があります。







このようなジャガイモの実が結構見られます。
トマトみたいですね。







トマト今年もやっちまいました…



また播きすぎて100株にもなってしまいました…
全てエアルームトマトです。今季は30種程度です。何考えてるんだか。
方々に配りましたが、結局50株くらいは自分で栽培しないといけないです。
本当は実家の持っている使っていない70坪土地(住宅地)を畑にしよう、という話だったのですが
この土地が隣家に勝手に駐車場として使われてしまい、不動産屋に委託しているものですから
手続き等がなかなか先に進まず今年は畑として使うことを諦めました。







窒素肥料をやりすぎ(恐らく化学肥料)のトマトって、緑濃く葉がゴワゴワして巻き気味なのをよく見かけますね。
そうならないように、私の場合は葉を見て肥料の調整をしています。
画像の場合は若干窒素が足りないので少し追肥します。









毛深い産毛トマト。
ラムズイヤーみたい。Elberta Peach Tomato





トマト、ジャガイモ以外にもイタリアンナス、固定種のピーマンも調子に乗って播いてしまいました。









ぶどうのスチューベン
近年は鳥に狙われてます。ブルーベリーやイチゴも被害出ます。
このぶどうも毎年完全無農薬です、1年前くらいからぶどう周辺にネズミも見るようになりました(汗)
更にこのスチューベンは毎年ヤモリの住処となっています。







ネペンテス(ウツボカズラ)もみんな元気です




この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しています~

2016-05-10 | Rose(バラ)
暫くぶりの更新です…
最近は再び弟の事件(石郷岡病院事件)等で何かとバタバタしています。
昨日は検察へ行き弁護士含め会合をし、その後新聞取材。
明日も某取材です。
犯人逮捕から半年余り経過しましたが、未だに関心を持っていただけることに正直驚いています。
刑事裁判は検事の話では、年末までを目処にということでしたが被告側が警察検察の証拠類にことごとく
不同意であり、相当人数の証人尋問を行わなければならないということで色々と調整に苦労しているということです。

そのようなわけで植物をあまり構っていないのですが、バラが続々開花してきました。
因みに一切防除していません。完全無農薬、無防除(笑)
アブラムシも害虫も放置です。
ただそのためバラゾウムシには酷くやられてしまいました…それから強風の日が多く
枝はバキバキに折れ、鉢も転倒し枝折れ大破、なんていうことになりましたが健気に開花しています。
今年は試しに成長が遅いバラに肥料を多くやったら、一部のバラにウドンコ発生。
でも放置です、酷くもならないし…











アントワーヌ・デュシェ

今年は蕾の数がすごく多いです
素晴らしい香りです










ハイディクルムローズ

太いベーサルの先に蕾が沢山










クレール マーシャル

気まぐれで買ってみたんですけど、これ案外よさそうなバラです
病気にも強そう。色は濃い目のピンクに若干パープル混
香りはレモンティー系
花だけみ見たらイングリッシュローズに見えなくもないけど
樹形はやはりイングリッシュローズではなくフロリバンダ








ゲーテローズ

実物に近く撮影できた
思ったんだけど、なんか香りにミルラが入ってるような気がします
イングリッシュローズのクレシダ系
ゴスペルはイブピアッチェ系の香り











プリンセスアレキサンドラオブケント

花が大きいです、軒並み直径12~3cmあります










フレグラントヒル

今年は花数が多いですが風でボロボロ
香りは相変わらず素晴らしいです
フレグラントヒルは曇りや雨天でも結構香る
他の強香バラは曇りや雨天だとあまり香らなかったりする













ローズドゥクミコ

今年は開花数が多いです
この花色が大好きです。モダンローズでなかなかこんな花色ってないですよね
そうそう、アレゴリー買ったんですけど、花がラベルと全く違って赤黒~赤で隣にあったムンステッドウッドと変わらなかった(笑)
勿論香りも大好き
奥で咲いてるのはアニエスシリジェル









サラスヴァティと真宙










ローズポンパドゥール











ヤングリシダス

今年は花が大きく12㎝ありました。
素晴らしい香りです










アブラハムダービー










ヴァンテロ









レーヌデヴィオレ(レーヌデヴァイオレット)

大好きな色です、自根化してきました









真夜

結構房咲で咲いたんですが、咲き終わって摘んでしまったので
あまり花数がないように見えています










ウッドデッキ上のバラ









ジェネラルガリエニとルッセリアナ

ガリエニは3mくらいになってしまった…









残りは次回にでも





この記事をはてなブックマークに追加