て2くんの適当なブログ

気がむいたときに適当に書きます。

Windows10のサポート期間は以外と短い?!

2016-10-29 19:26:38 | デジタル・インターネット

Windows7は、2020年1月
Windows8は、2023年1月

Windows10は2025年10月

Windows10の2025年10月は、2015年版のLTSBの場合

Windows10でもバージョン1507、バージョン1511、バージョン1607と今は、3つもバージョンがある
さらに来年の春頃には、次のバージョン(1703?)がリリースされる

複数のバージョンが存在するが、すべて、2025年10月ってことはない

重要となるのは、バージョンアップのタイミングのCB、CBB、LTSBの3種類
LTSBは、長期だから、約10年間はサポートされる(長期間同じだから一番よいけども)
一般向けのHome/ProとなるとCBとなる
CBは、新バージョンリリース後4ヶ月以内にアップグレードされる
CBBは、4ヶ月間延期させることが出来る

次の次のバージョンのCBBが提供開始になると終了する

Windows 10 バージョンCBリリース日CBBリリース日CB提供終了日CBBサポート終了日LTSBサポート終了日
Windows 10 1507 2015/7/29 2015/7/29 なし 1611 CBBリリース日 2025/10/14
Windows 10 1511 2015/11/12 2016/4/8 2016/4/7 1703?(RS2) CBBリリース日 なし
Windows 10 1607 2016/8/2 2016/12頃 2016/12頃 RS3 CBBリリース日 未定
Windows 10 1703? (RS2)  2017年初め(3月頃?)        
RS3          

 バージョン1507は、今年の12月頃にサポートが終了する予定だから、来年1月にはサポートが終了することになる
1511だと、1703?のRS2のCBBリリース日まではサポートされているってことになる
とりあえず、年1回のバージョンアップにまで頻度をさげられる可能性はあるみたいだ・・・
年2・3回って予定だから、もし、来年は春頃に1度。そして、2周年として、7月頃に。さらに秋・冬に1度ってアップされてしまうと、約半年程度までなってしまうことに・・・
企業はLTSBを買えってのがよく分かる・・・
レジストリをいらうと、ProなりがLTSBと同じ運用出来たりして・・・w
Edgeなんて使っていないなら、脆弱性も影響はないので・・・ でも、Cortanaを使うとEdgeは使うことになるのでダメか
でも、Windowsのみにしているなら、影響はなしか

『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレジットカードの店頭申込 | トップ | KB3201860がインストール出来... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。