テケテケのキリストあれこれ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報などもお伝えしています(日本ホーリネス教団倉敷ホーリネスチャーチ)。

【説教】「最も大事な出来事」 2016/10/30 小林光生師

2016年10月30日 | メッセージ
【聖書】コリント人への第一の手紙15章1~11節
【説教】「最も大事な出来事」 

10:しかし、神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、むしろ、わたしは彼らの中のだれよりも多く働いてきた。しかしそれは、わたし自身ではなく、わたしと共にあった神の恵みである。

主の御名を讃美します。

 本日は礼拝の中で、ギデオン協会のM兄が活動内容の説明と証をされました。今日できる献金を捧げさせて頂きましたが、主の御名が崇められますよう、今後の活動も祈り応援いたします。ギデオン協会の活動目的は「人々をイエス・キリストの救いに導く事」で、15章でパウロが民に語った「最も大事な出来事」と主旨は同じだと思います。
最近スポーツを見ていると「救世主あらわる」とか「神ってる」など、何でもかんでも「神」に祀り上げているようです。この日本でも、何となく神さまはいるのでは? と思う人もいるでしょう。それが本当の神に向かず、八百万に向かっているのが日本人で何とも悲しいところです。
さて聖書に入りますが、パウロは大切な出来事とは何と語っているのでしょうか。以下3つの視点で見てまいります。

(1)キリストが十字架にかかられた原因
「今から2千年も前の事だから私には関係ない事だね」と思う方がほとんどでしょう。しかし今を生きている私やあなたの罪のため、遡って十字架にかかられ、主を信じる者から罪を取り去ってくださっているのです。それは今も継続中の事です。十字架にかかった事(過去形)、死んで葬られた事(過去形)、そして甦られた事(完了形)が最重要な出来事とパウロは語っています。過去に起こった事実をそのまま確認し、受け入れる事が大切です。

(2)いたずらに信じていない
パウロは元々、主イエス・キリストを信じる者たちを迫害していました。自分の考えだけで動いていたのです。しかし主はパウロをほっておかれず、パウロ(旧名サウロ)よ、と声をかけられました。パウロの目からうろこのような物が落ち、目が開かれ神を、主イエス・キリストを信じる者へと変えられました。パウロは自分の経験や思いだけで動く者でなくなり、なぜ主が十字架にかかられたのか、よく考えて語る者となったのです。

(3)最も大事な出来事
主イエス・キリストは、私の罪ため、あなたの罪のために十字架にかかられた事実を認め主を信じる事が最も大事な事だと思います。「私は刑務所に入るような罪は犯していない」そう思う方ばかりでしょうが、自分では「あの時、救いの手を伸ばしていたら良かった」とか、「横断歩道で歩行者がいるのに止まってあげなかった」。これは重大な罪以外のなにものでもないのです。罪は罪で、大小の事ではありません。それをまず認める事が大切な事なのです。

 願う事ならば、主の福音が全世界に、この日本に広がり、人を思いやる人と変えられますように。主は私やあなたの罪のために十字架で死なれ、葬られ、甦られた事実を確認し、信じる事のできる知識がありますように。自分を神とせず、全能の神を神とする事ができますように。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○10月30日(日) 礼拝中にギデオン協会の方が証をされました。
○11月 6日(日) ファミリー礼拝の中で子ども祝福式を行ないます。
○11月27日(日) 礼拝後役員会があり、その最初に洗礼を受ける方の試問の時をもちます。お祈りください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【説教】「愛を追い求めなさ... | トップ | 【説教】「私たちは生きてい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メッセージ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。