テケテケのキリストあれこれ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報などもお伝えしています(日本ホーリネス教団倉敷ホーリネスチャーチ)。

【説教】「待望のローマへ」 2017/6/18 説教:小林和子師 要約:大元鉄也兄

2017年06月18日 | メッセージ
【聖書】使徒行伝28章23~31節
【説教】「待望のローマへ」 

30:パウロは、自分の借りた家に満二年のあいだ住んで、たずねて来る人々をみな迎え入れ、 31:はばからず、また妨げられることもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えつづけた。

主の御名を讃美します。

 パウロ、ついにローマへ入る!
センセーショナルな記事ですが、英雄として入った訳ではありません。ローマへ出発する前、囚われの身となり、両手を縛られ、舟に乗せられて移動させられました。舟の揺れがひどく、14日間も食べる事が出来ないほどでした。さらに大嵐で舟が沈みそうになり、気持ちが悪く食べる事のできない食事を無理やり取り、荷を海に投げ入れそこにしがみつきました。するとしばらくして舟が沈みます。そして流され島(マルタ島)に漂流した一行でした。上陸したパウロにマムシが噛みつき、皆パウロは罪のため死んでしまうのだ。そう見つめていましたがピンピンしています。不思議に思う民ですが、その後パウロは無事にローマへ到着しました。
 ローマに入ったパウロはますます神の恵みを受け、はばかる事無くみ言葉を宣へ伝えました。パウロは主イエスにより励まされ力を得たのです。
 人を励ます事はとても難しい事です。励まされた事のある人でないと励ます事ができないからです。私たちクリスチャンは主に日々励まされています。主は私たちに言われます。あなたの隣にいる沈んでいる人を励ましなさいと。主により造り変えられたあなたは、それが出来るのです。

テケテケ
※要約はメッセンジャーが語った事を筆者が感じ受け取った事を記しています。

報告と消息
○6月18日(日) お父さん、すlべての男性に感謝する一日を記念し、父の日ファミリー礼拝が開催されました。
○7月17日(祝) 中国教区聖会が広島福音教会で開催されます。倉敷教会の小林師がメッセンジャーです。
○8月15日(火) ~17日(木)ファミリーキャンプが広島三滝で開催されます。講師は静岡教会の杉本師です。

※主の恵みに感謝し、上半期感謝献金をいたしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【説教】「いのちの道を教え... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。