テケテケのキリストあれこれ

聖書のみ言葉、キリスト教のメッセージ、また旅情報などもお伝えしています(日本ホーリネス教団倉敷ホーリネスチャーチ)。

【説教】「主のことばは清き言葉」 2016/10/16 小林和子師

2016年10月16日 | メッセージ
【聖書】詩篇12章1~8節
【説教】「主のことばは清き言葉」 

6:主のことばは清き言葉である。地に設けた炉で練り、七たびきよめた銀のようである。

主の御名を讃美します。

 この歌はシェミニテ(八弦楽器)の演奏に合わせて歌われたもので、シェミニテは普通の弦楽器より、高音、低音が表現できる楽器です。この12篇の特徴は6節に代表されるように、御言葉詩篇になっています。御言葉詩篇は119篇が有名ですので、またの機会にお読みください。
この詩篇を以下3つの視点で見てまいります。

(1)言葉を大事にしない民
1節から作者の悲痛な思いがつづられています。もはや神を敬う人、忠信は人は消えうせたと。その人は嘘偽りを言い、二心を持って人によって話を変えるウソつきばかり。自分を神と崇め、自分さえ良ければ良いと思う民でした。まるでアジアのどこかの国のように、クリスチャン人口が1%という自己中心的な民になってしまっていました。

(2)言葉は神の言葉
しかしその地において神は立ち上がってくださり、言いくるめられたり、しいたげられた人を、安全な場所においてくださるのです。そんな世の代表が今から約2千年前にあった神さまからのプレゼント、そうイエスキリストの誕生です。神は自己中心的な世の中であっても、神の言を聞く者をほっておかれないのです。そしてその人は煉られた銀のように、純な者に変えられるのです。

(3)言葉への応答
詩篇105篇にはヨセフを試みる神の言が記されています。神の試みはヨセフだけではなく、私たちも主の日に試みを受けます。それはいつなのか、誰も知りません。いつ主の時が来ても良いように、主なる神を思い続ける事が大切だと思います。

生きて行く中、いつも楽しく有意義な時ばかりではありません。苦しみや試練の方が多いと思う事もあるでしょう。しかし主なる神は、主を信じる者をそのままにほっておかれる事は決してありません。その人は主によって煉られ、試練から脱出の道も用意してくださっているのです。

今週も主にあり、素晴らしい日をお過ごしください。

テケテケ

報告と消息
○10月10日(祝) 西日本ブロック会議が倉敷教会で開催され、大元兄が出席しました。
○10月16日(日) 青年賛美大会が広島教会で開催されます。
○12月 3日(土) 倉敷市民クリスマスが日本キリスト教団倉敷教会で開催されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【説教】「主のみ顔を仰ぎ見... | トップ | 【説教】「愛を追い求めなさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。