貧乏社畜サラリーマンの海外旅行記

長期休暇に有給休暇をくっつけて、
仕事と家族を日本に置き去り、海外旅行へ
貧乏社畜リーマンによる海外旅行記。

【ルーマニア・モルドバ】ルーマニアの首都・ブカレスト市内観光。国民の館へ【八日目(前半)】

2017-07-01 | 2017年04月_ルーマニア・モルドバ・沿ドニエストル
ルーマニア・モルドバ・沿ドニエストル一人旅の八日目(前半)です。
[初日はコチラ]

夜行列車でモルドバの首都キシナウから、再びルーマニアの首都ブカレストへ戻ってきました。
ホテルで少し休憩して、本日はブカレスト市内観光。

まずは、ブカレスト観光のハイライト、国民の館へ。
ホテル近くのノルド駅から地下鉄で移動。



国民の館は、ルーマニアの指導者・故チャウシェスク同志が、ルーマニア国民のために日本円にして1500億円近い費用を投じて作らせた宮殿です。

内部の見学はツアー形式のみ。

ツアー用の入り口から入ります。

ツアー代金は55RON(≒1500円)。内部の写真撮影は別料金です。代金の支払いはクレジットカード不可。パスポート必須です。
モルドバから戻ったばかりで、ルーマニアレイの手持ちが少なかったので、いったんATMまで下ろしに行く羽目になりました。


内部の写真は有料だったのでありませんが壮麗な宮殿でした。


宮殿のテラスから統一大通り方面を一望できます。

大体2時間くらい見学にかかります。

国民の館から統一大通りを東に向かい、統一広場方向へ。



統一広場。

そのまま南西へ歩き大主教教会へ。

ルーマニア正教の総本山というべき場所です。


儀式が行われていました。

ブカレスト旧市街へ。



クルテア・ヴェケ教会。


旧王宮跡。


スタヴロポレオス修道院。

旧市街でランチ。


八日目(後半)へ続く






『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ルーマニア・モルドバ】モ... | トップ | 【ルーマニア・モルドバ】ブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL