貧乏社畜サラリーマンの海外旅行記

長期休暇に有給休暇をくっつけて、
仕事と家族を日本に置き去り、海外旅行へ
貧乏社畜リーマンによる海外旅行記。

【ルーマニア・モルドバ】帰国途中にインドネシアの首都ジャカルタを半日観光【十一日目】

2017-07-15 | 2017年04月_ルーマニア・モルドバ・沿ドニエストル
ルーマニア・モルドバ・沿ドニエストル一人旅の十一日目です。
[初日はコチラ]

ドイツ・フランクフルトから経由地のタイ・バンコクに到着。
ただし、バンコクから日本へ向かうのではなく、赤道を超えてインドネシア・ジャカルタへ向かい、ジャカルタから羽田へ帰国します。
このあたりの経緯は準備編1を参照。といっても、単にマイルでとれる特典航空券で安く帰国可能なルートがこのルートしかなかっただけですが。

バンコクのスワンナプーム国際空港には、朝6:30頃到着。
バンコクからジャカルタに向かう便は8:00発なので、約90分の乗り継ぎ時間。

90分もあれば余裕と思ってたら、乗り継ぎのセキュリティチェックが長蛇の列で、一時間くらい並ぶ羽目に。

結局搭乗口に到着した時には、搭乗開始時刻から約10分ほどの遅れ。
搭乗開始時刻も遅れていたみたいなので、特に問題はなかったのですが、並んでいる間は焦りますね
ハブ空港の乗り継ぎは、余裕を見たほうがいいようです。

そんなこんなで、無事にインドネシアの首都、ジャカルタに到着。
約10時間の乗り継ぎ時間があるので、せっかくなのでジャカルタ市内観光へ。


まずはATMでインドネシアルピア(IDR)を入手。


市内まではダムリ社のエアポートバスで向かいます。



とりあえずガンビル(Gambir)までやってきました。

 
湿度と気温の高さが東南アジア!って気分にしてくれます。


まずは昼食。

イスティクラルモスクへ。

東南アジア最大級のイスラム礼拝堂らしいです。

何かの記念日なのか、メッチャ礼拝に来ている人が多くて、周囲もフリーマーケットみたいになってました。


カテドラル。

イスティクラルモスクの道を挟んだ先にあるカトリック教会です。


独立記念塔(モナス)。人がたくさん並んでいたので、展望台は諦めました。

バスでファタヒラ広場まで移動。


広場周辺も賑やかでした。


そのまま北へ。

跳ね橋。


見張り塔。

そろそろ時間なので空港へ戻ります。
市内に来た時と同様、ガンビル駅のバス乗り場からダムリ社のバスで空港へ向かいます。

ANA便はターミナル2発なので、ターミナル2で降ろしてくれと運転手さんに伝えていたのですが、教えてもらって降りたところはターミナル1C。
空港の職員の人に聞いてみると、このバスに乗れとの指示。


ホテルの空港送迎バスな気もしますが、ターミナル間の移動もこのバスのようです。
というわけで、ダリム社のエアポートバスで空港に向かう人は、直接ターミナル2の出発ロビーには行かないようですので注意。

搭乗券はフランクフルトで発券済みですので、そのまま出国手続き。

搭乗時間まではラウンジで時間をつぶし。ターキッシュエアラインズのMiles&Smilesで延命したスラーアライアンスゴールドメンバーのステータスも今年2017年の11月までなので、国際線ではおそらく最後のラウンジ乞食。

搭乗時刻になったので日本へ向かいます。


12日目(最終日)へ続く



『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ルーマニア・モルドバ】午... | トップ | 【ルーマニア・モルドバ】帰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL