みどり市議会議員 宮崎 武

宮崎 武の活動彼是を皆様にお伝えする
  公式ブログbyみどり市紀行 (C)
 

      

ICTにおける見守り事業

2014年08月31日 | Weblog

地域の見守りをICTで推進する「民生委員・児童委員におけるタブレット端末の活用実証研究」を開始します

-全国初、タブレット端末とクラウドで効率化- 佐賀県の例です。

<2014年1月15日>

 

1. 実施期間

平成26年2月13日(木曜日)~6月30日(月曜日)

2. 目的

ICTによる、より効率的、かつきめ細やかな「地域の見守り」の実現。民生委員・児童委員の活動をICTで支援するためのタブレット端末、アプリ、セキュリティ、ユーザーインターフェイス等の検証。

といったユビキタス社会実現のための推進を各地方自治体でも行っているようです。

imageとすると私が現在みどり市内で要望推進している内容をドコモ主体でソフト開発をしているようです。

ただ、設備投資も財政的見地から見た場合、大きな費用もかかるのではといった観点から、今回も昨年に続いて独居高齢者や人口の少ない地域のお年寄りのためなどに、費用の比較的負担の少ない形での見守り事業、防災、医療などを含めたICTの進展に対しての一般質問を行ってまいります。

 


この記事をはてなブックマークに追加

おいしいと感じる水とは。

2014年08月30日 | Weblog

我が家の水道の蛇口はこんな感じです。東日本大震災後に普及している上げて出すタイプです。

今回一般質問をする中に「水源地としてのアピールを」といった内容があります。

やはり、水源地である以上おいしくて体にいい水の提供は不可欠だと感じています。

現在みどり市の水は、渡良瀬川塩原、川口川給水地の2か所から市民に提供しています。

一部上流域の地域は、簡易水道です。

今後、下流都市と水道企業団を組む構想ですので、そういった意味も含めてアピールを行う事も重要ではないかといった質問をいたします。

そこで、おいしい水の基準とはなにか。について調べてみました。

一般的に水がおいしいと感じるのは、おいしくする成分(ミネラル、炭酸ガスなど)が適度に含まれているからです。この含有成分に加え、最も大切な要因が水温です。
おいしい水の要件として、1985年4月に厚生省(現 厚生労働省)の諮問機関「おいしい水研究会」がまとめた「おいしい水の要件」があるとのことで初耳でした。


◆「おいしい水道水」の要件としては以下のような内容のようです。

  1.【水温】 20℃以下

  おいしい水の判断基準として、水温は重要な要素の一つです。水温10~15℃位が、最もおいしく飲める温度と言われています。

 2.【残留塩素】 0.4mg/リットル以下

  水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味を損ないます。

 3.【硬度】 10~100mg/リットル

  ミネラルの中で量的に多い、カルシウムとマグネシウムの含有量の合計を示します。硬度の低い水はくせがなく、高いと好き嫌いがでます。マグネシウムの多い水は苦味が増します。


4.【蒸発残留物】 30~200mg/リットル

  ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄などの含有量を示します。量が多いと渋味が増し、適度に含まれるとコクのあるまろやかな味になります。


5.【遊離炭酸】 3~30mg/リットル

  水に溶け込んでいる二酸化炭素のこと。地下水などに多く含まれ、さわやかな味を与えます。あまり多くなると刺激が強くなり、清涼感が失われます。


6.【渋味】 3mg/リットル以下

  有機物の量を示し、多いと渋味がつきます。多量に含むと、浄水過程の塩素使用量に影響を及ぼし、水の味を損ないます。


7.【におい】 3以下

  腐敗性臭気、カビ臭、金属臭などのにおいの度合いを示します。


一般的に、これに適合した水道水であれば、ほとんどの人がおいしく感じるということです。ので、今回の質問の中でみどり市民の飲料水がおいしいのか、そうでないのかも確認してまいりたいと思っています。

ただ、同じ水であっても飲む人の好みや体調、気象条件によっても感じ方が変わり、容器や周囲の雰囲気などによっても微妙に左右されますが・・・という事は絶対条件でしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

母子手帳アプリ

2014年08月29日 | Weblog

 各自治体によっていろいろなものがあるようです。

今回一般質問をすることになった標題の件で様々調べています。

母子健康手帳に民間としての使いやすく成長過程の画像なども残していけるアプリができたようです。

実際に使用をしているわけではありませんが、IOSでもアンドロイドでも開発がされており内容においても使い勝手のいいものが多いとのことです。

母子健康手帳をなくした経験があるとの女性の国務大臣経験者も奨励されているようです。

私なども自分の母子健康手帳を現在も持っているくらい日本人の中では尊ばれているものですのでICT化になっていく現在の状況の中でどのような利用方法があるのか。また、みどり市においても活用ができるものなのか。検討してまいりたいと思っています。

ぼしてちょう【母子手帳】  とは

母子保健法にもとづき,妊娠届の提出に際して各都道府県知事あるいは特別区長交付する手帳。正称は母子健康手帳という。妊産婦乳幼児保健指導基礎となり,妊娠,出産育児に関する母子の一貫した健康記録となるもので,妊産婦,乳幼児が健康診査または保健指導を受けたとき,必要記載を受けることになっている。具体的には,妊娠中の経過や諸検査計測の記録,出産の状態出生時の新生児の状態,新生児期の経過,産後母体の経過,乳幼児期の健康診査と指導記録,保護者の記録,歯診査記録,予防接種の記録等が記入される。


この記事をはてなブックマークに追加

そうだ、特定検診にいこう

2014年08月28日 | Weblog

p>

全く忘れていました、標題の検診に行ってまいりました。

40歳から64歳までのみどり市国民健康保険加入者が対象です。

無料で検診を受けられますので、市役所から送付されている画像内の受診券と国民健康保険証をお持ちになり朝食は食べずに現時点では個別健診のみですので健康診査登録の医療機関にお出かけください。


この記事をはてなブックマークに追加

タブレット使用による議会全員協議会

2014年08月27日 | Weblog

画像は、イメージです。

本日は、本会議前の議会全委員協議会を開催し、9月議会に提出される認定第一号から議案第八十八号までを詳細にわたり審議いたしました。

使用するタブレット端末に関しても徐々にではありますが利用できる環境も整いつつありますので個々の研鑽がされに重要になってまいります。

ただ、今9月議会は決算議会ということもあって決算審査に関する議案書は、タブレット端末ではなく紙ベースの資料ということになります。膨大な資料ですので今後、個々の端末にダウンロードすると端末自体が若干の重さも感じてしまうのではないか。といった配慮もしています。

現在までの段階として、はじめは、親機から有線でタブレット端末にダウンロードしようとしていた段階から、一歩進んでメール配信からサイドブックスに移すといった段階ですが、資料の多さには事前の想定では対応しずらい部分となっていますので、有料版のサイドブックスのクラウドシステムを利用する方向で現在検討中というところでしょうか。

3月議会までには、議会放映も実施しなくてはなりませんので、平成26年度中にさまざま協議しながら少しでも開かれた議会を目指します。


この記事をはてなブックマークに追加

本会議前の議会運営委員会

2014年08月26日 | Weblog

いつもの「しかだ庵」での大もりそばの昼食でした。

本日は、明日の議会全員協議会前の会派代表者会、議会運営委員会を開催し、9月2日から開会される9月定例会(決算議会)についての議案審議の内容や、一般質問17名の登壇順などの決定を行いました。

私の一般質問は9月8日9時30分からとなります。

おおむね提出された内容での確認をとりましたが、一般質問の要旨について、みどり市議会での内容にそぐわないのでは。といった内容の質問が数件ありましたが、訂正で再提出といった一幕もありました。

一文一句が誰から見ても違和感のない内容にする為にも議会運営委員会での慎重な審議を行っています。


この記事をはてなブックマークに追加

新聞掲載による問い合わせ

2014年08月25日 | Weblog

8月22日(金)に公明新聞全国版に掲載されましたみどり市における「熱交換塗料」の関係について、多くの皆様から激励やお問合わせをいただいております。

感謝申し上げます。

どういった趣旨で質問を始めたのかについてお問い合わせいただきました皆さんからも質問をいただいたおりますので経過なども含め、また、今後の推進の為に本9月議会にても再確認いたしますので平成22年9月議会での質問内容をご確認ください。

なお、本文中にあるエアコンの設置も現在みどり市内において市内13校1園全に374教室に設置すべく順調に作業を行っています。

取り組み始めの平成22年9月議会における「地球温暖化対策しついての質問内容」

初めに、夏場の災害に対する総括について【地球温暖化対策についての推進は、という事で確認します】

そもそも、四季のある国、日本では、夏は暑く、冬は寒いのが当たり前のことです。しかしここ数年、夏の気温はどんどん高くなり台風や夕立だけではなく、落雷やゲリラ豪雨、熱帯夜といった異常気象が増えているという現実があります。

ソメイヨシノの開花という一例を取ってみても我々の子どもの頃から見ると、1週間は、早くなっています。

1960年代の4月1日には、三浦半島から紀伊半島にかけての本州の太平洋沿岸と四国、九州でさくらが開花していました。それが最近10年間では同じ時期に関東、東海、近畿、中国地方でも開花するようになってきています。

その原因としては、20世紀後半以降に見られる地球規模の気温の上昇、すなわち現在問題となっている地球温暖化で、その主な原因は、人類の活動による温室効果ガスの増加であり、大気中に含まれる二酸化炭素などの温室効果ガスには、海や陸などの地球の表面から地球の外に向かう熱を大気に蓄積し、再び地球の表面に戻す性質(温室効果)があります。18世紀半ばの産業革命の開始以降、人間活動による化石燃料【石炭、石油、天然ガス等】の使用や森林伐採による葉緑素の減少などにより、大気中の温室効果ガスの濃度は急激に増加しました。この急激に増加した温室効果ガスにより、大気の温室効果が強まったことが、地球温暖化の原因と考えられています。

私たちは一刻も早い対応をとらなければいけません。そのためには、私たち一人ひとりが毎日の生活で出来ることをすこしずつ行う事も重要です。
また、地域レベル、国レベルでのよい施策を、京都議定書などによって決められた規定をもとに、各国が同じ危機意識を持って進めていくことが大切なのですが。ここで身近なみどり市としてこの温暖化の影響による様々な現象や、即応した施策は何か?まず確認します。

みどり市庁舎内は、この温暖化対策の施策として、地球温暖化対策実行計画 平成22年3月作成 39Pに及ぶ計画しています。内容の簡単な確認をします。

この夏の実施における成果と、政策として行っている実際の施策は何か?について確認します。

我が家の環境家計簿緑のカーテン事業廃食用油のリサイクル環境ポスター展といったところでしょうか?一々に大まかな内容を確認します。

こういった、計画も市民との融合や協力が無ければ勿論、役所内だけの推進をしても効果には繋がりづらい部分がありませんが、そこで、市民に対しての啓発状況は、確認します。民生部長

ともかく、大事な事は、市民一人ひとりが自覚を持って地球温暖化に対して取り組む姿勢だと思います。一段と広報活動を推進していただくようお願いをしておきます。

又、今夏は、熱中症から来る脳梗塞、心筋梗塞などの救急搬送など多くの事例があったのではないか?と思っていますが、今年度の搬送件数、搬送の結果など確認出来ていましたら確認します。

そういった事例の中で、どんな予防啓発活動など行っていたのか、確認します。

今後は、しっかりとした、今まで少なかった疾患なども検討のうえ予防策に対応する市民周知のマニュアルなども作成し配布しなくてはならないのではないかと思っていますが民生部長いかがでしょうか?

次に、ここの所、2回ほどTVの報道などで、温室ガス効果を削減する一つの手段として、塗料による熱伝導の削減という開発がなされています。一般の塗料、遮蔽塗料、熱交換塗料という物がありますがご存知でしょうか?担当は総務部長でしょうか? 簡単に言うと、一般塗料の約20%以上熱を運動消費量に変えて遮断するという物です。ですから、建物や道路、駐車場などに大きな影響を与え建物に塗装した場合などは、エアコンの消費量なども激減するようですのです。実験の映像をニュースで見ましたが、一般塗料では、カット率65%、遮蔽塗料55%、熱交換塗料45%という数値が出ていました。明らかに熱がカットされる数値になっていました。特に、その効果の、影響が現れるのは、教育、保育の現場などではないかと思っています。

夏休みは、暑くて勉強がはかどらない為に休みにしているのではないかと思っていますが、昨今を考えた場合、9月に入ってもこの暑さで、市内では、教室ごとに扇風機は取り付けていますが、教室内の温度はどれくらいなのか、認識はありますか?私もこの質問をするに当って、実際に小学校を訪問し、自身の感覚で体感してきました。校舎内でも1階と2階3階では、数℃の温度差があります。現場で教鞭に立つ先生からも、何とか政治解決が出来ないか、といった声も聞きました。

結論して言えば、勉強のできるような環境にない!という結論です。余談ですが、何で軽々に8月一杯の休みを前倒ししたのか?という疑問も生じています。教育部長。そういった現状なども踏まえながら、たとえば、学校や保育施設に塗った場合、エアコンの設置していない保育所、学校教室など明らかな効果が得られるのではないかと思っています、本来であれば、熱交換塗料+エアコンを設置するような検討も来年に向かって検討していただきたいとも思っています。何か地球温暖化に対して温室効果ガスの削減とエアコンを設置することによる温室効果ガス増大のセットのような提案のように思うでしょうが、現在のエアコンは、省エネ対策に十分配慮している機器ですので付け加えさせていただきますが、またPFIなどの民間資本も検討していくことも重要かと思っています。先日も、外気温日本一に今夏も名を連ねている館林市なども全教室にエアコン設置条例を作ったようです。笠懸町なども館林に負けない外気温ですので、是非こちらも検討をお願いします。生徒からは、先生は【いいナー】といった声も始業式以後、聞いていますので、少子高齢化対策の一環としても検討をお願いしておきます。

総務部長には、庁舎の身障者用駐車場などに施工した場合、身体障害者が乗降の際、熱い思いをしないで済む事も検討してください。又、教育長、民生部長には研究をお願いします。

 


この記事をはてなブックマークに追加

初出場で第三位

2014年08月24日 | Weblog

 

昨日行われた第22回群馬県消防ポンプ操法競技大会の結果ですが。

県内の強豪ひしめく「ポンプ車の部」参加14チーム中「第三位」でした。

関係各位の皆様、応援をいただきました皆様。お疲れ様でした。


この記事をはてなブックマークに追加

笠懸まつり

2014年08月23日 | Weblog




心配された雷雨にもならず多くの参加者のなか、第21回笠懸まつりが盛大に開催されています。

9時頃から花火大会もありますのでより多くの皆様にご参加頂きたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

群馬県消防ポンプ操法競技大会

2014年08月23日 | Weblog




本日は、標題の大会が開催され前橋市の消防学校に応援に来ています。

みどり市からは、第10分団が参加しています。

笠懸まつりの為最後まで応援できませんが、全国大会めざして頑張って頂きたいとおもいます。

この記事をはてなブックマークに追加

公明新聞に掲載

2014年08月22日 | Weblog


先日からお話していました熱交換塗料関係の記事が本日、公明新聞7面に大きく掲載されました。

御覧頂ければ幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

群馬県市議会議長会議員研修会

2014年08月22日 | Weblog


本日は、標題の研修会で前橋の議員会館に来ています。

今後の地方議会のあり方についての研修を受けます。

この記事をはてなブックマークに追加

桐生地域医療組合議会

2014年08月21日 | Weblog

画像は、桐生厚生総合病院8階からの景観です。

本日1時半から標題の臨時会が開会され報告1件議案(補正予算)1件についての審議を行いました。

両案とも意見討論もなく採択されました。

当病院は、本年6月より地域医療支援病院としての陣容も整い、桐生、みどり市民の頼れる最先端の医療機関として発展すべきと願っています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

例会

2014年08月20日 | Weblog

本日の桐生ライオンズクラブ8月第二例会は、キノコ茶屋で行いました。

いくらかでも暑さがしのげるかと思いましたが、林の中でも全く同じ猛暑でした。

久しぶりに行きましたが、館内いたるところ改装がされきれいになっていました。

さすが、テレビに出た効果があるかと感心しきりでした。


 


この記事をはてなブックマークに追加

一般質問の提出

2014年08月19日 | Weblog




画像は、執行部が用意したみどり市わらべ工房で作成した
タブレット端末用の台です。
大変使いやすくしっかりしたものですので、販路を模索して販売したいものです。

本日は、市民福祉常任委員会が開催されましたので傍聴に参加致しました。

終了後、一般質問の要旨を提出いたしました。

大きく分けて3問です。

水源地にふさわしい環境作りを
1、東部水道広域化基本計画に更なる水源地アピールを
1、美味しい水の広域にアピールする方法は(みどり市を含め)
1、公的施設にフリー飲料水提供場所を

熱交換塗料の更なる推進と地球温暖化対策
1、熱交換塗料の更なる認識を
1、試行を終えての確認
1、地球温暖化対策に対する更なる取り組みと実施を

ICTのフル活用で安心安全健全な街ずくりを
1、独居高齢者や過疎地域に対するICT化の推進
1、子育て支援にICTの導入(母子手帳アプリ)など
1、医師不足に対応するICT化の推進

と言った内容にいたしました。

一般質問連続記録を伸ばせそうです。
ちなみに議員生活11年半中で一度もお休みしておりません。

この記事をはてなブックマークに追加