山に越して

日々の生活の記録

山に越して 閉ざされた時間 23-9

2015-08-25 09:02:49 | 長編小説

  九 異物

 

 雅生の住む一Kのアパートの中心は上下左右からジワジワと圧力を受け、住人の発する声や軋む音は、天井、壁、柱を伝わり反響しながら振動している。アパートの中心こそ、重力ゼロの地点であり墓場である。円の中心に居るような、等距離を保つことであらゆる力が消滅または増幅する。

 窓のないシャワールームから出ると鏡に映る醜い裸体が目に入った。これまで感じたことなど無かったが、鏡に映る自分の姿が内面を見せているようだった。ダラリと垂れ下がった腹部、筋肉の無い腕や足、突き出た臀部など厭なものだった。考え行動するのは脳だったが、それらの贅肉が支えていると思うとウンザリした。高校時代、大学に入ってからも鍛えることはなかった。文部科学省推薦の健全な肉体に健全な精神が宿るには程遠過ぎ、ブヨブヨした肉体にブヨブヨした精神が宿っていた。

 肉体とは呼吸する細胞の集合体であり、精神とは細胞の中にある思考の集合体である。水分を含み過ぎているなら炎天下で干し上がるのが良い。寒さが続くなら凍り付いてしまえば良い。況して、陰部にはブヨブヨした痼(しこり)が二ヵ所あった。以前からあったが、この一ヶ月の間に急激に成長していた。

「さあ、切り取ってくれ」

 と、雅生は言った。

「痛いぜ」

 と、新庄は人ごとのように言った。それに釣られたかのように執刀者の神田が言った。助手の園部はニタッと笑った。

「全身麻酔は出来ないから切り取る音が聞こえるぜ」

「構わない。まごまごしていると当直が回ってくる」

「いくぜ」

 と、言った瞬間グサッとメスを入れた。

「硬いな」

 と、神田が言った。

「癌は周囲の血管から栄養物を取り込むが此奴は違うようだ。周囲の肉そのものを栄養として取り込んでいる。このままでは肉体そのものが完全な異物となる」

「癌でなければ全く違う新生物だ」

「そうだ、見たこともない生命体を宿したことになる」

「どう言うことだ」

 と、雅生は呻きながら訊いた。

「何度も手術しているが見たこともないものだ」

「勝手に動いている」

 と、助手の園部が手を伸ばした。

「静かにしろ、足音が聞こえる」

「気の所為(せい)だ。交代には未だ一時間以上ある」

「一つめを切り取る」                   

「丁寧にやれよ、二度と手に入らないかも知れないからな」

 と、新庄が言った。

「分かっている」

「此奴によって新しい地平が切り開かれるとも限らない。もしもそうなれば俺達は一躍有名になる」

「社会に出るって訳だ」

「ほほう、論文を書いて博士になることが出来る」

「黙れ、集中力に欠ける。二つめを切り取る」

「大丈夫か雅生?」

「二つとも生きているように蠢いている」

「縫合すれば終わりだ」

「上手くいったな、気分はどうだ」

「痛みはない」

「終了だ。麻酔が切れると痛むぜ」

 と、執刀者の神田が言った。

「異物は?」

「研究室で育てる。何に変化するか楽しみだ」

「しかし俺のものだ」

 と、雅生は嗄れた声を発した。

「これは人類全体のもので個人の所有物ではない。今後の研究結果を待つしかない」

「そろそろ引き上げようぜ」

「雅生、車に乗るまで我慢しろ」

 そう言ってストレッチャーを押した。

 夜の街にライトを点けた車が通る度に影絵のように画面が揺れる。写真のように捉えることが出来ない影は、点いては消え、点いては消え本当の姿を見せない。相手に頼ること以外生きる術がない人間のように他の力を借りていた。

 雅生に取り付いた異物は肉の養分だけを吸い出す。腐り掛けている肉体を捨てることは新しい方向を見出すことではなく、これからも腐った肉体と共に生きなくてはならない。糖尿病と同じような、手足に十分な血液が行き渡らず感覚が鈍磨する。そして、何れ腐り出し四肢の外皮から内蔵まで達していく。立つことも寝返りを打つことも出来ない状態で眼球が空を睨んでいる。

「雅生、お前は間もなく朽ち果てる」

 アパートの一室で柳田が言った。

「其れがどうした」

「怖くはないか?」

「生きていることが問題でないように、腐ることも死ぬことも同じである。一々考えていたのでは時間の無駄だろう」

「強気だな!」

「真理を変えることは出来ない。それに従うまでだ」

「まさかお前の口からそんな言葉が出るとは以外だ。現況を越えることしか興味のなかったお前が過去に縛られ引きずられる。変化を受け入れるのは容易い。しかし真理など何処にもない」

「知ったことか」

「所で異物はどうなった?」

「新庄が持っている」

「お前の部屋で育てなければ死ぬかも知れないな、何せ生みの親元を離れてしまった」

「柔なものではないだろう」

「癌のように他にも転移しているかも知れない。もしそうなっていれば俺も貰いたい」

「やるよ」

「願ってもない」

「しかし、何れ俺とは関係のないことになった」

「人間に必要なことは衣食住という日常が満たされることだ。しかし知らぬ間にその事を忘れ観念の世界に溺れている。俺たちが求めるものを忘れない様にすることだ。異物は正に現実を引き戻すことになった」

「二十二歳の俺は恋も愛もゴミ箱に捨てた。そして、脆弱な肉体と異物を宿したのに過ぎない」

「仕方がない。既に狂っているのだ」

「何処に行くべきなのか分からなくなった」

「氾濫する言葉を理解するには余りに難題すぎる。言葉の数が多いだけではなく次から次へと新しい言葉が生まれてくる。短縮して発音する、イントネーションを変える、言葉は文化であり、文化は歴史になり生活の中に根差し定着する。言葉は生き物のように、生まれては消え生まれては消え新しい物に取り替えられる。元来、言葉が人間たちの間に生まれてきた過程は、相手との交渉や、意思伝達の手段としての必要性からで有り、生活領域を徐々に拡大したことに依る。しかし最早言葉は必要ではない。相手を理解することも認識する必要もない。個が崩れることで必ず社会も崩壊する。雅生、俺は一人になったとしても必ず相手を殺す。一体生きていることが何だと言うのだ。旨い物を喰い、飲み、良い女に出会う事だけでしかない。この一瞬一瞬の中に、自身を繋ぎ止めるような感覚を得ることはない。夢中になっても、熱中することに出会っても何れ冷める。人間としての感覚とか感情はない」

「相手を殺しても得るものはない」

「草味(そうまい)な情況が良い。文化が発達したことで何もかも狂ってしまった。自分の還る環境は既に無く、歴史は現実の俺たちに何も残さなかった。一体何の為に人間は生きている。同じ事を繰り返しながら互いに殺し合いを正当化しているのに過ぎない」

「妄想に取り付かれることがある」

「夢と現実が錯綜しながら進む。のめり込んでいるのが愚にも付かない夢の方である。それは、自分自身の弱さから来ているのではなく現実がそうさせている」

「しかし、俺たちを絡めながら生きている現実を否定するには、武器を持たなくてはならない」

「雅生、くよくよしていても始まらない」

「俺は、もう終わりだ」

「交差点で前方を見ていた。車の両輪がグルグルと絶え間なく回っている。その時、回ることによって移動していることに始めて気付いた。見なければ何もかも過ぎて行く。その事が分かっていながら何も出来ない。去勢された精神は一つの集合体としてしか存在しない。俺たちは同じ所を独楽のようにクルクルと廻っている」

「人間の生きる過程は遠心力に依る頽廃に過ぎないだろう」

「そして、抜け出すことは出来ない」

「思考する阿呆、確かにそうなってしまった」

「放心したような、瞬間的に何も考えられない状態になる。語彙を意識下に集めようと思っても出来ない。脳味噌のある部分を探り出そうとする。しかし、脳味噌、脳味噌と探しあぐねている状態で、自分の頭をかち割り目の前に置いて解剖したくなる」

「少し痛みが出てきた」

と、雅生は顰め面をした。

「異物に宜しく」

 雅生に宿った異物は間もなく雅生自身となり、全く違った生物として生きることになる。雅生は何も求めてはいなかった。しかし、異物に求められていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山に越して 閉ざされた時間 23-8

2015-08-03 09:07:34 | 長編小説

  八 遺物

 

「私は神である。過去からの贈り物を受け取るときが来た。お前は神々により推薦されこの栄誉を与えられた。心して受けるが良い」

 と、神は言った。

「神だって、巫山戯るんじゃない。それに推薦されたとはお笑い種だね」

「お前が信じられないことは当然かも知れないが、私が神であることに違いはない。お前に与えるもの、これを持ってさえいれば人々の心の内を読み取ることが出来る。何を考え、何をしようとしているのか手に取るように分かる」

「人間を構成している内面など取るに足りない。別に読み取る必要はない」

「内面のみが未来に向き、その他の総ては過去のことである。私はお前に未来を与えようとしているのだ。誰も知ることのない確実な真理と未来を!」

「未来が有ったとしても、俺にとって必要がない」

「未来が見えるなら生き方が変わるだろう」

「確定された未来など必要がない」

「未来が分かっていることで安堵感が得られる。そして、莫大な利益を得ることが出来る」

「神さんよ、お前は本当に馬鹿だな。現在さえ意識下に置くことが出来ない俺にとって、過去だの未来だのと言って何になる。大体、宗教集団の代表者的なことを言い、人を誑かして何が面白い?」

「信じることから始まる」

「信じて飯が食えるのは極一部の連中で、神さんよ、お前も同じ穴の狢に過ぎない」

「雅生、お前の不安は時間を失うところにある。そして、その不安から逃れられない」

「確かにそうかも知れない。しかしお前とは関係がない」

「私はその不安を解消できる」

「はて!!襤褸(ぼろ)が出ないかな!」

「何時までも同じ場所で堂々巡りをしている思考は、結局同じ場所に戻るしかない。そして、循環運動のように依り少ない摩擦を求め他からの衝撃なり刺激を極力避けようとする。現在のお前のようにな。脱却するには自分を捨てることで良い。選ばれた人間は幾らでもいる。お前など単なる一部分でしかない」

  と、神は些か焦慮の感があった。

「俺は遺物と言う訳だ」

「卑下するものではない」

「自己の存在は自己が決定する。体制的なことを言うが、現在社会では自明の理と教えられたように思う」

「否、類の中の個でしかない。詰まり、社会の中のお前でしかないことが自明の理である。お前自身が一番分かっているだろう。お前の根元的な情況としての自己は、自らの存在の非存在を求め認めている。詰まり、私と同じことである」

「面白い話だ。俺は神に昇格する。お前は唯一無二の存在を否定され唯の人間か化け物になる」

「そう言うことではない。雅生、失うことを怖れることはない。仮に再生されなくても良いではないか」

「で、一体何を呉れるのだ」

「支配する力を与える」

「民衆は馬鹿ではない」

「民衆ではない。自己を支配する力である」

「自分を支配して何になる」

「何も無い感覚を身に付けるとき、総ての情況から離脱した意識を持たなくてはならない。生きると言うことを考えるとき、ともすれ日々の生活の中で拾うことのみ必要とする。生きることは、その生活に根差すことだと勘違いをしているようである。生は誰にでも与えられている。生きていること即ち生である。牛も、馬も、猿も生きている。生きているもの総てが生である。ただ生活することを唯一の目的として生きている。しかし雅生、お前は自己の存在を昇華して行くことで最も人間の重みを知ることになる」

「面倒臭い話だな」

「未来と過去と現在を統合しない限り展望はない。その時、始めて生きている一瞬が見える」

「神と言うお前は、トイレットペーパか、箱ディシュのようなことしか言えないようだ」

「ほざくが良い」

「天罰でも欲しい気分だ」

「雅生、人の言うことを信じなくてはならない」

「人に転落したようだな、失せろ!」

 虚無感で支配された日常は感動や悲しみを覚えることはない。意識そのものを必要とせず低迷したまま深淵に沈み込んでいく。生きることが歴史を刻んでいくと分かっていても、時間の概念が無い限り歴史など無意味なことになる。歴史の為に生きているのではないが、何れ何もかも歴史の為に生きていることになる。

 神と呼ばれる存在は何処にでも居る。神と別れたばかりの雅生はまた神に捕まってしまった。

「残す物は歴史以外に無く現実の諸過程が歴史を構成する。其処には神も居ればお前も居る」

「お前とは俺のことか?」

「そうだ」

「ふん、余計なお世話だ」

 と、雅生は言った。

「歴史がなければお前は生まれて来ることはなかった。歴史の生産物は歴史から逃れられない。分かる筈だ。帰依しろ、そうすることで失っている時間を取り戻すことが出来る」

「ほほう、一体何に帰依するのだ」

「世界は一つの目標に向かっている。苦痛も悲しみもない人間の安定した生活を求めている。歴史の産物は歴史から逃れられないと言う意味が分かるだろう。自分の生存した歴史は自分の過去から逃れられない。詰まり、どんな生き方をしても迎合され生きるに値しない生き方しか残っていない。帰依することで新しい生き方が出来る」

「その先に何がある?」

「未来を掴み取ることが出来る。未来に対して一人では何も出来ない。しかし一つの集団は確乎としたものに向かう。その時こそ個の歴史が生まれる。確かに一人一人の人間は集合体に集約され利用されてきた。しかしその間に、関係が生まれ社会が生まれ力が生じてきた」

「自らを売り渡すことによって個の歴史は閉じられた。どの集団も社会も宗教集団のようなものでしかない。それらは未来に向かうことはなく、過去の遺物に縋り付いているのに過ぎない」

「自らの歴史を創造して行くのだ」

「儚い人生に夢と希望を・・・と、言う訳だ」

「未来を切り開く時個は充足する。そして、何より歴史に参加することになる」

「そして、死に絶える」

「お前に鉄拳を下すのは容易い」

「何時でも来い。社会の中に俺は居るのではない」

「俺は俺の中にいる。そう言いたければそれで良い。しかし、情況としては不利であることに違いない」

「俺は行くよ」

「雅生、少しは骨のある奴だと思っていたが阿呆を相手にしていたようだ。何処に行くのも勝手である。しかしお前の身体の中には人間としての過去の歴史がある。精神的にも身体的にも変わることのない永遠と続く本能が息付いている。否定したくとも否定出来ない血は、お前が生きることを肯定するだろう。そして、牛にも馬にも飛躍出来ない哀れな奴になる」

「数々の教訓、身に染みて受け取るよ」

帰巣(きそう)本能はあらゆる動物が体内に持っている。犯罪者が犯罪現場を確認する。学生生活を終えると生まれ故郷に就職する。同じ道を辿り、同じ場所を訪ね、同じ様な旅行を何度となく行う。人間は二度も三度も同じ事を繰り返し、安堵感を得る為に、自己確認する為の作業を繰り返す。複雑な脳を持ちながら、要するに脳の単純さに支配されている。安定性の為か、受けた生命としての維持存続の為か、しかし雅生は体内に眠る帰巣本能を、継続的な遺物として受け継がれてきた感覚を必要としなかった。同じことの繰り返しは行動の定位性を齎し、行動としての再確認は必要としない。過去から脱皮出来ず、歴史と言う時の流れに反逆することもない。しかし行動様式を、過去の歴史を越えなくてはならない。自分の歴史は自分で刻んで行く。そうすることが、個としての生命の存続から逃れることである。しかし、一人で生きることの出来ない人間にとって最も過酷な出来ごとになる。

 雅生は内面に漂う景色を眺めていた。其処では老婆が川縁で黙々と白詰草を引き抜いている。そうすることで安堵感を得ているのでは無く、意味のない単一的な行動は精神の破壊に通じ、意識を喪失しながら年老いて行くのである。白詰草を幾ら引き抜いても何も変わることは無い。時間が過ぎれば死んで行く虚しい作業を繰り返しているのに過ぎないが、しかし単一的な作業の中に生きている喜びを感じている。自分の周囲を見回してみるが良い。そう言う連中のみが現在社会を構成している。遺物?そう全てが遺物である。過去の遺物ではなく、現在そのものが遺物である。雅生は老婆を見ていた。そして、自分の過去も現在も未来も無いと思った。

「何故、草を抜いている?」

 と、雅生は問い掛けた。しかし老婆は振り返ることもなく同じ作業を繰り返した。

「何故、草を抜いている?」

  雅生は大声を出した。

「聞こえているよ」

「悪かった」

「自分の行動に対して一々理由など有る筈がない。意味を求めようとするから詮索することになる。お前のような奴は豚に食われて死ぬが良い」

「俺は何をして良いのか分からない」

「時間は過ぎて行く。それに従うしかない」

 と、老婆は言った。しかし、その言葉に対して雅生には何も応えられなかった。

 待つことが出来る状態は対象が有って始めて成立する。対象が無ければ待つことなど出来ない訳である。待つことが出来るとは実に歓迎すべきことであり、期待感は少しずつ膨らみ内面に豊かな感情を齎してくる。人間だけに残された感情であり、待ち続けることは生き続けることであり、日々を過去に押し遣り明日があることを知る。明日があることで明後日がある。そして一年、二年と過ぎて行く。そんな風に考えることが出来れば、雅生にとって一つや二つの楽しみもあったことだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加