カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 




「昔人気のあった主役クラスのモンスターが、“ダークモンスター”になって帰ってきた!」

というテーマもわかり易く、「これを使ってデッキを作るぜ!」と使いたくなるカードもてんこ盛り!な“ファントム・ダークネス”!

んが、

「墓地に闇属性のカードが3枚のとき“のみ”特殊召喚する事が出来る」

とか、

「自分のとこにモンスターがいなくて、墓地に闇属性のカードが5枚以上あるとき特殊召喚できる」

って・・・・こりゃ今までのデッキの組み方だと、召喚できないようなカードばっかりです。
いずれも、一筋縄じゃいかないカード。さあ、だからこそデッキ構築が面白い!!

○「俺はすでにキレているわ!」

【終末の騎士】【トレード・イン】【手札断殺】などで墓地のカードを高速で増やす

それらにより同時に手札を入れ替えて、状況にあわせた最適な手札を揃える

凄い速度でダークモンスターを召喚!!

しかも、墓地が肥えるまでの間もちゃんと戦う事が出来て、いざ動き出せば一撃必殺!!

炸裂する特殊召喚の嵐!!裏口入門万歳!!これぞダークモンスターだらけの“ダークデッキ”!!

さあ、ちょっと想像してみて下さいね。

2、3ターンたったころ。相手の場には毎度お馴染み【ゴーズ】。トークンと、怪しい伏せ表示モンスターも2枚。ご丁寧に魔法トラップも2枚セットされてますが・・・・!さあ、こっちのターン!

「【手札断殺】使用!2枚捨てて2枚ドロー!これで墓地に闇属性モンスターカードが5枚になった!(今までにも【キラー・トマト】が死んでたり、【終末の騎士】が出てたり)

よって、手札から【ダーククリエイター】を特殊召喚!

【ダーククリエイター】の能力で墓地から【ダークネフティス】を除外して、【混沌の黒魔術師】を特殊召喚!

【混沌の黒魔術師】で【サイクロン】を墓地から回収、使用

トラップカード【闇次元の開放】発動!除外した【ダークネフティス】を特殊召喚!能力発動、相手の魔法トラップカードを破壊!魔法トラップゾーン、全滅!!

墓地の闇属性カードが3枚になったから、【ダークアームドドラゴン】特殊召喚!能力を2回使ってそこの伏せモンスター2体を破壊!

【ファントム・オブ・カオス】を通常召喚!墓地の【ブルー・D】に変身!そっちの【ゴーズ】を奪って装備カードに!

攻撃力3250の【ファントム・オブ・カオス】でトークンにアタック!

【ダーククリエイター】【混沌の黒魔術師】【ダークネフティス】【ダークアームドドラゴン】で本体にダイレクトアタック!!10300ダメージじゃああああああああ!!」

見よ!このド派手な破壊的プレイング!!

何?こんな動き、ドリームだって?ノンノン、ノンカロリーナ。(byクロノス)このデッキを使ってれば、いつでも大なり小なりこんな感じですよ?!ついうっかり【次元融合】を引いた時にゃ、もっともっと嘘くさいパゥワーですぜ?!!
闇属性リアニメートデッキ“ダークディファレント”

3×キラートマト                 BEI 闇の呪縛
3×終末の騎士        PTDN
2×ファントム・オブ・カオス タッグフォースII攻略本
1×魂を削る死霊       ストラク巨竜・暗黒の呪縛
1×スナイプ・ストーカー    CDIP
1×魔道戦士ブレイカー      EEI ストラク魔法使い
1×クリッター           BEII
1×ダークアームドドラゴン PTDN
1×D-HERO BIOO-D         2007攻略本
2×ダークネフティス       PTDN
2×ダーククリエイター        PTDN
1×混沌の黒魔術師          EEII
1×冥府の使者ゴーズ     遊戯王R・3巻 
1×サイコショッカー        BEI

2×収縮               ストラク海馬 
3×手札断殺           デュエリストパックヨハン編
2×トレード・イン               ストラク巨竜の復活
1×次元融合           EEII  
1×サイクロン           各種ストラクデッキ
1×封印の黄金櫃        バリアブルブック9
1×ライトニング・ボルテックス 各種ストラクデッキ
1×大嵐               各種ストラク
1×早すぎた埋葬        各種ストラク
1×手札抹殺           ストラク風

2×闇次元の解放        PTDN
1×リビングデッドの呼声    各種ストラク 
1×激流葬              BEI
1×聖なるバリア・ミラーフォースBEII

集まらないカードは、カードキングダム各店のシングル販売か、カードキングダムホームページの通販をご利用下さい。
レアだけでなく、コモンカードも全て揃っています。
http://www.stannet.ne.jp/fb/tuuhan/yuugi.html
ファントム・ダークネス シングル販売開始
http://www.stannet.ne.jp/fb/tuuhan/yuugi/5/5_7.html


○「スゴイぞー!カッコイイぞー!!」

さあ、恒例、各カードの使いどころを解説。1枚1枚のカードの使いどころを理解してもらえれば、自動的にデッキ全体の動き、コンボの数々も理解してもらえるってぇ寸法よべらんめぇ。

■終末の騎士
効果モンスター戦士族 闇 4 1400 1200 レア
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから闇属性モンスター1体を選択して墓地に送る事ができる。 
       
別名、「ナイト・オブ・ザ・ウィークエンド」。
今回のような、
「闇モンスターが何体か墓地にあれば・・・」
という特殊召喚条件を持つカードを入れた、“ダークデッキ”を作る時には必須のカードです。
最初に墓地に埋めるべきカードを判断するには「慣れ」が必要。

例えば、【早すぎた埋葬】等の墓地からのリアニメートカードが初手にあり、序盤に使う“魔法カード”があるならば、【混沌の黒魔術師】を埋めるのがおすすめ。

また、【手札抹殺】【手札断殺】等があり、かつ、闇モンスターが複数枚手札にあるならば、高速で闇モンスターが墓地に揃うのだから・・・強気に【ダークアームドドラゴン】を埋めるのも良いでしょう。

その場合、【ファントム・オブ・カオス】を引けば、墓地の【ダークアームド】に変身して、一気に相手の場を破壊できます。

特にシナリオが無いならば、【混沌の黒魔術師】か【D-HERO BIOO-D】を埋めておけば良いでしょう。

■キラートマト         
毎度お馴染み闇デッキの友。墓地の闇属性カードを増やす為、次々死んで、墓地に三匹落ちた後、最後は【終末の騎士】を場に出しても良し、早めに決めるならすぐに【終末の騎士】を呼んでくるも良し、です。
パワー1400は、【収縮】と組み合わせると何と相手の【ゴーズ】を倒せるサイズ。
「破壊されるのが前提だろう」
と考えている相手に、意外な反撃を加えて計算を狂わせたり
するのが、実は致命的に効いたりして。あえてセオリーを覆すプレイングは、上級者に対してほど有効だったり。

■ファントム・オブ・カオス
効果モンスター星4/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。

プロモーションカードですが、2、3枚は持っておきたい強力カード。このデッキでも、様々な技で大活躍。
○【D-HERO BIOO-D】に変身し、相手の主力を奪う。相手のモンスターはターン終了時に装備カードとして外れて、墓地に直行。)
○【ダークアームドドラゴン】に変身し、相手の場を壊滅させる。
○【ダーククリエイター】に変身し、墓地の強烈なモンスターを場に出す。一度召喚条件を満たして場に出した【ダーククリエイター】などが最高。)
○【魂を削る死霊】になって突っつく。
○【スナイプ・ストーカー】になって色々破壊。

その他、このデッキには入っていませんが、【ノーレラス】や【終焉の王デミス】に変身し、場をリセットするのも強烈です。

■ダーク・アームドドラゴン 
効果モンスター
ドラゴン族 闇 7 2800 1000 レア
このカードは通常召喚できない。自分の墓地に存在する闇属性モンスターが3体の場合のみ、このカードを特殊召喚する事ができる。
自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上のカード1枚を破壊する事ができる。

重要・召喚制限について  「~のみ、このカードを特殊召喚できる」といったテキストが書かれているカードには、“召喚制限”が掛かっています。
こうしたカードは、たとえ墓地にあっても【リビングデッドの呼声】などで場に出すことは出来ず、異次元にあっても、【次元融合】などで場に出すことも出来ません。

“召喚制限”をいかにコントロールするか。いかに「出す」か、最初から諦めて「墓地に埋める」か?!(墓地にさえあれば、リアニメイトできなくても【ファントム・オブ・カオス】でコピーは出来る!!)

一度「召喚条件を満たして」場に出してしまえば、破壊されても、墓地から呼び出す事が出来るようになるのは“儀式モンスター”や“融合モンスター”と同じです。

【ダーク・アームド・ドラゴン】は、召喚条件がもっとも厳しいカードの一つ。実は、
「【ダークアームド】を出すぜ!」
という目的に特化したデッキを組めば、かなり簡単に出しまくれる(墓地埋めと墓地除外カードをもっと投入する)のですが、今回ご紹介したデッキは、「色々なダークモンスターで楽しむ!」というテーマですので、出しにくい【ダークアームド】は1枚だけです。

■D-HERO BIOO-D (デステニーヒーロー)
効果モンスター 戦士族 闇 8 1900 600 ウルトラレア
このカードは通常召喚できない。自分フィールド上に存在するモンスター3体を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
相手モンスター1体を指定してこのカードに装備する(この効果は1ターンに1度しか使用できず、同時に装備できるのは1体のみ)。このカードの攻撃力は、装備したモンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターは全て効果が無効化される。
 

例によって【ファントム・オブ・カオス】でコピーして、相手モンスターを奪ったり(ターンエンド時に奪ったモンスターは破壊される)出来ますが、何とか3体生贄にして場に出してみたくもありますね。

このカードの召喚は「特殊召喚」なので、実は2体場に居れば、
「一体を通常召喚して、【ブルーD】を召喚」         
できます。実はうっかり忘れている事多し。

■ダークネフティス    
効果モンスター鳥獣族 闇 8 2400 1600 スーパーレア
自分の墓地に闇属性モンスターが3体以上存在する場合、その内2体をゲームから除外する事でこのカードを手札から墓地に送る事ができる。
この効果で墓地に送られた場合、次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。
このカードの特殊召喚に成功した時、フィールド上に存在する魔法または罠カード1枚を破壊する。
 

普通に2体生贄にして出すことも出来ますし、何より、このデッキでは簡単に特殊召喚で呼び出す事が出来ます。
特殊能力の「フィールド上に存在する魔法または罠カード1枚を破壊」は、「特殊召喚さえできれば発動」なので、
【早すぎた埋葬】で場に出しても【ダーククリエイター】で場に出しても【次元融合】や【闇次元の解放】で異次元から場に出しても発動します!

しかしながら「強制発動」なので、相手の場に魔法トラップが無ければ、こっちのカードを破壊してしまいます。その点、お気をつけて。

■ダーク・クリエイター     
効果モンスター 雷族 闇 8 2300 3000 レア
このカードは通常召喚できない。自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在していない場合に特殊召喚する事ができる。
自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

このデッキの主役とも言える、強力なモンスター。
「墓地の闇属性カードが5体以上・・・」
という召喚条件は、存外に早く達成できるのですが、
「自分の場にモンスターが存在していない場合に」
と言うのが実は面倒だったりします。
しかし、出てしまった時の能力は実に強烈です。まずは、パワーも大きく、魔法カードも1枚付いてくる、【混沌の黒魔術師】を出すのがおすすめです。

コストとして異次元に送るモンスターは、あとから【次元融合】等で場に出したいカードにしておきましょう。多分、【ダーククリエイター】が何ターンも生き残る事は無いでしょうから、二の矢三の矢をつがえておくのです。

■混沌の黒魔術師   もともととんでもなく強くて1枚制限なのですが、今回、【終末の騎士】で狙って墓地に落とせるようになったばかりか、【闇次元の解放】で何度も場に出せるようになった(【混沌の黒魔術師】は破壊されると異次元にいきます。と、いう事は・・・!!)ため、一気に株が上がった感のあるモンスターです。

■収縮  【キラートマト】はともかく、【終末の騎士】(表側攻撃表示で出さざるを得ない)まで3枚入っているこのデッキでは、相手にいいように殴られて、序盤に相当のダメージを受けてしまう事になります。
そんなとき、大活躍してくれるのがこの【収縮】。パワー2700の【ゴーズ】さえ1350になり、丁度1400の【キラートマト】【終末の騎士】でも返り討ちに出来ます。

■手札断殺 手札を2枚切って、2枚引くカード。弱くなった【天使の施し】です。が!墓地を肥やす必要がある“コンボデッキ”である、このデッキでは必須のカード。墓地を肥やすと同時に、高速でデッキを掘りくれます。

相手が「後から使いたい」と考えていたカードを切らせる事も出来るので、なにげに効いている事もあります。(もっと良いカードを引くのでは・・・という考え方ももっともですが、相手は「今ある手札を前提にプレイングを決定している」ので、それが狂って損をする確率の方が高いのは自明の理です。)

■闇次元の解放 今回四種類ある“ノーマルレア”の1枚。簡単に言うと、異次元からの【リビングデッドの呼声】です。今後、とんでもなく高額なカードになっていくことが予測されます。早く集めた人が、勝ち組でしょう。

○改造するなら

色々と面白い事が出来るように幅広くモンスターを揃えているので、もうちょっと絞り込んだほうが、本当はトーナメントには向くでしょう。

逆に、
「もっともっと“暴れ牛”にしたい!」
と思われるなら、更に色々なモンスターを入れても良いでしょうね。

以下、おすすめの闇カード

■【ダーク・ホルス・ドラゴン】 でかい。召喚制限が無く、普通にリアニメートできる。八つ星なので【トレード・イン】も。

■天魔神 ノーレラス 【ファントム・オブ・カオス】でコピーしてリセットボタン。八つ星。

■終焉の王デミス 同じく、【ファントム】でコピーしてリセットボタン。八つ星。

■トーチゴーレム ブルーDとスーパーコンボ!!しかし、それはもう別のデッキでは。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 遊戯王もDM... さて、この顔... »