カードキングダム・サンダーブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムのサンダーです。
 




(画像は、㈱ブシロード様から提供され、使用許可が降りているものです。)
10月から放映が開始され、あまりの面白さに、

「なんだこりゃ!地雷アニメすぎる!」
「こりゃ見んとヤヴァイで!」

と各方面で大反響を巻き起こしている、“探偵オペラ・ミルキィホームズ”!
いや、コマーシャルなんかじゃなく、マジで僕も毎週楽しみにしていて、爆笑している訳なんですがっ!

今回、ミルキィホームズのプロデューサー、“のぶちゃんP”に直撃インタビューしてまいりました!


インタビュー日 2010/10/28

■考えるな!感じるんだ!

池っち店長 「こんにちは!お忙しい中、いきなりのインタビュー申し込みに快く応じてくださって、ありがとうございます。
さて、早速ですが“探偵オペラ・ミルキィホームズ”、めちゃくちゃ面白いですね!」

のぶちゃんP 「ありがとうございます!沢山の人に楽しんでいただけているようで、何よりです。」

池っち店長 「正直、一話と二話を見たところでは、
『ちょっともったりしてるかな・・・』
と思ったのですが、いきなり三話(注1)から弾けましたね!」

のぶちゃんP 「ネットでも、二話が面白い!と仰る『二話派』と、三話のぶっ飛び具合が面白い!という『三話派』に分かれているようですが・・・
今度四話(注2)が放映されると、『四話派』も出てくるかと。(笑)」

池っち店長 「って事は、もう、
『どの話のスタイルがミルキィホームズとして望ましいか?』
なんて考えるのがナンセンスで、どれもこれもミルキィとしては『アリ』なんですね?」

のぶちゃんP「スタッフともよく話しているんですが、ミルキィホームズを見ていただくときには、もう、力を抜いて、全然構えないで見て貰いたいな、と。
例えば、一日疲れて帰ってきて、なんとなくテレビを付けるとやってて、
『ははは。いやー、おもしろかった。明日も頑張るか。』
と言ってもらえたら最高だね、と。」

池っち店長「いやー、僕なんかまさにそんな感じで見てますよ。
僕は40代なんですが、結構おっさんキラーなネタもあって爆笑もんですわ。
こういうノリってやはり、木谷社長ブランドの意識もあって、“ギャラクシーエンジェル”(注3)が思い浮かぶんですが・・・」

のぶちゃんP「(木谷社長や里見哲朗さんら以外には)ギャラクシーエンジェルのスタッフの方々と直接お話した事があるわけではないのですが、こういった、キャラクターの魅力を掘り下げていくためろのアニメを作ろうとすると、やはりシチュエーションコメディー(注4)が一つの正着なのかな、と思います。」

池っち店長「なるほど、正着ですか。」

のぶちゃんP「連続物のストーリー重視ではなく、
『こういう時、このキャラクターならどう動くかな?』
というリアクションを楽しむ形ですね。」

池っち店長「天才バカボンとか、昔からありますよね。
そうしたリアクションの積み重ねでキャラクターの魅力が掘り下げられていく、というのは面白いと思います。」

のぶちゃんP「ただ、ミルキィホームズを『ギャグアニメ』と言ってしまうには微妙かな?と考えています。
もっと幅広さがあっていいと思いますし、これから良い意味で期待を裏切っていきたいと思いますね。」


■ヒットの要因は?

池っち店長「アニメ放映前から、ずいぶんと盛り上がっていたように思いますが、何ででしょうか?」

のぶちゃんP「それはもう、やはり応援してくださるファンの皆様といっしょにやってきた結果ですね。
声優陣も全国行脚などで、ファンの方々と直接触れ合ってきて・・・何より、彼女たち(声優四人組)が頑張りましたよ!
そうして、キャラクターだけでなく、リアルに彼女たちのファンになっていただいてきた結果だと思います。」

池っち店長「ミルキィホームズは、作り手側とファンの間がすごく近い、そこが楽しい!とは、よく言われますからね。」

のぶちゃんP「もちろん、これからはどうしても大きな小屋(イベント会場等)が多くなってくると思いますけど、店舗イベントなどでのおみやげ袋の手渡しとかは続けていって、お客様との距離は常に近いものでありたいと思いますね。」

■アニメに質問

池っち店長「ミルキィホームズ達は“トイズ”(注5)を失っていますが、あの世界、トイズが無くても探偵できるんですか?」

のぶちゃんP「まず、トイズが無いと探偵のライセンスを取れないんですよね。
今のミルキィホームズは、ライセンスを剥奪はされていないけど、探偵としての活動は許可されていない、という状況です。」

池っち店長「ハイスピードでハイテンションなアニメですが、アドリブはどのぐらい有るんですか?」

のぶちゃんP「セリフはほとんど脚本の通りですね。
アドリブが多いのは、悲鳴とかリアクションの部分。
あとやっぱり、トゥエンティさん(注6)はもう。(笑)」

池っち店長「ああ、やはり!」
↑自分の抱き枕とデートするトゥエンティ様((画像は、㈱ブシロード様から提供され、使用許可が降りているものです。))

のぶちゃんP「とにかく面白いので、自由にやっていただいています。
現場では常に、笑いを堪えるのが大変ですよ。(笑)
でも、たまに下品すぎて、さすがに収録し直すことがありますね。」

池っち店長「さすがトゥエンティ様!想像通りです!それにしても、楽しそうな現場ですね。」

■カードゲーマーに向けて


池っち店長「ミルキィホームズをあまり知らない、TCGゲーマーに向けてアピールして頂けますか?」

のぶちゃんP「まずはアニメを、肩肘はらず、力を抜いて見てください。
一話から追わなくても、適当なところから見て楽しんで頂けるように作っていますので、時間のあるときに適当に。(笑)
ただし、何度も楽しんで頂けるように作っています。見るたびに初県発見があると思いますよ。
また、ヴァイスシュヴァルツブースターのミルキィホームズ(注7)は、メイン声優のサインカードがミルキィホームズ・G4・怪盗帝国、そしてその監督官ということで合計14枚フル投入されることが決定しています!」

池っち店長「そりゃ凄い!よく集まりましたね!」

のぶちゃんP「それなんですよ!ダメもとでお願いしてみたんですが・・・一人、二人とオーケーを貰ううちに、
『彼女が書くなら、私も・・・』
と、次々に連鎖的にサインが頂ける様になったんですね!
なんというか、アニメを作ってる所とか、あらゆるところでミルキィには、前のめりな雰囲気が出来ています。
『ミルキィにだったら、協力するかな。』
と思って頂けるような。
その風潮が、ミルキィホームズの全体的なパワーになっている感じはありますね。」


■ミルキィホームズって何?

池っち店長「ズバリ、ミルキィホームズというコンテンツの魅力とはなんでしょうか?」

のぶちゃんP「これはよく話している事なんですけど、ミルキィホームズって、『祭り』だと考えているんです。
カードゲーム会社である、ブシロードのコンテンツとして立ち上げたミルキィホームズには、面白いシナジーがあるんですよ。
以前、ヴァイスシュヴァルツの講習会などで全国を回ったんですが、カードゲームの現場は、すごくお客との距離が近いんですね。
これを“ミルキィホームズ”にも活かしたいと考えました。
なので、現場と近しいプロモーションとして、皆さんと一緒に盛り上げていける形で立ち上げたんです。
僕達は神輿(みこし)を作りました。皆さん、これを中心に、ご自由に祭りを楽しんでください・・・というスタンスですね。
一緒に担いで下さる方が居るとありがたいし、踊ったり、歌ったりして楽しむ方がいてもいい。
それを見て楽しむ人がいるのも勿論だし、テキ屋を出して商売にするのも良いかと。(笑)
みんなで作る、みんなで盛り上げるのが、“ミルキィホームズという祭り”であって欲しいと思います。」

池っち店長「確かに。カードショップは、お客様との関係がとてもウェットです。
カードゲームメーカーであるブシロードさんが、そこに注目されたのは流石ですね。
本日はありがとうございました!」

注1 第三話
声優さんたちがノリにノッた、ヘンタイさん大暴走な回。
ほとんどの視聴者が、
「ああ、このアニメはこういうモノなんだ。」
と「何か」を掴んだ。

注2 第四話
横浜大樹海を舞台に繰り広げられる迷子捜索。
ぶっちゃけ、ジ◯リアニメのネタが炸裂しまくるパロディ回。
本家シャーロック・ホームズが会得していたとされる謎の東洋格闘術“バリツ”について知っていると、より楽しめる。

注3 ギャラクシーエンジェル
2001年から㈱ブロッコリーが展開した、キャラクターメディアミックス作品。
プロデューサーはミルキィホームズと同じく、木谷社長。
アニメはある意味、ギャグアニメの一つの完成体とも言われた伝説の作品。

注4 シチュエーションコメディー
コメディのジャンルの一つ。シリーズ物だが、一話完結で、ストーリー展開より、状況に合わせたキャラクターの行動、リアクションを中心として物語が展開していく。

注5 トイズ
ミルキィホームズの世界でいう超能力。“トイズ”を持つものは、探偵か怪盗になる。
ミルキィホームズのメンバーは、この能力を失っている。

注6 トゥエンティ
ミルキィホームズのライバル、“怪盗帝国”のメンバー。
自分の絵がプリントされた抱き枕とデートする、究極のナルシスト。変態。
彼の激しすぎる喘ぎ声が、このアニメが深夜枠である必然性を雄弁に物語っている。

注7 ブースターパック 探偵オペラ ミルキィホームズ
2010年12月24日(金)発売!よろしければ、カードキングダムでご予約をお願いいたします。

ミルキィホームズ公式サイト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« カードキング... MELTY BLOOD(... »