カードキングダムブログ
全国チェーンのカードゲームショップ、カードキングダムです。
 





皆さん、37弾はお楽しみかな?

ひとつのデッキを大事に育て続けるのも大事だけど、新システムを取り入れた最新デッキをいち早く完成させて、情報面、経験面で一歩リードするのも楽しいもの。

今回は、36弾で登場し、37弾の《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》で一気に面白くなってきた、マーシャルタッチとマナ爆誕のデッキをご紹介しよう。

相手のクリーチャーは次々に全滅。ついでにマナも増えまくる!

想像以上に面白い動きで、《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》が出てからは、まさにデッキそのものが「覚醒」したように爆発的な動きを始めるぞ!

<!-- シロガシラデッキ解説動画 -->


『大地竜機シロガシラ・ジュカイデッキ』

3×解体人形ジェニー 16弾 CDP3
3×威牙の幻ハンゾウ(ニンジャ) 29弾 DMC63
3×デーモン・ハンド(Sトリガー) CDP4 DMC63 などなど
1×ロスト・ソウル CDP4 CDP3 など

2×ビクトリー・アップル(フォートE) 20弾
2×雪布妖精ユウコ(マナ爆誕) 36弾
3×青銅の鎧 CDP4 DMC55 などなど
3×アラゴト・ムスビ(マナ爆誕 マーシャルタッチ) 37弾
4×未来設計図(Sトリガー) 36弾

2×火炎の流星ソンクン(マーシャルタッチ) 36弾
2×隻眼の粉砕脚ポン吉(マーシャルタッチ) 36弾
2×分解屋ゲンナイ(マーシャルタッチ) 37弾
3×サラマンダー・リザード(マーシャルタッチ) 36弾
3×アブドーラ・フレイム・ドラゴン(マーシャルタッチ) 37弾

1×鎧亞の咆哮キリュー・ジルウェス 25弾 CDP4
3×大地竜機シロガシラ・ジュカイ(マナ爆誕) 37弾


大地竜機シロガシラ・ジュカイ 
 7コスト(火&自然) アーマード・ドラゴン/ガイア・コマンド 6000
カンフー・ソウル
ワイルド・ソウル
■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
■このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を見る。
その中に「マナ爆誕」能力を持つクリーチャーがあれば1体、タップして自分のマナゾーンに置き、「マーシャル・タッチ」能力を持つクリーチャーがあれば1体、バトルゾーンに出してもよい。
その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
■W・ブレイカー
■マナ爆誕9


《シロガシラ・ジュカイ》そのものは、どうやら“マーシャル・タッチ”と“マナ爆誕”を生かすために作られたカード、いわゆる

「デザイナーデッキのキーカード」

のようだ。

カードを作っている人達がもともと、デッキの完成形をあるていど予想してデザインしているものと考えられるカードだね。

デッキビルダーとしては、デザイナーの予想する完成形の「正解」に近づけるか、あるいは、意外なカードの投入で、その予想を上回れるか、そこが挑戦しがいのあるテーマだと思う。

今回のデッキは、我々なりに「直球勝負」で、本来の使い方だろう、と思われる方向に極めてみた!(変化球については最後に。)

《ビクトリー・アップル》が入る!というのは、研究していて途中で発覚した事なんだけど、どんなデッキも練れば練るほど奥深くなるものだなぁ、と今更ながら思ったね。


◯デッキの使い方

《未来設計図》→《青銅の鎧》→《アラゴト・ムスビ》→《シロガシラ・ジュカイ》。

最速、5ターン目に《シロガシラ・ジュカイ》。

単に《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》を早く出すだけなら、《フェアリー・ギフト》を使ったり、いろいろ方法はあるけど、そうすると『マーシャル・タッチ』や『マナ爆誕』の枚数を減らさねばならなくなり、デッキの安定性、コンボ成功率を落としてしまう。

《シロガシラ・ジュカイ》を早く出すのがテーマではなく、新システムを生かすのが目的だからね。

さて、《シロガシラ・ジュカイ》が召喚できたら、やりたい放題だ。

《シロガシラ・ジュカイ》自身、または何でもいいからクリーチャーを召喚する。(効果で「出す」では駄目! 必ず「召喚」しよう!)

《シロガシラ・ジュカイ》の効果で、デッキの上から3枚を見る。

『マナ爆誕』があればマナゾーンへ。『マーシャル・タッチ』があれば場に出す。(「出す」なので、《シロガシラ・ジュカイ》はの効果は起動しないぞ)

『マーシャルタッチ』の効果を使い、例えば《青銅の鎧》を手札に戻す。

残ったマナで、またまた《青銅の鎧》を召喚する。

「召喚」なので《シロガシラ・ジュカイ》でデッキをめくる。またまた『マーシャルタッチ』を場に出す・・・

マナ爆誕がマナゾーンに行ってれば、マナは増えているだろうし、《青銅》自身マナを増やしてくれるから、この動きが何度か繰り返されるだろう。

めくった3枚の中に『マーシャルタッチ』がいなくて連鎖が止まったら、マナゾーンにいる《雪布妖精ユウコ》あたりをマナ爆誕で召喚し、再び《シロガシラ・ジュカイ》の能力を発動させる。

大体、1ターンに4回ぐらい、次々に場に出しまくることが出来るはずだ。

もちろんその度に、『マーシャルタッチ』の効果が発動して、相手の場のクリーチャーがドカスカ破壊されていっているハズだ!

■各カード解説

◯解体人形ジェニー 
マーシャル・タッチは自分のクリーチャーを手札に戻して発動する。
ならば、「手札に戻してうれしいカード」を戻したい。

先に出しておけるある程度の軽さ、場に出た時の能力の強さを両立できるカードといえば、最強はやはり《ジェニー》だろう。

◯威牙の幻ハンゾウ 
闇文明の色数合わせ、防御面のパワーアップ、そして重いが、一応マーシャルタッチのことを考えて、

「強力な場に出たときの効果」

がある事を考えると、やはりこのカードは鉄板だ。

◯ロスト・ソウル 
《解体人形ジェニー》でキーカードは落とし続けていけるだろうが、やはり最終的には丸裸にしてやりたい。

このデッキなら、7マナはすぐ到達する。

《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》がキーカードのデッキなので、相手の手札に除去がない状況を作り、安心して《シロガシラ・ジュカイ》を出したいものだ。

◯ビクトリー・アップル
意外なスーパーシナジーカード!

フォート・E(そんなシステムがあったことすら忘れてたわ!)で召喚すると、マナは増えるわ、キーカードは手札に戻るわ。

おまけに《ビクトリー・アップル》召喚で《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》の効果は発動するわで、ドえらい事に!

そもそも、マナゾーンに置いておいた《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》を手札に戻したり、破壊された《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》を墓地からマナに置いてマナ爆誕させたり、保険としても強い!

さらにさらに、最後のトドメカード《キリュー・ジルヴィス》を持ってくるにも使える。この勝ちパターンが実に多い!

◯雪布妖精ユウコ 
《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》を召喚したあと、手札がなくても、コイツがマナゾーンにあればオールオーケー。

◯アラゴト・ムスビ
序盤に最もマーシャルタッチしたいカード。マナが増える。

◯未来設計図 
こういった「クリーチャーコンボ」のデッキの動きを安定させるには、とても役立つ強力なカードだ。

2ターン目に使って、3ターン目に出せる《青銅の鎧》を見つけてこれるだけで充分。

いやぶっちゃけ、それこそが最大の仕事と言っていいだろう。

「3ターン目《青銅の鎧》」の安定度が倍近くになる。この強さが分からないデュエルマスターズプレイヤーはいないだろう。

◯火炎の流星ソンクン
マーシャルタッチでブロッカー破壊。軽くて使いやすい。

◯隻眼の粉砕脚ポン吉
最もよく使うであろうマーシャルタッチ。

効果発動でパワー2000以下のクリーチャーを破壊する。

何が強いって、実はマーシャルタッチの効果そのものより、《青銅の鎧》や《解体人形ジェニー》の効果を使いまわせる事だろう。

敵に回したとき、クリーチャー&《解体人形ジェニー》を回収されると絶望的な気持ちになる。

◯分解屋ゲンナイ
光・水の5マナ以下クリーチャーを破壊する「たらればカード」。
が、《未来設計図》のようなサーチカードが入っているデッキでは、こうした「たらればカード」は、タッチで入れているだけで、必要な時に手札に加えやすくなる。

◯サラマンダー・リザード
戻したクリーチャーのコスト以下のクリーチャーを破壊する、ちょっと変わったマーシャルタッチ。

場合によっては、《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》を戻して、7マナ以下クリーチャーを破壊する、という選択肢も大いにある。

試合がもつれたとき、《ハンゾウ》をもどして相手の7マナ以下を破壊し、さらに《ハンゾウ》を出して・・・という、除去コントロール的な動きになることもあるだろう。

◯アブドーラ・フレイム・ドラゴン
パワー4000以下全滅。 
自分のクリーチャーも全部吹っ飛ぶので、出すか出さないかは考えて。

◯鎧亞の咆哮キリュー・ジルウェス
前述した通り、最後に《ビクトリー・アップル》でマナから回収して、超展開したマーシャルタッチを全員スピードアタッカーにして、敵にトドメを刺す使い方が最高!

絵空事に見えるかも知れないけど、デッキに使い慣れてくると、かなりの高確率でキマる!

■改造するなら
僕達としては、これがかなり練りこんだ自信のあるレシピだけど、《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》は、何といっても出たばかりのカードだ。

まだまだ意外なカードとのシナジーがあるかも知れない。ぜひ皆さんも研究してみて欲しい。


さて、最後にオマケとして、最初に言ってた「変化球」についてネタだけ書いておこう。

《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を投入し、《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》がいる状況で呪文を使い、G・ゼロで《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を召喚する。

《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》の効果が発動する。
(グラヴィティ・ゼロは「場に出す」ではなく「召喚」なので、効果がちゃんと発動する。)

デッキに15~20枚ぐらいのマーシャル・タッチカードを入れておけば、デッキを3枚めくれば、おそらくはマーシャルタッチのカードが出るだろう。

そいつを場に出し、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を手札に戻す。

再びG・ゼロで《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を召喚する。

以下繰り返し。めくった3枚のカードにマーシャルタッチがある限り、ずっとコストゼロでコンボを続けられる!

変なコンボだし、これをエックスデッキ(注)にしようかな?とも考えていたのだけど・・・

バランス調整が難しい上に、どー考えても、今回ご紹介した「普通の《大地竜機シロガシラ・ジュカイ》デッキ」の方が強いので、いったん保留(ボツかなぁ・・・)になった。

挑戦してみよう!という人は、ぜひ頑張ってみて欲しい。

呪文がある程度欲しいから、闇の代わりに水になるのかなぁ・・・《コーライル》とか《パクリオ》を戻すとか。

ではまた。

注・エックスデッキ
カードキングダムで3ボックスお買い上げのお客様に配布する、購入者特典1年間秘密デッキ記事のこと。

その弾を研究して一週間以内にできたデッキのうちで、

「一番面白い!」

と僕が思ったものをエックスデッキにしています。

今回のエックスデッキも、なかなかに裏技的なデッキになりました。

全国のカードキングダム、または通信販売で配布中です。

予約してなくても、今からでも手に入れることが出来ますので、よろしく!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 37弾暗黒の野... カードキング... »