東京コンサルティンググループ・トルコブログ

毎週火曜日更新
トルコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、トルコの旬な情報をお届けします。

労働許可証取得時のKEP及び電子署名の登録義務について

2017年11月21日 | トルコの投資環境・経済

こんにちは、トルコ駐在員の高津です。

今週は労働許可証取得時のレギュレーション変更について記載していきます。

 

2017年10月25日に労働社会保険省より発表された情報によると、今後労働許可証申請時にKEP(Kayıtlı Elektronik Posta邦訳:電子登記住所)に登録する必要があります。

KEPとはE-devlet(電子政府)の機能の一つであり政府期間等と書類の送受信を行うことができるシステムとなります。

また、KEP登録時には電子署名も登録する必要があります。この電子署名を用いた申請を行うことが労働許可証申請に必須となります。

<参考>

https://www.csgb.gov.tr/uigm/announcements/calisma-izinleri-basvuru-sisteminin-yenilenmesi/

 

以上です。

 

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

 

高津 幸城


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間外労働申請レギュレーシ... | トップ | CEマーキング制度 »
最近の画像もっと見る

トルコの投資環境・経済」カテゴリの最新記事