タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

土地の保有について

2017年06月07日 16時59分49秒 | タイの法務

タイの土地法では、特例措置を除き、外国人がタイ国内の土地を所有することを原則として禁止しています。また、外国企業の土地保有につき、土地法上では、「外国人が49%以上の資本株式を保有している場合、または外国人が株主の半数以上を占めている場合、タイ現地法人は、外国人に含まれる」とされ、規制の対象になります。
しかし、特別措置として、投資委員会(BOI)やタイ工業団地公団(IEAT)の認可・奨励のある企業は土地を所有することが認められています。

 

参考資料

Thai land laws Thailand Land Code Act

http://www.thailandlawonline.com/thai-real-estate-law/thai-land-law-land-code-act#1

 

 

 

以上

東京コンサルティングファーム

植村 寛子


 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会計業務をただの作業と捉え... | トップ | 慣習と労務管理について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの法務」カテゴリの最新記事