タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

慣習と労務管理について

2017年06月14日 11時25分43秒 | タイの労務

タイの労働慣習と労務管理について、タイではワーカーとマネージャークラスの人材が不足しており、優秀な人材を集めることが難しい状況です。人材の流動性が高いために、就業期間の長短に関わらず、転職に対する抵抗感が少なく、処遇(給与、ポスト等)次第で簡単に職場を変える、いわゆるジョブホッピングの傾向が見られます。特に、マネージャー層、若年層でこの傾向が強くなっています。そのため、エンジニアやマネージャーなどの募集に際しての給与水準や企業の立地といった雇用条件の決定にあたっては、競合他社の条件などに留意する必要があります。

また、タイでの現地スタッフを管理する上で特に注意しなければならないのは、当人のプライドを傷つけないように指導をすることです。タイ人は体面を重視する傾向が強いため、ミスに対して他の従業員の前で叱咤を加える等、プライドを傷つけられたと感じる行為を受けた場合には、すぐに転職するか、または他の従業員も巻き込んで大きな問題に発展してしまうこともあるため、注意が必要です。

 

以上

東京コンサルティングファーム

植村 寛子


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土地の保有について | トップ | 【BOIの概要に関して】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL