タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

住所登記変更に関して

2017年10月18日 10時30分29秒 | タイの法務

いつもお世話になっております。

TCF(Thailand)の高橋です。

 

今回のブログでは、住所変更登記の際の

手続きに関して説明していきたいと思います。

 

住所変更手続きには歳入局・商務省・SSF(社会保険)への登録が必要となっております。

下記、各手続きの申請書類となります。

 

1.歳入局(RD)への提出書類(現オフィスの解約)

 

現オフィスの登録キャンセルを行う必要がございます。

必要な文書は下記の通りです。

 

- PorPor 09 * 4セット

- 会社の宣誓供述書(Affidavit)のコピー* 1セット

- Directorのパスポートのコピー

(写真ページ、ビザページ、最後のスタンプページ、Departureカード)* 1セットずつ

- TorRor 9000と住宅登録簿(タビアンバーン)または土地若しくはビルのオーナー同意書* 1セット

- 新しいオフィスの写真2枚(会社の看板が見える写真と会社のロゴを示す写真)* 1セット

- 新しいオフィスの地図(担当官視察があるため)* 2セット

- POA(本人が行かない場合)

新しいオフィスに移動する15日前には最低上記文書を提出する必要があります。

 

2.歳入局(RD)への提出書類(新オフィスの登記)

 

新オフィスの登記が必要です。

必要な文書は下記の通りです。

  

- PorPor 09 * 4セット

- 会社の宣誓供述書(Affidavit)のコピー* 1セット

- Directorのパスポートのコピー

(写真ページ、ビザページ、最後のスタンプページ、Departureカード)* 1セットずつ

- PorPor 01~09のコピー(ある場合)* 1セット

- 旧オフィスを解約した際に提出したPorPor 09のコピー* 1セット

- POA(本人が行かない場合)

- PorPor20の原本

- 土地売り手との契約書若しくは住宅登録簿(タビアンバーン)* 1セット

- ローン契約書のコピー* 1セット

- 地図* 2セット

- 内部写真、外部写真、会社のロゴの見える写真* 2セット

 新しいオフィスに移動する15日前に最低文書を提出する必要があります。

 

3.商務省(DBD)への登録

 

株主総会を開催し、株主から臨時決議を受けて、新しい場所にオフィスを移す必要があります。

株主総会後、14日以内にDBDに登録する必要があります。

必要な文書は次のとおりです。

- BOJ1

- 登録証明書

- BOJ4

- Directorのパスポートのコピー

(写真ページ、ビザページ、最後のスタンプページ、Departureカード)* 1セットずつ

 -POA(本人が行かない場合)

 - 地図*2セット

 

3.社会保険(SSF)の登録

 

登記にあたりSSFに登録しなければなりません。

必要文書は以下の通りです:

- SSO 6-15

- 地図*1セット

- 新しいオフィスでの宣誓供述書のコピー(DBDでの登記後)

- 新オフィスの社内写真

 

各省、承認自体は書類提出後、約1日で承認が下ります。

もし現在、事業を行うにあたりライセンスをお持ちでしたら、

ライセンス改訂も必要となってまいります。

 

以上、何かその他のことに関しましてもタイビジネスで御不明点等がございましたら、気兼ねなくお問い合わせいただければ幸いでございます。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解雇通知書について | トップ | 『定年』について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの法務」カテゴリの最新記事