タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

90日レポートについて

2018年01月10日 09時33分23秒 | タイの会計

タイに継続して90日以上滞在する外国人は、90日毎にイミグレーションに居住地を報告しなければならないという制度(=90日レポート)がございます。

90日目前15日及び90日後7日の間にレポートの提出が必要です。当該期間内の申請は、オンライン及び郵送から可能となっています。

提出書類は以下の通りです。

1. パスポート原本

2. パスポートのコピー ※コピーに署名の記載が必要

(顔写真ページ、ビザページ、最新の入国スタンプのページ、出国カード)

3. 申請用紙(TM.47)

 

なお、当該期間を過ぎて90日レポートを提出する場合、申請者本人がイミグレーションで手続きを行う必要があり、ペナルティの支払い(2,000THB)が発生します。

なお、出国時に90日レポートの未提出が発覚した際には、4,000THBのペナルティが発生致しますので、ご留意頂ければ幸いです。

 

 

以上、宜しくお願い致します。

以上

東京コンサルティングファーム

植村 寛子

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイの法人所得税 | トップ | タイの財務諸表作成に関して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの会計」カテゴリの最新記事