タイ進出コンサルティングの東京コンサルティングファーム | タイ駐在員ブログ

毎週水曜日更新
タイへの進出をコンサルティングしている駐在員が、タイの旬な情報をお届けします。

試用期間について

2017年05月31日 09時59分26秒 | タイの労務

タイでは試用期間を設定することが法的に認められています。ただし、120日以上の試用期間を設定し、120日を越えてから解雇した場合は、試用期間中であっても雇用者は解雇手当を支払わなければなりません。そのため、タイであ119日以内で使用期間を設定するケースが多くなっています。

 

また、試用期間中は予告なしに解雇できるという契約をした場合であっても、試用期間を終了させることは解雇と同様とみなされるので、試用期間のみでその後、正式に採用をしない場合であれば、試用期間満了1ヶ月前の通知が必要となります。タイでも日本と同様、労働者の解雇には合理的な理由がなければなりませんが、試用期間中の仕事への取り組み方や能力を見て、能力不足を理由とした解雇をすることは判例上認められています。

採用面接だけでは、従業員の野力を判断するのは難しいため、多くの企業が試用期間を設定し、採用に役立てています。

 

以上

東京コンサルティングファーム

植村寛子


 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイの経理の現状 | トップ | 会計業務をただの作業と捉え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの労務」カテゴリの最新記事