シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

Overtime(正社員とパートタイム)

2017年04月17日 | シンガポールの労務

 皆さん、こんにちは。シンガポール駐在員の岩城です。前回はパートタイムのその他休暇について確認しましたが、今回はOvertime、つまり残業手当についてです。

 

Employment Act Part IV/Employment (Part-Time Employees) Regulationsの項目について>

 

Employment Act Part IV

Employment Regulations

・Rest Day

・Items to be specified in contract service

・Work on rest day

・Payment for work on rest day

・Hours of work

・Overtime Pay

・Task work

・Holidays

・Shift workers, etc.

・Annual Leave

・Annual Leave

・Sick Leave

・Payment of retrenchment benefit

・Maternity benefits

・Priority of retirement benefits, etc.

・Application of Act

・Retirement benefit

 

・Payment of annual wage supplement or other variable payment

 

※関係のある項目のみ抜粋

 

前回のおさらいですが、両者に同様の項目がある場合、Employment Regulationsでパートタイム向けに特別規定されていると理解してください。

 

今回は、Overtime、残業代について確認してみましょう。

 

パートタイムについても、一日の規定就業時間を超えて勤務する場合には、残業手当の支給を受けることとなります。残業手当の計算については、正社員の規定就業時間を超える場合と超えない場合によって変わります。

 

①正社員の規定就業時間を超えない範囲での残業については、基本時間給を就労した時間を乗じて計算します。

②正社員の規定就業時間を超えて残業する場合には、基本時間給を1.5倍にして就労した時間を乗じて計算します。

 

具体例でみていきます。

<条件>

1. パートタイムの1日の規定就労時間は4時間

2. パートタイムの基本時間給は$15

3. 正社員の1日の規定就労時間は8時間

 

<ケース1>

パートタイムが6時間働いた場合

 

単純に$15×6h=$90がその日の給与となります。

 

<ケース2>

パートタイムが10時間働いた場合

 

正社員の規定就労時間までの給与は$15×8h=$90となります。

それを超えた分については、$15×1.5×2h=$45となり、計$135がその日の給与となります。

 

 

 

【問い合わせ先】

Tokyo Consulting Firm Co. Pte. Ltd.,

岩城 徳朗(iwaki noriaki)

iwaki.noriaki@tokyoconsultinggroup.com

+65-8363-9858

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Maternity Leave(正社員とパ... | トップ | Rest Day(正社員とパートタ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む