シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

(Q&A)個人銀行口座の開設について

2017年08月14日 | シンガポールの投資環境・経済

皆さん、こんにちは。シンガポール駐在員の岩城です。シンガポールにおける個人銀行口座の開設についてご案内します。

 

Q.EPの認可がおり、シンガポールに渡航後すぐに銀行口座を開設したいと思っています。銀行口座開設のためにはどういった費用が必要でしょうか。また注意すべき事項はありますでしょうか。

 

A. 駐在員の皆さんは赴任後すぐに口座を持ちたいと思うのが一般的ですが、銀行口座開設には①EPカードと②住所証明(賃貸契約書等)が必要になります。

以前はEP認可のレター(いわゆるIPA)のみで口座開設することができましたが、現在は厳しくなっており、上記二つの書類が必須となっています。銀行のオフィサーによってはIPAのみでも開設を認めるケースが多いようですが、ほぼまれなケースと考えてください。

 

銀行口座の開設は各現地銀行の支店に行くことで即発行されます。DBS銀行においてはデポジットも必要もありません。他行については都度確認する必要があります。また、日系のメガバンクはシンガポールにもありますが、個人口座は扱っていないため、一般的にローカルのDBSやUOB、OCBCで開設するケースが多いかと思います。

 

また、クレジットカードの申請は最初の税務申告が完了するまではできないものと考えてください。シンガポールにおいて公的な所得証明となるものが赴任間もない頃には出ないため、信用調査の段階で却下されることとなります。給与明細書をもって対応することもできないため、最初の税務申告が完了するのを待つのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

 

【問い合わせ先】

Tokyo Consulting Firm Co. Pte. Ltd.,

岩城 徳朗(iwaki noriaki)

iwaki.noriaki@tokyoconsultinggroup.com

+65-8363-9858

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Watch ListにかかるMOMセミナー | トップ | (Q&A)個人銀行口座の開設につ... »
最近の画像もっと見る

シンガポールの投資環境・経済」カテゴリの最新記事