シンガポール進出支援ブログ/東京コンサルティンググループ

毎週金曜日更新
TCG・シンガポール駐在員より最新情報を提供し、シンガポール進出支援をサポートします。

(Q&A)物価上昇率と昇給

2017年06月12日 | シンガポールの労務

 皆さん、こんにちは。シンガポール駐在員の岩城です。シンガポールにおける物価上昇率と昇給の連動性について、質問事例を用いてご紹介いたします。

 

Q1. シンガポールにおいて、昇給率を算出するロジックに物価上昇率は考慮するのでしょうか?

 

A1.シンガポールにおいて、物価上昇率を昇給に考慮しない企業がほとんどとなります。5月23日に2016年4月からの1年間の物価上昇率が発表され、0.4%という結果が出ています。このような低水準であることから、シンガポールにおいては、物価上昇率を昇給に連動させることはほとんどしておりません。

 

周辺国においては、まだまだ物価上昇率が高水準にあるため、昇給と連動させベース給を引き上げることもありますが、シンガポールにおいては行われません。

 

Q2. 物価上昇率を考慮する場合、どの機関が発表したどの項目の物価上昇率を適用するのでしょうか?

 

A2. 仮に物価上昇率を考慮するとした場合、Statics Singapore(政府機関)が発表するSingapore’s Consumer Price Index(CPI)を使用することが一般的です。上記数値もCPIが発表した数値となっております。

 

このCPIが発表されてから毎年の昇給を決定するという企業もありますが、上述の通りシンガポールにおいては考慮されない結果となることがほとんどとなります。

 

 

 

 

 

【問い合わせ先】

Tokyo Consulting Firm Co. Pte. Ltd.,

岩城 徳朗(iwaki noriaki)

iwaki.noriaki@tokyoconsultinggroup.com

+65-8363-9858

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (Q&A)EPの有効性(シンガポー... | トップ | (Q&A)DP所有者の採用 »
最近の画像もっと見る

シンガポールの労務」カテゴリの最新記事