東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

国外出張時の賃金

2017年07月13日 09時29分13秒 | フィリピンの経営

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「国外出張時の賃金」についてのご質問にお答えします。

 

Q. フィリピン人の従業員が日本に半年から一年出張した場合、日本の最低賃金を基に給与を支給することになるのでしょうか、それともフィリピンの最低賃金を基にすることになるのでしょうか。また、そもそも半年から一年の出張は出張とみなされますか。

 

A. まず、出張される方が貴社フィリピン法人と雇用契約を結んでいる、ということであれば、賃金も必然的にフィリピンの最低賃金に基づきます。

次に出張とみなされるかどうかですが、フィリピン法における出張の定義に、特定の期間までを出張とみなす、というようなものがないようなので、会社で出張と定義したものであれば、半年から一年の期間の場合も出張とみなされます。

 それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 固定資産とその原価償却方法... | トップ | フィリピンの税務調査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL