東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピンQ&A Business Taxについて

2017年02月09日 10時53分20秒 | フィリピンの税務

こんにちは、フィリピン駐在員の大橋です。

 

今週のブログはフィリピンのQ&Aについて書かせて頂きます。

 

Q Business Taxについて

 

年に一度の営業許可書の更新にあたり、City HallにBusiness taxを支払う必要が御座います。

流れとしましては、City Hallにて必要資料を提出した後、

City Hall側でBusiness Taxの金額算定(Assessment)を行います。

上記Assessmentを受けてのBusiness taxの算出額に関しては、通常売上に対して2%のBusiness Taxが生じます。

 

これは利益にではなく、売上高に比例して増加していきますので、フィリピン子会社や支店の資金繰りにインパクトを与えることから、予め予算に組み込んで頂く必要があります。

 

弊社では、お客様には事前に12月時点で概算額を算出して、当該税額に係るコストをお伝えさせて頂いております。

 

また、MuntinlupaのCity Hallでは、駐在員事務所や倉庫に対しては、一般的に売上がないため費用に対して2%を課すという2011年公布のMemorandumを突然引っ張り出して過去に遡って追徴課税までしてくるケースも実際にありますので事前確認も含めてご注意頂く必要がございます。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピンの税務あるある⑤ | トップ | 退職承認通知書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL