東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピン人の解雇を穏便に進める

2017年04月13日 13時24分52秒 | フィリピンの労務

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。

引き続きフィリピンの労務Q&Aについてお伝えします。

 

先週はフィリピン人の試用期間打切りについてお話をしました。従業員が会社に反感を持ってしまうとDOLEへ苦情を持ち込まれ、手間がかかることが予想されます。

 

そのため、できる限り従業員のことを思いやって柔らかい言葉を選びつつ、会社の求める能力に不足していたことを伝えて、正社員雇用は難しい旨を伝えてあげる必要があります。

 

可能であれば自主退職を進めて頂き、それに応じないようであればやむなく試用期間を打ち切るという形で話を進められるといいかと思います。

その間、従業員の方が話したいことがあるならば、話は全て聞いてあげると良いです。話すことですっきりされることも多いかと思います。

自主退職を選ばれた場合には、退職の意思をあらわしてもらう書類を作成してもらい、書類へのサインを忘れずにもらうことが重要です。

 

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹

 

 

2016年にTCGグループ内で「TCF HR MANAGEMENT INC.」という会社を設立し、今まで行っていた人事制度や教育制度のサポートに加え、人材紹介という採用のお手伝いもさせていただけるようになりました。お気軽にお問合せ下さい。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピンQ&A 製造と輸入販... | トップ | フィリピンにおける進出形態①... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL