東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

居住代理人の権限

2017年05月18日 15時17分15秒 | フィリピンの法務

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「居住代理人の権限」についてのご質問にお答えします。

 

Q. 【居住代理人】について詳細をお聞かせいただければと思います。(居住代理人の権限など。)

 

A. 居住代理人につきましては、フィリピンの国籍をお持ちの方か、外国人でも一年以上の期間のある就労ビザをお持ちであれば居住代理人になることができます。

会社のコンプライアンスに責任を持つ立場となり、SECに提出するGeneral Information Sheet(日本の登記簿謄本に相当します。)など政府機関に提出する書類へのサインをする権限を持っております。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Transfer Taxについて | トップ | フィリピンQ&A フィリピンの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL