東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

PhilHealthの料率改訂 (2018/1/1~)

2017年12月21日 09時59分41秒 | フィリピンの労務

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。今回はフィルヘルス(Philhealth)から通達された料率の改訂についてです。

 

2017年11月9日の通達(No. 2017-0054)によれば、Philhealthは2018年1月1日付けで、国家健康保険プログラム(NHIP)を維持するために、拠出金の値上げを行います。

https://www.philhealth.gov.ph/circulars/2017/circ2017-0024.pdf

 

変更後の料率:(基本給x 2.75%)

基本給

合計拠出金

従業員負担分

雇用者負担分

P10,000以下

P275.00

P137.50

P137.50

P10,001 – P39,999.99

P275.02 – P1,099.99

P137.51 – P549.99

P137.51 – P549.99

P40,000以上

P1,100.00

P550.00

P550.00

 

従業員負担と雇用者負担の割合は継続して同額です。今回、下限と上限に値上げが行われた他、その中間所得者については一律2.75%を計算する方式になりました。

 

Philhealth質問先:

actioncenter@philhealth.gov.ph

 

それでは今週も宜しくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリピンにおける個人所得... | トップ | 駐在員に係るビザの取得(9A... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの労務」カテゴリの最新記事