東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

フィリピン航空再建とドゥテルテ政権

2017年11月30日 09時41分01秒 | フィリピンの投資環境・経済

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。今回はフィリピン航空の未払金の決着と大統領の影響力についてです。

 

フィリピン航空は1999年から第2ターミナルをほぼ独占的に使用してきましたが、政府や航空局等に対する未払金が72億ペソに達すると報じられていました。その後ドゥテルテ大統領は、フィリピン航空にすぐに支払いを行わなければ第2ターミナルを閉鎖すると伝えました。

 

フィリピン航空のClara de Castro氏は11月3日、フィリピン民間航空局 (CAAP) およびマニラ国際航空当局(MIAA)に対して、妥協額である60億ペソを小切手で支払いました。信頼を回復するために、支払い期限の2017年12月末よりも早く決済を行ったことになります。

 

 フィリピン航空は激化する航空業界の競争の中、大きな累計損失を計上しています。しかしながら外資を受け、赤字を脱却するための計画をまとめており、大きな転換期にあります。こうした厳しい経営の状況下であっても、ドゥテルテ氏の発言により長い間滞納されていた未納金をまとめて決済することに見られるように、大統領の民間大手企業に対する影響力の強さが見られます。

 

 

それでは今週も宜しくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新規法人設立時の検討事項 | トップ | 不当な税金逃れへの訴訟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの投資環境・経済」カテゴリの最新記事