東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

会議費の経費計上

2017年06月15日 14時35分49秒 | フィリピンの税務

東京コンサルティングファームフィリピン・セブ支店長の日比野です。

引き続きフィリピンの税務Q&Aについてお伝えします。

 

Q. フィリピンの会議費 (Meeting Expense) の計上について教えて下さい。

 

A. 日本では税務上飲食費について、会議費と交際費の判定をする際、

5,000円基準や領収書への明細の記載が要件となります。

一方、フィリピンにおいては、オフィシャルレシート(OR)が保管されていれば、全額損金算入ができるとされています。

 

ただし、税務局(BIR)の担当官により、ORへの保管だけでなく、会議の開催メンバーや使途についても書面にて記載するように指摘する場合もあります。税務リスクを避ける意味と管理面においてORに添付する書面を残しておくことが良いと考えられます。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 セブ支店 日比野和樹


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投資奨励施策①-PEZAについて | トップ | 支店設立の手続き(フィリピ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィリピンの税務」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL