東京コンサルティンググループ・フィリピンブログ

毎週木曜日更新
東京コンサルティンググループ・フィリピン駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Wiki-Investment

フィリピンQ&A 自社の従業員を親会社で就労させる場合の制限について

2017年03月30日 14時49分43秒 | フィリピンの労務

こんにちは、フィリピン駐在員の田辺です。

 

今週のブログはフィリピンのQ&Aについて書かせて頂きます。

 

Q 自社の従業員を日本の親会社で就労させる際に、何か制限があるのか?

 

→フィリピン海外雇用庁(POEA)に確認したところ、自社の従業員を海外の親会社に送り出す場合には5人が上限人数になっているということです。この場合にはフィリピン法人との雇用関係を終了させ、親会社への転籍出向の形で送り出せば5人の制限にはかからないものと考えます。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

以上


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有給休暇のルール①

2017年03月30日 14時47分46秒 | フィリピンの労務

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「有給休暇のルール」についてのご質問にお答えします。

 

Q. フィリピン人を採用する場合、6か月間を試用期間、6か月以降は正社員にするのが一般的かと思いますが、vacation leave, sick leave 等は、入社後直ぐに与えられるのでしょうか。1年後などのルールはありますでしょうか。

その場合、vacation leave, sick leave 等の有効日数は、DOLEである程度、規定されているのでしょうか。各会社で決めるのが一般的でしょうか。

 

A. 労働法では1年以上勤務した全ての従業員に最低年5日の有給休暇を付与することが定められています。

しかし、入社後1年以内にvacation leave, sick leave等を付与される企業様もありますので、貴社の規定に併せて付与されるのがよろしいかと思います。

なお、vacation leave5日, sick leave5日を付与されている企業が多いです。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピンQ&A フィリピンにおけるマネジメントのコツについて

2017年03月23日 14時46分14秒 | フィリピンの労務

こんにちは、フィリピン駐在員の田辺です。

 

今週のブログはフィリピンのQ&Aについて書かせて頂きます。

 

Q フィリピンにおけるマネジメントのコツは何でしょうか。

 

→フィリピンにおけるマネジメントのコツは色々とあると思いますが、私はフィリピン人の方々、及びフィリピンという国・文化等すべての事に対して「感謝、信頼、尊敬」の気持ちを十分に持って、マネジメントを行うことがコツではないかと思います。これらの気持ちが持てていればフィリピン人の方々と信頼関係が生まれ、知恵や協力が集まり、なされようとしていることを前に進められるのではないかと思います。

 

これは数年前に、フィリピンのとあるタクシー会社のドライバーの方に雑談交じりに教わった内容なのですが、いまだにその会話は新鮮に記憶しており、マネジメントにおける本質の一つだと思っております。

 

参考にして頂ければ幸いです。

 

今週も、どうぞよろしくお願い致します。

以上


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピンにおける確定申告

2017年03月23日 14時45分21秒 | フィリピンの税務

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「フィリピンにおける確定申告」についてのご質問にお答えします。

 

Q. 駐在員で日本とフィリピンどちらでもフィリピンで働いた対価として給与をもらっている場合、どうやって確定申告を行うのでしょうか。先週PEZAビザがようやく取得できたところです。

 

A. PEZAビザを取得してからのフィリピンで働いた労働の対価がフィリピンでの確定申告の対象となります。毎月の税務申告ではフィリピンの給与額のみ源泉して申告し、日本側給与につきましては確定申告で未申告分の給与の税金をフィリピンで納めるというのが一般的です。

これは、日本側の受け取り給与分をフィリピンのローカルスタッフに知らせないためという目的があります。なお、日本側での確定申告は必要ありません。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公的な医療機関

2017年03月16日 14時34分43秒 | フィリピンの労務

TCFフィリピン駐在員の榊原です。

今回のブログでは「公的な医療機関」についてのご質問にお答えします。

 

Q. 公的な医療機関を調べたいのですがどのように調べるのでしょうか。

 

A. 各地方自治体のサイトでまとめているようです。例としてマニラとラグナのURLを記載させていただきます。

[マニラ]

http://www.pra.gov.ph/dl_form/file_name/79/List_of_Hospital_and_Doctors_per_U.S._Embassy.pdf

[ラグナ]

http://www.laguna.gov.ph/health/health-institutions

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

 

株式会社東京コンサルティングファーム

フィリピン支社 榊原 綾


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加