東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

給料日

2017年07月05日 09時50分13秒 | ミャンマーの投資環境・経済

こんにちは、ミャンマー・ヤンゴン駐在員の黒田 真理(くろだ まり)です。

 

雨期に入り、部屋がじめじめしているので、エアコンを付けますが、やっぱり寒い。

この繰り返しでとうとう体調が崩れてしまいました。

皆さんはどう乗り越えているのでしょうか、、、

雨期も3回目ですが、毎年同じことをしています。

 

今回は、給料日についてお話をさせて頂きます。

 

給与は企業ごと支払うタイミングは異なりますが、弊社では、20日締めで末日払いにしています。

支払いは指定銀行の口座に振り込む形です。

去年までは手渡しで渡していました。

ちなみに日本人も指定の口座を開設して、そこにMMKで振込まれることになっています。

給与明細は、その日に一人ひとり封筒に入れて渡すようにしています。

 

日本では、その明細を自分だけで確認するものですが、

スタッフレベルだと、明細を広げ、計算をし始めます。

そして残業代や賞与などをスタッフ間で見せ合いをします。

 

弊社では入口のタイミングから金額が異なっているため、少しドキドキしてしまうこともあります。

それでもやはり、みんなが続けてくれているのは、

金額に納得してくれているからなのだと思います。

 

よくスタッフ間で給与額がばれて大変という声も聞こえますが、これは本当のことです。

大変ということはありませんが、給与日にはみんなで見せ合っています。

給与設計もしっかり最初から行っていく必要があり、

スタッフが納得してもらえるように、最初から仕組みを作る必要があります。

 

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。

 

 

Tokyo Consulting Firm Co., Ltd. (ミャンマー)

ヤンゴン駐在員

黒田 真理

 

 

URL:お問い合わせフォーム

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Stay Permit」及び「Labor ... | トップ | ビジネスビザとソーシャルビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの投資環境・経済」カテゴリの最新記事