東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

税務署との交渉実務③

2017年03月29日 13時22分12秒 | お知らせ

こんにちは、

 

 今回も、税務署との交渉における実務的な注意点をご紹介したいと思います。

 

 税務署の担当者は、税法をしっかりと理解しているわけではないという点は、以前に触れました。それに関係する話ですが、税務署担当者は、自身が処理の方法を知らない場合には、それだけで認めないという判断を下すことがあります。彼ら自身も監査を受けるため、間違った処理をしてしまうことを不安に思っているようです。

 

 そこで、よくとられる方法が、「認めないが、正式にリジェクトはしない」という方法です。口頭ベースで、認めないという旨は説明しますが、あくまで会社側の任意で申告等を修正したという方向へと導こうとします。もちろん、会社側の書類作成において、計算間違いなどがあれば、同じように修正を求められますが、それが法律などに基づくものなのかどうかをしっかりと見極めなければなりません。

 

 逆に言うと、税務署の担当者が処理の方法等を明確に理解して、彼ら自身の監査に対する不安を取り除くことができれば、しっかりと対応してくれるということです。前例がないようなケースでは、時間がかかってしまうことが多いですが、すでに事例があるような場合であれば、具体的な流れや法律上の条項等、会社側から説明・提示をしていくと思った以上にスムーズにいくこともあります。

 

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲裁委員会の判決―労働者の解... | トップ | スタッフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。