東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Stay Permit(ローカル会社)

2017年04月12日 13時58分31秒 | ミャンマーの労務

こんにちは、ミャンマー・ヤンゴン駐在員の黒田 真理(くろだ まり)です。

 

先日、動物園に行ってきました。

行くべき場所と駐在員の方からよく言われていましたが、

結構な種類の動物がいて、入場料もお手頃でした。

何となくゾウもキリンも小さい気がしましたが、満足でした。

 

今回はローカル会社下で取得するStay Permitについてお話をさせて頂きます。

 

ミャンマーでは外資企業の輸入販売が出来ないため、

ローカルの名義を借りてローカル会社を設置するケースも多々あります。

これはリスクがあるのも事実です。

 

外資の資本が入ってしまうと外資企業になっているのが現状で、

役職者(取締役)もローカルが行うことも多く、

外国人は役職者にならずに仕事をしているケースもあります。

この場合、外国人もStay Permitを取得することが可能ですが、

必要書類には少々異なる点があります。

 

書類内容には違いがないようですが、書類はミャンマー語で記載する必要がります。

但し、雇用契約書については英語でも可能とのことです。

 

書類記載の仕方については、
DICAのStay Permit担当者に聞けば、参考になるものを見せてくれ、

その写真を撮り、自分たちで用意することになります。

 

ミャンマー語の資料にはなりますが、ローカル会社の下でもStay Permitの取得は可能です。

 

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。

 

 

Tokyo Consulting Firm Co., Ltd. (ミャンマー)

ヤンゴン駐在員

黒田 真理

 

 


 

 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新投資法解説 | トップ | 新投資法解説(投資申請の枠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。