東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

治安について

2017年02月22日 10時05分43秒 | ミャンマーの投資環境・経済

こんにちは、ミャンマー・ヤンゴン駐在員の黒田 真理(くろだ まり)です。

 

最近初めて、インヤ―レイクに行き、散歩をしてみました。

あまりミャンマー人はランニングをしているイメージはありませんが、

インヤ―レイク周りをランニングしているミャンマー人や外国人がいて、

少し驚いてしまいました。

 

今回はミャンマーの治安についてお話をさせて頂きます。

 

1月29日、ミャンマー国際空港で、NLD顧問弁護士が殺害された事件が起こりました。

至近距離から銃で撃たれた様子が、写真やビデオでネット上にも上がっています。

犯人の1名はその場で身柄を確保され、また数日後に共犯者としてもう一名が逮捕されたそうです。

この事件は、ミャンマー国民にとっても駐在員にとっても衝撃的なニュースでした。

 

長く駐在されてきている方にとっては、ミャンマーの治安は悪くなっているという人もいます。

私の1年半の駐在でも、確かに治安は悪くなったと感じることがあります。

 

ヤンゴン市内では、ホテルやレジデンス、商業施設の建設があちこちで行われています。

この建設に関わっているワーカーは地方から集められているか、

建設現場の周りを歩く際は少々怖いと感じてしまうこともあります。

 

大使館からも注意喚起が流れましたが、

タクシーを利用した際に、目的地とは違う場所の人影がないような場所に連れていかれたり、

ひったくりや、強盗も発生するようになったと言われています。

 

自分自身で行える護衛はしっかり行っておく必要があります。

 

 

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。

 

 

Tokyo Consulting Firm Co., Ltd. (ミャンマー)

ヤンゴン駐在員

黒田 真理

 

 


 

 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お客様からの質問㊱ | トップ | Tax Assessment »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。