東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

税務署との交渉実務②

2017年03月22日 11時19分42秒 | ミャンマーの税務

こんにちは、

 

 今回も、税務署との交渉における実務的な注意点をご紹介したいと思います。

 

 以前ご紹介した通り、税務署で見解が異なる案件に関して交渉する際には、しっかりとDecision Makerに対して働きかけを行うことが大切です。

 

 次に、難しい話であればあるほど、外国人が同行した方がいいことが多いです。税務署の方(税務署に限らず役所全般で)は、外国人を丁重に扱ってくれます。担当者によっては、ミャンマー人に対しての対応が酷い方も少なくなく、議論の余地すら与えてくれない場合もあるようです。いつまでたっても煙に巻かれる、という状況も少なくありません。外国人であれば、他国での対応を知っていれば、疑問点もすぐに認識できるという点もあります。

 

 普段からというわけにはいきませんが、重要な議題の際には、同行するということも考えなければなりません。

 

以上


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税務署との交渉実務① | トップ |  FRC »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。