東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

Stay Permit追加の資料

2017年06月14日 11時49分00秒 | ミャンマーの労務

こんにちは、ミャンマー・ヤンゴン駐在員の黒田 真理(くろだ まり)です。

 

よく、休みの日は何をしているの?と聞かれることがありますが、

ゴルフをしない女性の方は何と答えるのでしょうか。

ゴルフもしないし、習い事もないですが、休日はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

掃除洗濯をして、お昼に出かけてしまえば、1日もあっという間なものです。

 

今回は、Stay Permit申請時の追加資料についてお話をさせて頂きます。

 

少し時間がたてば、すぐにStay Permitの申請書類に変更が出てきます。

なかなか申請が1回で終わらず、本当に頭を悩ますものです。

 

最近、高校生のお子様分の申請を行おうとしたところ、

その方が扶養されているのかを確かめるために、

学校からの推薦状と生徒手帳のコピーを提出するように求められました。

初めてのことだったので、弊社駐在員も再度確認しに行ったところ、

DICAのOfficerの要求は覆せず、上記2点を提出することになっています。

 

日本人学校からは日本語の証明書しか出ないと確認し、

DICAにも日本語の資料を英訳しなければいけないのか、認証・公証が必要かも確認したところ、

学校のロゴなどで確認できれば問題ないそうです。

インターナショナルスクールに通われているお子様の場合は、

簡単に推薦状は取得できるのかもしれません。

 

明らかに扶養対象である歳である場合は、求められることはないと思いますが、

高校生くらいの方の場合、学校からの推薦状と生徒手帳のコピーの提出が必要になるかもしれません。

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。

 

 

Tokyo Consulting Firm Co., Ltd. (ミャンマー)

ヤンゴン駐在員

黒田 真理

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Q&A集 ミャンマーの法人所得... | トップ | 日本本社の役員交代について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの労務」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。