東京コンサルティンググループ・ミャンマーブログ

毎週水曜日更新
東京コンサルティンググループ・ミャンマー駐在員より、現地から生の情報、声をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミャンマー 「支店について」

2017年10月11日 14時01分27秒 | ミャンマーの投資環境・経済

Q.「支店」はそもそも商談等の活動に限られるので、

今回の弊社のケースでは現地法人しかない、という話が出ています。

現法・支店間で、申請手続きや法人税、資本金等であまり違いが無いとなると方向性を決定しなければなりませんが、活動範囲の点でこうした制約がある場合には「支店」という選択肢がなくなるのでしょうか。

 

A. 支店で、実際の業務を請け負っているところは数多くございます。

建設作業がサービス業に入るという点は、他国と比べて多少違和感はございますが、それは当局側の区分なので、従っている分には問題無かろうかと思います。日系の建設関連の企業でも、現地の会社との合弁でない限りは、多くは支店形態となっております。なお、ミャンマーには駐在員事務所という区分がないため、調査や商談等のみを行う場合であっても支店形態をとることから、駐在員事務所として支店を開設しているところも多くあります。

 

 

弊社では、進出前のFS調査から、会社設立、会計・事務、労務など進出に係るサポートを一貫してご提供しております。設立、設立後についてご質問やご不安などございましたら、お気軽に、下記までご連絡頂ければと思います。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミャンマーでの労働環境 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマーの投資環境・経済」カテゴリの最新記事