東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

Wiki-Investment

The challenges withing trade and Industry in Mexico´s business

2015年10月26日 | お知らせ

Hola a todos!

Here I am again from TCF Mexico, Augusto Corallo.

While Mexico has much to offer new trade on the Industry field, it also presents an array of challenges to address. Mexico is one of the more difficult places in the world to secure electricity. Firms required submitting applications and obtaining federal certificates (CFE) and inspections before a contractor may commence work which made the process administrative farthest.

The country also ranks low in terms of ease of registering property. That process takes almost 2 month and a half. New businesses must secure a certificate of good standing with the water service, acquire zoning approval and deal with the Public Registry of Property of the corresponding District. These steps are frequently time-consuming and difficult to navigate.

Finally, the challenges of operating in a new country are often discourage—regulations are constantly evolving and no business landscape remains static. Without a solid grasp of the issues at hand, businesses are exposed to tax penalties, and even the prospect of civil or criminal litigation.


 


この記事をはてなブックマークに追加

労働組合について

2015年10月26日 | メキシコの労務

 

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコの労働組合について記載します。

 

 

質問)

メキシコ現地での労働組合の結成にはどの様な条件があるのでしょうか。また、労働組合はどの様な役割を主に担うのでしょうか。

 

回答)

メキシコは労働者保護の観点が強く、労働組合が非常に力を持っています。

従業員には労働組合を結成する権利が認められており、また、一企業における労働組合ではなく、職種別、産業別毎に、連合を結成することについても法律上認められています。

組合の結成に必要な人数は20人であるため、参加人数が20人未満の場合は、メキシコ労働組合連合(CTM:Confederacion de Trabajadores de Mexico)や労働者全国連合(UNT:Union Nacional de Trabajadores)等の連合に加盟することが可能です。

 

メキシコの法律には、労使間での紛争の際には、解決のための斡旋仲裁委員会を設けなければならないという条項があります。この斡旋仲裁委員会は三者構成となっており、正当な対話ができるように法的枠組みが整えられています。

この斡旋仲介委員会の中での労働組合は、国が押しつけようとする労働者に不利な経済政策の実施を阻止すること、また、労働者からの申し立てについて有利な合意を得ることなどをその役割としています。

メキシコの労働者保護については、この労働組合によって成り立っているといっても過言ではなく、事実、この斡旋仲介委員会には、労働者からの申し立てが過去に1万7367件取り上げられており、その内88%は労働者に有利な決定がなされているのです。


 


この記事をはてなブックマークに追加

This is Augusto Corallo from TCF Mexico.

2015年10月22日 | お知らせ

upgrading its infrastructure, The Mexican transportation, energy and telecommunications sectors have become globally competitive, thanks in part to government efforts.

These investments have paid off for Mexico, which is now ranked as the world's 13th largest economy, and the 11th largest in terms of purchasing power. The country's well-established financial sector is also a positive when it comes to securing credit, though this process is still more difficult than in most developed nations.


 


この記事をはてなブックマークに追加

インフレ会計について

2015年10月22日 | メキシコの会計

 

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコのインフレ会計について記載します。

 

 

質問)

日本の本社で経理を担当している者です。今回、メキシコに子会社を作るため、メキシコの会計制度を勉強しています。メキシコには「インフレ会計」というものがあると聞きました。聞きなれない言葉ですが、インフレ会計とはどの様ものなのでしょうか。

 

回答)

インフレ会計とは、インフレーションによる貨幣価値変動を考慮する会計制度のことです。

取得原価主義会計は、「貨幣価値が一定である」という仮定のもとで行われていますが、新興国等では急激なインフレが生じやすいため、貨幣価値の変動を反映させることがあります。

メキシコ会計基準におけるインフレ会計の目的は、単一な数値基準を設け、全ての企業が公平にインフレの影響を財務諸表に取り込むことを目的としており、提供される財務諸表が利害関係者の意思決定に資する情報となることを目的とするIFRSとは異なります。

そのため、3年間の累積インフレ率が26%を超過した(ハイパーインフレーション)場合にインフレ会計を適用するメキシコ会計基準に対し、IFRSのインフレ会計にはそのトリガーとなるインフレ率が一律に定められておらずに、企業によって様々なトリガーのインフレ率が定められることとなります。

インフレ会計を適用する場合には、財務諸表の表示にあたり、一般物価指数等のインフレ率を含めた価額により資産を再評価して、再表示することとなります。

また、その際に発生した評価差額については会計上の利益又は損失として計上します。なお、当該評価差額については税務上の所得計算には影響させません。

現在は、メキシコのインフレ率は安定して推移していますが、過去にもいきなり変動が起こることがありましたので、インフレ率は常に確認をする必要があります。

 

 


 


この記事をはてなブックマークに追加

The benefits of doing business in Mexico

2015年10月14日 | お知らせ

Hola everyone!

This is Augusto Corallo from TCF Mexico.

In this opportunity I would like to discuss further benefits of doing business in Mexico. Mexico had a reputation as a difficult place to start a new business, due in part to the complexity of the process. Thanks to effective action from the country's political and business leaders that perception has been changed. Mexico now ranks a very competitive 36th in the world for ease of starting a business.

Despite of significant strides have been made in this area, there are still tricky procedures to master. For example, obtaining the Certificate of Employer at Immigration Office may prove difficult for some new business owners and investors to navigate as well as

In an effort to make the country more appealing for outside investment, Mexico has made considerable progress in upgrading its infrastructure, The Mexican transportation, energy and telecommunications sectors have become globally competitive, thanks in part to government efforts.

These investments have paid off for Mexico, which is now ranked as the world's 13th largest economy, and the 11th largest in terms of purchasing power. The country's well-established financial sector is also a positive when it comes to securing credit, though this process is still more difficult than in most developed nations.

 


 


この記事をはてなブックマークに追加