東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

メキシコでの減給

2017年05月22日 | メキシコの経営

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコでの減給について記載します。

 

 

質問)

メキシコでは従業員の給与に関して原則として減給は出来ないと聞きましたが、日本から出向している者が、現地給与のほかに、日本円の給与をペソ換算して現地で受け取っていた場合、常に為替の影響を受けることとなります。

ペソ安の場合は金額が大きくなるので問題ないと思いますが、ペソ高になった場合は現地での給与額が減ることになると思います。このような場合でも、減給とみなされるのでしょうか。

 

回答)

 メキシコでは基本給与を減らすということは原則できません。

 そのため、日本支給の給与分をメキシコでの給与とは分けて給与明細に表示させるという方法を取っているところもあります。

この方法により、基本給与を変動させることなく、増減ができ、上記のような問題を避けることが可能となるためです。

 


 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 各種帳簿について | トップ | チップの会計処理について »
最近の画像もっと見る

メキシコの経営」カテゴリの最新記事