東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

RFCの登録情報について

2017年09月18日 | メキシコの法務

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコでのRFC(納税者登録番号)の登録情報について記載します。

 

 

質問)

 メキシコでは、RFCと言われる納税者番号があるようですが、情報としてはどのような内容が登録されているのでしょうか。日本の法人番号と同じ内容になるのでしょうか。

 

回答)

 RFC(Registro Federal de Contribuyentes)とは、メキシコの納税者登録番号を指します(厳密に言えば、”番号”という意味はありませんが、一般的に納税者登録番号として認知されています。ので、以下も納税者登録番号として説明します)。

 このRFCを取得するためには、登録したい企業または個人の情報をメキシコ国税庁(SAT)へ届出る必要があります。

  

 RFCの登録情報を通じてSATは、その会社の登記日、住所、事業目的はもちろんのこと、税務分野の責任者、税務申告を正しく行っているか否か等も管理しています。

そのため、RFCに関して一定の情報を知ることができれば、誰でも会社の機密情報を知ることができます。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Asociaciones CivilesとPTUに... | トップ | 定款に記載されている取締役... »
最近の画像もっと見る

メキシコの法務」カテゴリの最新記事