東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

現地発行のキャッシュカードの利用について

2017年10月02日 | メキシコの投資環境・経済

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコ現地で発行されるキャッシュカードの利用について記載します。

 

 

質問)

 給与を受け取るために、メキシコの地場銀行で個人口座を開設しました。

 デビットカード機能が付いているようで、そのまま買い物にも使えるのですが、このカードをメキシコ国外(例えば日本)で使用することはできるのでしょうか。

 

回答)

 原則可能です。ただし、カードによっては制限がかかる可能性もあるため、詳細は発行元に確認をする必要があります。また、このカードはメキシコ現地で発行されたものですので、メキシコ以外の国で使用する場合もメキシコで設定された制限が適用されることになります。

 例えば、現地発行カードを使い、現地口座から日本のATMを通じて現金を引き出そうとした場合、日本のATMの取引額上限が10万円/日であったとしても、現地で取引額上限を5万円相当/日(為替の影響で前後する)と設定してあった場合は、5万円までしか引き出すことができません。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネーロンダリング関連法 | トップ | 時間外勤務における給与について »
最近の画像もっと見る

メキシコの投資環境・経済」カテゴリの最新記事