東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

証憑類の保管方法について

2017年12月11日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの黒岩洋一です。

今週はメキシコの会計証憑類の保管方法について記載します。

 

 

質問)

 日本では近年、文書の電子化に係る法整備が進み、見積書・契約書・請求書等の文書が簡単に電子データで作成・保存できるようになりましたが、メキシコではどのようになっているのでしょうか。

 法的な書類は紙でのやり取りが必要なようですが、メキシコでは電子会計制度が取り入れられており、FACTURAは全て電子データになっているかと思われますので、会計証憑類はPDFデータ等で残しておけばよい気もします。それでも紙に印刷しての保管が必要なのでしょうか。

 

回答)

 結論から言えば、Facturaとして発行されている証憑であれば、紙に印刷する必要はなく、データで保管しておけば問題ありません。

そもそも、Facturaとして発行されているということはメキシコ税務当局(SAT)も同様の情報を把握しているということですので、極論を言ってしまえば、そのデータ自体は自社で有していなくでもSATは情報を確認することが可能です。

 その一方で、税務調査等が実施される際には、当局が要求する情報を全て彼らが求める形で用意する必要があり、場合によっては紙での提出を求められることもあります。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Factura(CFDI)バージョンア... | トップ | 輸入IVAについて »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事