東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

貸付金について

2017年09月25日 | メキシコの会計

皆さん、こんにちは。

 

東京コンサルティングファームメキシコの藤田大です。

今週は貸付金について記載します。

 

質問)

メキシコ法人の運転資金として、増資を行うか、貸付金として日本から送金するか、どちらかで検討しています。

貸付金について、よくわかっていないのですが、

何かSATへの手続きを行う必要があるのでしょうか。教えてください。

 

回答)

 

増資の場合、株主総会開催、増資の決議を行い、その決議を根拠に送金及びSATへの手続きを行う必要がございます。

貸付金の場合、株主総会開催、決議は必要なく、SATへの手続きの必要もございません。

 

但し、貸付金を証明するローン契約書の作成が必要となります。

貸付金の送金後、会計上は負債勘定として計上されます。

 

 


 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人住まいの家賃の会計処理... | トップ | メキシコの株主総会の種類に... »
最近の画像もっと見る

メキシコの会計」カテゴリの最新記事