東京コンサルティンググループ・メキシコブログ

毎週金曜日更新
メキシコへの進出をコンサルティングしている駐在員が、メキシコの旬な情報をお届けします。

FM3の期限切れについて

2017年11月13日 | メキシコの労務

皆さん、こんにちは。

東京コンサルティングファームメキシコの渡辺 寛です。

今週はFM3の期限切れについて紹介します。

 

 

質問)

労働VISA(FM3)の期限が切れてしまったのですが、更新は可能でしょうか。

 

回答)

期限が切れた際に、メキシコ国内にいたのか国外にいたのかで、更新方法が大きく異なります。INM(移民局)にてパスポートのスタンプを確認され期限切れの日にどこにいたのかをチェックされます。

メキシコ国外にいた場合は、期限切れの55日以内に入国し5営業日以内であれば更新が可能になります。

しかしメキシコ国内にいた場合は、不法滞在扱いとなり60日以内であれば更新手続きが可能ですが、場合によっては強制帰国を強いられる場合もあります。

また更新できたとしても罰金が課せられます。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇用における試用期間について | トップ | 契約書類のサインについて »
最近の画像もっと見る

メキシコの労務」カテゴリの最新記事